ジャマイカ・レポート #3

Author :
Category : イベント ,
Yacheemi Bloger

DUP BANNER

ようやくWorld Reggae Dance Championship本戦レポート。
8月4日、晴れ。立っているでも汗だけが吹き出すような蒸し暑さと強風の中、会場となるラニー・ウィリアムズ・センターへ。食事処〜雑貨など屋台が道をなし、あたりはお祭りモード満載。ステージはこんな感じ。

img1

11時予定だった当日リハーサルは何事も無かったかの様に2時間遅れでスタート。毎度お馴染みジャマイカン・タイム。こんなことでペースを崩されちゃあいけない。
強行ダッシュでリハを抜け出した僕らは、宿で最後のウォームアップを済ませてから会場へカムバック。夕暮れ時の空は随分と過ごしやすい気温になっていい案配。

ちびっ子からおじいちゃんおばあちゃんまでまさに老若男女のお客さん達が続々とご来場し、準備は万端、ブジュ・バンタン。
今年のテーマはオープニングに踊る“Land Of My Birth”の一節でもある「This Is Jamaica, My Jamaica」。司会のMiss Kittyとお客さんとのコール&レスポンスとともに、いよいよ大会の幕は開かれました。

さあまずはオープニングダンス。
スタートが肝心ですから気合いもバッチリ。
で、直前に配られた衣装がコレ。

img2

マジシャンではありませんヨ。
黄色のシャツの上に黄色と緑のベスト(しかもペラッペラ)という斬新な組み合わせ。

う〜〜ん、凄いセンス。

しかしふと隣を見るとばっちり着こなすジャマイカン。流石です。

気を取り直してステージへ。

予想通りリハーサルで付けた立ち位置は全く意味を成しませんでしたが、エナジーは全開。
50人皆で一斉にやったOld Man Saw(去年大流行したニューダンス)は興奮しました。

続いてチーム紹介がてらの1分間フリースタイル・セクション。80〜90年代のリディムがランダムにかかり、メドレー方式に次々とチームが出てきます。
若い出演者も多いせいか昔っぽい踊りに関しては特に大差なく、サラッと進行。僕らが踊ったのはShowtimeリディムでした。

さあここからは審査の対象となる3分間のパフォーマンス。楽屋にも緊張と熱気がムンムンに。ダンサーズ達も本番用の衣装へ。

一番個性的だったのは彼ら。

img3

コワイわ!

我々の衣装は、ダンサーAYANAちゃんのお母様がバンダナ生地を縫い合わせて作ってくださった黄色セットアップ。インナーは今夏に制作したファッションブランドIRIEとコラボTシャツ。本当に色んな方が力を貸してくださいました。

img4

泣くのはまだ早い。これからが勝負の時間。

1番手を切ったのはHigh Voltage。リハの時から所狭しにアクロバットを披露していた彼らは、専属の振付の先生(?)もいる優等生風。動きもクリーンに、抜群の身体能力で魅せ
ていました。

しかしコンテスト、やはり序盤は不利なのか。お客さんはまだまだ温まっていないご様子。

最初に空気を変えたのは3番手のDynamix Team。サッカーの動きをダンスに取り入れたり終始コミカルに可愛らしく展開して会場をマッシュアップ。個人的に今回一番好きな作品でした。

続いては日本代表JA to JA。男子3人女子2人の構成を上手く使って、ニューダンス〜ギャルチューン〜ボブ締めとバランスよく網羅。組技も派手に決まり、会場は大盛り上がり。

知名度も勢いも抜群な若手チームOverload Skankazは何故か当日欠席。彼らのステージ、楽しみにしていただけに残念でした。
登場しただけで大歓声を浴びたのは大御所Untouchable Squad。今大会での入賞経験も多い優勝候補筆頭株であるものの、メンバーは多少入れ替わりがあった模様。
ちゃんと踊り始めるまでに40秒演技という余裕のもったいぶり。途中無音の中ステップを刻み続ける等仕掛けもふんだんでしたが、逆にアメリカナイズを感じてヤチーミ的にはちょい不発。

ここら辺から自分の準備で手一杯になり、観覧は断念。
一度最終合わせをした後は、各々の集中タイム。
交わす言葉は多くなくとも安心感はありました。
ソワソワしている間にあっという間に出番の時間。
どうしよう、どうしようもない。
さあ、やったるか、やったろう。
ヤロー、イエロー!
チーム名がコールされるのを聞き終わることなく、食い気味に僕らはステージへと足を運びました。

続く。

Yacheemi Bloger

ヤチーミ a.k.a. ヨコハマ育ちの新生物。

今年結成20周年を迎えたヒップホップグループ餓鬼レンジャーに新メンバー兼マスコット「タコ神様」として加入。人間のときは各地を駆け回り活動中のストリート系ダンサー。

ジャマイカでレゲエダンスの世界大会に挑戦してみたり、最新クラブミュージックの祭典に参加してみたり。
はたまた生粋のR&B digger、DJ見習い、なりたて書道師範の顔も。草鞋が多すぎて、履き替えるのすら面倒になったタイプ。

クラブでのショータイム、凄腕DJ達との対バンステージ、パーティー「Rooted & Grounded」の主催等、やっぱり基本は夜がお盛んのご様子。

【経歴】
・World Reggae Dance Championship 2013 日本大会予選 優勝、ジャマイカ本戦 準優勝 (YALLOW YELLOW)
・Dancehall King Contest 2014 優勝
・Outlook Festival Japan Launch, Body & Soul 出演 (G.G.C)
・Dance@live All Styles 2016 KANTO vol. 1 準優勝

【PV、LIVE】
・餓鬼レンジャー 「TACO DANCE」以降の作品、LIVE出演・振付
・G.RINA 「Utsusemi」(G.G.C)

Yacheemiのブログ一覧はこちら