九州のKIDSは変態!?「DANCE ALIVE HERO’S 2017」KIDSファイナリスト九州勢の実態。福岡オーガナイザー古木がレポート

Category : イベント ,

line@友達登録

開催日
2017年 04月 23日
場所
両国国技館
ジャンル
ショーケースバトル

4月23日、大盛況の中、幕を閉じたダンスバトルイベント「DANCE ALIVE HERO’S 2017」。 今年、Dewsでは当日の結果を特設ページにてリアルタイム更新していたが、それとは別に東京、名古屋、九州を拠点に活躍する3名のライターを派遣。 それぞれの目線でダンサーに密着し、表舞台だけではなく、その裏側をメインにレポートを敢行した。 こちらでは、自身がプレイヤーではないにもかかわらず、福岡で若手を中心とした企画を数多くオーガナイズしている古木が九州ダンサーに密着。


「世界で最高の教育とは、その道を極めた人の働く姿を見ることだ」
ダンサーだけでなく、全世界の人々が知らぬ者いない「マイケル・ジャクソン」の名言である。
それぞれ思いは違えど、何かに、いや誰かに、憧れや目標を抱いて頑張っている人は多いのではないでしょうか?
そんな若者をもっとよく知ってほしい。

というわけで

どうも、福岡の古木です。

image3

今回特別に「DANCE ALIVE HERO’S 2017」のFINALである両国国技館に潜入取材をさせていただき、この晴れ舞台まで勝ち残ったファイナリストのなかで、常連のベテラン勢ではなく、地元九州から勝ち上がったKIDSダンサー4人の実態を知るべく密着しました。

その4人がこちら↓↓

image1

左から Taichi(九州男児新鮮組) / Eiji aka C☆J(cj&smooth) / らんきち(Tiny Dogg’s) / 大雅(DRAMATICA)

会場がOPENして間もなく、楽屋では準備をしつつも楽しそうに話している4人に話を聞くことができた。
さっそく、みんなは何故ダンスを始めたの?と聞くと

Taichi:自分はやっぱり兄(ISSEI / 九州男児新鮮組)の存在が大きいですね
Eiji:プールに通わされる嫌で、たまたま同じ建物内にあったダンススタジオに通うことにしたんです(笑)
らんきち:単純に親にダンスを勧められて始めました
大雅:小さい頃に動物園で見た、ダンスショーがカッコいいと思って

意外にも全員が身近に起こったちょっとしたことがキッカケだと言う。
(モテたいからという回答を少し期待した自分を責める!笑)

image7

次にお互いの印象を聞いてみると

Eiji:3人とも変態です!!(笑)
Taichi / らんきち / 大雅:『お前もな!!』

と笑いながら冗談を言い合う姿は、これから対戦する者同士とは思えない仲の良さを見せてくれた。そのまま、じゃあこの中で誰に一番負けたくない?と尋ねると

Taichi:Eijiですね。同じ福岡の中で調子に乗ってるんで
Eiji:Taichiです。こいつも調子に乗ってるんで(と素早く切り返す)
らんきち:自分は3人ともですね。自分だけこの中では唯一年下なので負けられないです
大雅:やっぱり自分自身ですかね
Taichi / Eiji / らんきち:『おぉ~~~~!!』
大雅:自分に勝てないとバトルにも勝てないんで

先ほどの和気藹々な空気から一変、闘志を露わにして答えてくれた。
もう少しでバトルが始まるけど、今の意気込みは?

Taichi:まずはSKY STAGEからみんなが憧れるMAIN STAGEへ上がるために、自分らしく、気持ち悪くフザけます。自分変態なんで!!(笑)
Eiji:この中では唯一出場を経験していて、ステージの空気感もわかっているし、自分を出せた方が勝つと思っているんで、ジャッジを無視して思いっきり踊ります
らんきち:日本トップダンサーが集まるこのステージで自分を確かめるために、普段通り全力で楽しみたいです
大雅:初めて両国のステージに参戦できたんで、自分らしく相手の空気感を楽しんで、音と遊んで出しきります

