胸を貫く美しい世界 ーDAZZLE「ASTERISK」感想ー ビジュアル&ダンスシーン編

Category : イベント ,
Bloger

全国青春ダンスカップ By GENERATIONS高校TV_シングル

ASTERISK5月11日に、ダンスカンパニーDAZZLEが演出・脚本を行う舞台公演「ASTERISK」を見に行きました。
舞台に広がる美しい世界に胸を打たれて帰ってきたので、ダンスシーンやストーリーなどいろんなところにフォーカスしながら公演の感想を書いていきたいと思います。


公演「ASTERISK」とは?

「ASTERISK」(アスタリスク)
公演期間 : 2014/5/9(金)〜 2014/5/11(日)
会場 : 東京国際フォーラム ホールC

-あらすじ-
未来に何の不安も抱くことなく、全てにおいて満たされていた兄と妹。しかし、父の死を契機に没落してしまう。みじめな生活から抜け出そうとした矢先、二人は離ればなれに。二人の運命は、再び交錯するのか。答えは月だけが知っている。(webサイトより)

この公演の演出・脚本を行っているDAZZLEは、長谷川達也さん主宰の結成18年のダンスカンパニーです。特色はストリートとコンテンポラリーを融合させた独自のスタイル。国内で積極的に自主公演を行うほか、海外の演劇祭などでも高い評価を得ています。
「ASTERISK」は、DAZZLEメンバーの他にも多数のダンサーがキャスティングされた舞台公演です。出演者の数なんと100名以上!
2013年に初演が行われ、今年はキャストもシーンも増やし、装いを新たに再演が行われました。
コントロールされたビジュアル、多彩なダンス、巧みなストーリーテリングなどどれもすばらしく、東京国際フォーラムに美しきDAZZLEの世界が広がる、圧巻の約2時間でした!

以降、「ビジュアル」、「ダンサーの登場シーン」、「ストーリー」の3つの点にスポットをあてながら、詳しく感想を書いていこうと思います。

※ 一部公演内容の核心に触れますのでご了承ください。

コントロールされたビジュアル

私はDAZZLE演出の公演を見に行ったのは今回がはじめてだったのですが、驚いたのはビジュアルの美しさでした。
どの瞬間を切り取っても、ダンサーのポーズ、立ち位置、衣装などなど、目に映るものが美しく緻密に計算されていて、生ものの舞台なのに、一枚の絵のようでした。

例えばちょっとしたことなのですが、1幕に「窃盗団」というパートがあります。ここでは兄(長谷川達也)率いる窃盗団に扮するSAGGA FLIKKA(初演ではs**t kingz)の4人がセットの階段に座っています。
言ってみればただ座っているだけなのに、それがすごく構図としてはまりがいいんです。
座る位置、ポーズ、何をとっても洗練されていて、ただそれだけの瞬間なのにものすごく見入ってしまいました。こういう舞台作りの緻密さが、あらゆるシーンで感じられます。

他にもパートごとに例を挙げていきましょう。

1幕「サーカス」

色づかいの美しいシーンがあります。
このパートの終わりの方で、幼い兄と妹が離ればなれになります。
このとき、モブを表すダンサーは灰色っぽい衣装を着ているのに対し、兄は白いシャツに黒いズボン、妹は白いワンピースを着ています。ここで、灰色のモブとコントラストがついて兄妹2人の姿がくっきりと浮かび上がります。
さらに、妹は手に赤い風船を持っています。モノトーンの色調の中に、ぽつんと一つ、赤い風船が美しく引き立ちます。
セットも黒と赤しか使用されていないので、舞台上にはモノトーンと赤のみの、そぎ落とされた世界が広がります。それがとても退廃的で、それでいてどこか甘美なニュアンスも感じて、ゾクリとくる美しさを感じました。

2幕「新聞」

ここでは、ダンサーが舞台上に散らばり、一人一人異なるポーズで新聞を広げ、ナレーションでは国内情勢についての説明が入ります。その間、持っている新聞の角度を次々に変えていきます。
この時の立ち位置、広げた新聞の角度、ポーズを変えるごとに見えてくる舞台上の絵が、どの瞬間もすごく美しかったです。
視界にたくさんの人がいながらも、その一人一人の立ち位置やポーズに意味があり、構図にとって大事な要素になっているように思えました。まるでピーテル・ブリューゲルの絵のようなんです。

1幕「記者たち」

これは「氷の瞳をもつ令嬢」として社交界の噂の的になっている妹を、記者たちが追いかけ取材をするというシーンです。
ここでは記者に扮したDAZZLEメンバーがボックスを動かし、仲宗根梨乃さん扮する妹がその上をナレーションに合わせて歩いていきます。
2階席で見ていましたが、縦横無尽に変わるボックスのフォーメーション、移動するボックスの描く軌跡が、計ったように正確で無駄が無く、人間業とは思えないほどきれいでした。

さらにそのボックスの上を一切下を見ずにスタスタ歩く仲宗根さんの美しいこと!
「ボックスの上を歩く」というのは、孤児であることを隠しながら社交界に生きる妹の、「一歩踏み間違えれば今の生活から落してしまう」という生活基板の不安定さを表しているかなと思いました。
それ故に、妹がボックスの上を気高く毅然と歩けば歩くほど、妹がまとっている心の殻の厚さを感じるようで、とても切ない思いがしました。そういった意味でも印象的でした。

1幕「孤児院」

ビジュアルにとって大事な要素と言えば衣装。このパートに登場するVanilla Grotesqueの衣装が好きでした。
Vanila Grotesqueは孤児院の子どもたちという設定なので、衣装は真っ白なチュニックワンピースを一枚ぶかっと着ているのみになります。このワンピース、袖口や裾口がダブッと大きめに作られいて、激しく踊ると布が偶発的にめくれたり、動いたりします。
Vanila Grotesqueは人数が多いチームなので、集団で踊ると一人一人の衣装が見せる表情が違います。それが孤児院の子どもたち一人一人のキャラクターのようにも感じられ、おもしろいなと思って見ていました。


特に印象的だったパートをいくつか挙げましたが、他にもどのシーンも現実を忘れるほど美しく、別世界にいるようでした。

例えば自然とか奇跡とか、私たちが最高に美しいと圧倒されたり、感動したりするものは、人間では無く人智を超えた「神様」のような存在(がいるかいないかは置いておいて)によって与えられるもの。人間が創造するものはそれに及ぶことができない。どこかそんな認識が、私たちの頭の中にあるんじゃないかと思います。
だけど、ASTERISKは神様ではなく人間が、自分たちの体を使ってあんなに美しい世界を作り出していました。
だからこそ私は、舞台上の世界の美しさにこんなに心を打たれたんだと思っています。

多彩なダンス

この公演の一番の見どころはなんと言っても、大勢のダンサーがチームごとに見せる多彩なダンス!
まず出演者計「100名以上」という数のすごさがありました。数が多いことを抜きにしても、どのダンスシーンもすばらしかったです。
さらに、さまざまなジャンルのトップダンサーがそれぞれのスタイルをそのままに、どのダンスシーンも公演のストーリーの中で生きていた。これはとてもすごいことだと思いました。
ここではそんなダンサーの登場シーンをいくつかご紹介していきます。

1幕「留置所」

兄側のストーリーにあるこのパート。ここではタップダンス(當間里美)とハウスダンス(TATSUO、NAO)が披露されます。このタップとハウスのシーンがすごくかっこいいんです!
タップの音色を使ったハウスとのセッションもあり、ダンスとしての見応えは十分。しかも、ストーリー中のダンスの登場のさせ方もとても印象深かったです。

このパートでは、夜の静かな牢獄に「コツーン、コツーン」と當間里美さん扮する看守の足音が響き、それがタップのステップに変化し、タップダンス、ハウスダンスのシーンにつながります。ストーリー上「夜の静かな牢獄」という状況だから、タップの音色がより心に響き、音にも集中してダンスを見ることができました。ハウスの方は、「留置所」「看守」といった設定が、男性2人が踊るハウスを、よりタフでスタイリッシュなものに感じさせてくれました。

公演の登場人物として、看守の3人が、もう、とにかくかっこよく感じました。當間さんは凜としているし、TATSUOさんNAOさんはアウトローな佇まいで3人ともかっこいい! でも、振り返ってみればセリフも少なく、登場人物のキャラクターを表す要素は脚本的にあまりないかと思います。
それでもキャラクターを感じ、それがかっこよく感じるのは、ダンスの印象によるものでしょう。ただダンスがかっこよかっただけでなく、ダンスがちゃんとストーリーや登場人物の印象に反映されて返っていたように感じました。すてきなパートでした。

2幕「手術」

続いてこのパート。ここで登場するタイムマシーンは、いつもの衣装といつものネタで登場しました。

参考動画↓
http://youtu.be/pr41qotGmlw

タイムマシーンが「いつもの」感じでの登場だったので、公演の中ではちょっと異質な感じもありましたが、そこがある意味すごく「タイムマシーンらしいな」、と感じてニヤリとしました。

その一つ前の「新聞」のパートで、市民達が新聞を広げながら美容整形の噂話をするシーンがあるものの、ストーリーの本筋である兄と妹のエピソードでは、医療を感じさせるような部分がほぼなかったため、「まさかこれをストーリーに組み込むことはできないだろう」と思いながら見ていました。
しかし、ここでのタイムマシーンの登場が、後に妹が自らの意思で、美容整形のプロの手により瞳を失うという、終盤に向けての重要なシーンにきちんとつながっていくので驚きました。
(後で知ったのですが、タイムマシーンは再演からの参加であるものの、「手術」パートは初演時からあったんですね。)