そう発言しながら、4人ともスイッチが徐々に入っていく様子が感じられた、、、

そして始まるBest16

image6

まず九州勢から最初に踊ったのは、らんきち(Tiny Dogg’s)
その対戦相手は兵庫が生んだ最年少ロックダンサー「JJ」
何度か戦ったことのあるこの2人、軍配が上がったのは、、、
我が九州勢「らんきち」
仲間の声援を受け、抜群の安定感をもったブガルースタイルを見せつけ、見事MAIN STAGEへの出場権を獲得した。
image4

次は同じ九州勢同士の大雅(DRAMATICA) VS Eiji aka C☆J(cj&smooth)
こちらも白熱したバトルが繰り広げられた。
持前の音ハメと小技を活かした得意の足技を披露する「大雅」
パッションを爆発させ、卓越した駆け引きで相手を挑発する「Eiji」

そんなバトルを制したのは「Eiji」
「大雅」の思いを受け取り、上がる結果となった。

image2

最後はTaichi(九州男児新鮮組) VS MiYU(Lil’K / Hathors)
恩師の熱い声援を後ろから受け、彼らしいオシャレ且つスタイリッシュなフットワークを活かしたパフォーマンスを見せるも結果は惜しくも敗退してしまう。

Best16も終わり、MAIN STAGEが始まるまで、彼らをいつも影からサポートしている親御さん達に話を聞くことができた。

・サポートするうえで大切にしていることはありますか?
「チャレンジできることはイベントでもWSでも全て参加するようにしていますね」
「当たり前のことですが、ダンス以外のことも含めて会話をして、ちゃんと聞くようにしています」

・何かアドバイスとかはしているんですか?
「何も言わないですね。私はダンスのことはわからないので、見守ることにしています」

・大変だなと思うことはありますか?
「やっぱり、遅い時間になるときですね。息子がバトルに勝ち残って嬉しいけど、次の日の仕事が朝早くて複雑な気持ちになるときがあります(笑)」
「県外の遠征が大変ですね。でも可能な限り連れってあげたいと思っています」

質問すればするほど意外な回答ばかり、これだけ大舞台で活躍するKIDSまでになると英才教育なのかと思われがちだが、そうではなく、ただただ「見守る」ことと「行動力」が大事なのだと改めて思わされた。

MAIN STAGE戦の開幕

a
遂に立てた憧れのこの舞台、「らんきち」の相手は前回覇者のShigekix(Bboyworld Asia / K.A.K.B.)今大会最大の強敵といっても過言ではない。
初戦同様に安定感のある踊りを見せていた「らんきち」だったが検討虚しく敗れてしまった。
続いて「Eiji」はBest8を見事制し準決勝へ、さらなる相手Mia(泉州水なす隊 / K’steelo)とのバトルはどちらも譲らないパッションの激しいぶつかり合いを見せた。
結果はJUDGEの判断も割れ、僅差で惜しくも敗れてしまったが、Best4という九州KIDSとして歴代タイの成績を収めた。

image5

最後に、今感謝を伝えたい人はいる?と聞いてみると

Taichi:やっぱりスタジオの代表の先生です。いつもいろんな地方を周らせてもらって、今回も出場できたのも先生のおかげです。
Eiji:誰か1人っていうのはいなくて、家族やダンスの仲間みんなに感謝しています
らんきち:一番は親ですね。いつもダンスの情報は集めてくれたり、会場に連れて行ってくれたりと本当に感謝しています
大雅:家族と仲間と彼女、応援してくれている全ての人に感謝です。

とそれぞれの思いを語ってくれた。

彼らを一日密着しているなかで、大人顔負けのダンスとは裏腹に、親には照れくさそうに接するなど中学生らしい一面も垣間見ることができた。そんな彼らはもとから何かが特別なのではなく、自身の「努力」と周りのサポートを含めた「行動力」が大切なのだと強く感じさせられた。
これから九州のダンス界を担うであろう彼らを、引き続き追っていきたいと思う。


ライター / 古木
image3

地元福岡を拠点に九州県内の様々なジャンルの企画・運営をこなす万事屋さん。
ダンスイベント「g.e.t.o.(ゲート)」を福岡で立ち上げるなど、若者に特化した企画や九州各県との連携をとり、県外ゲストのツアーを行っている。
SNS(g.e.t.o.)
Twitter:@g_e_t_o_dance
Facebook:https://ja-jp.facebook.com/g.e.t.o.event/
Contact:info@ge-to.jp