2幕の「貢物」

さて、公演自体は静謐な雰囲気で進んでいく中、唯一ハートフルを振りまいていたのがこのパートで登場した梅棒でした。梅棒ならではの歌詞ハメや、思わず「おおい!」と突っ込みを入れたくなるおもしろ演出があって、見ていて心が温かくなりました。
休憩明けの2幕冒頭という位置も、リフレッシュ気分で見れてよかったです。

普段は主に既存のJPOP一曲使いで作品作りを行う梅棒ですが、今回の公演ではコテコテのアイドルソングなノリの、自分たちで歌うオリジナル曲「がむしゃらMy Heart」で登場します。そしてこの曲がすごくいいんです!
公演ストーリーに合わせた曲になっていて、風船売りの若者が高嶺の花である令嬢(妹)に恋をして、お金持ちなライバルに笑われながらも、自分なりの方法で思いを届けようとする姿が歌詞に綴られています。
健気で、前向きで、疾走感があって聞くと元気がでます。

(iTuneStoreで購入しました!)

この曲は梅棒の伊藤今人さんが作詞をされています。
サビの歌詞「♪破れかぶれ叫べ愛の歌 体の芯が軋むほど」で出てくる「叫べ」「体の芯が軋むほど」という比喩が、身体感覚を感じる珍しい使い方だなぁと思いました。こういう言葉を使うのも、ダンサーならではなのかな? と個人的に思いました。

2幕の「軍隊」

ダンスについての最後に、一番私の印象に残ったパートのことを書いて終わりたいと思います。この「軍隊」でのダンスが、私には兄の孤独やあきらめが流れ込んでくるようで、あまりにも悲しかったんです。
位置づけとしては、兄が向かった戦場の様子を表現したダンスです。
DAZZLEと男子新体操のBLUE TOKYOが共演し、BLUE TOKYOの手具を使った動きやアクロバットがバンバン入ります。派手なパフォーマンスシーンです。

アクロバットというと、「力強い」「ダイナミック」というイメージがあると思います。このシーンでも確かにそれはあります。でも、この軍隊のシーンのダンスは決定的に悲壮感を感じるんです。で、その原因が新体操の美しさなんじゃないかと思います。
アクロバットがあるダンスのジャンルはいろいろありますが、手先を伸ばし、足先を揃え、技のきれいさが求められる新体操のアクロバットがあまりにも美しかったからこそ、兄の今までや、これからの戦場で運命に対して不吉な影を感じてしまったんだと思います。
アクロバットなのに悲しい。アクロバットだから悲しい。そんなことを考えました。

コンテンポラリー調のDAZZLEと、DAZZLEには無いアクロバットの要素がある男子新体操BLUE TOKYO。
ジャンルは違えど、この2組の共演するダンスシーンはとても相性が良く感じました。この相性の良さは絶妙なキャスティングによるものなのか? それとも初演以前から何か親交があっての相性の良さだったのか? 背景が気になります。


上に挙げた以外にも、たくさんのダンサーが登場してきます。
私もそうですが、公演を見に来た方の中にはすべてのダンサーを知っているわけでは無い人も多いでしょうし、そういう人にとってはさまざまなダンスに新しく出会えるのが、ASTERISKの一つ魅力になっていたと思います。

そして、そんな魅力を強力にサポートしてくれていたのが公演パンフレット! これがわかりやすくてよかったです。
ASTERISKのパンフレットには、PROGRAMとして、すべてのパートのタイトルと、そのパートの振り付け・出演・音楽制作のクレジットが載っているページがあります。このページがすごく役に立ちました!

ダンス公演にかかわらず、舞台などでも、パンフレットに出演者の写真と名前が載っているのはよくあると思います。でもそれだけだと、席が後ろだった場合見分けがつかなかったり、動いているのと写真とでは印象が変わってしまったりして、後から見返して「あのシーンに出ていたあの人は誰だっけ?」と演者が特定できない場合があります。
その点、パートと演者の一覧があるのは非常にうれしいです。

すてきなダンスと出会って、ダンサーの名前がわからなくても後から調べてちゃんとファンになることができる。いいパンフレットだと思いました。


思い入れが強すぎて長くなってしまったので、ここで一旦記事を切ります。
次の記事では、「ストーリー」に注目しながらASTERISKの感想を語っていきます。

続き「胸を貫く美しい世界 ーDAZZLE「ASTERISK」感想ー ストーリー編」

Bloger

ストリートダンスと女性アイドルの熱いファン。
サークル・KAFLY(http://kafly48.minibird.jp/)で女性アイドルのミニコミ誌を定期発行しています。今一推しのアイドルは東京パフォーマンスドールの橘二葉ちゃん。
苦手な食べ物はなすびとマンゴー。

のブログ一覧はこちら