関西ハウスシーンの雄TAKE(W.C.O/JIG)に密着!「DANCE ALIVE HERO’S 2017」Dewsライターshowgoがレポート!

Category : イベント ,
開催日
2017年 04月 23日
場所
両国国技館
ジャンル
コンテストショーケースバトル

4月23日、大盛況の中、幕を閉じたダンスバトルイベント「DANCE ALIVE HERO’S 2017」。
今年、Dewsでは当日の結果を特設ページにてリアルタイム更新していたが、それとは別に東京、名古屋、九州を拠点に活躍する3名のライターを派遣。
それぞれの目線でダンサーに密着し、表舞台だけではなく、その裏側をメインにレポートを敢行した。
こちらでは、東京の学校で講師業をする傍ら、ダンスライターとして飛び回るshowgoが関西ハウスシーンの雄、TAKE(W.C.O/JIG)に密着!


どうも、Dewsでインタビュー記事や舞台レビュー、特集記事などをたまに書かせていただいてるshowgoです。

showgo

昔から自分が好きなダンサーを紹介したい!ってイベントを開いたりしていた縁で今もこうして多くの人にダンサーを紹介する仕事ができていて幸せです。

今回も、DANCE ALIVE HERO’S 2017に特別に潜入取材させていただきました。僕が見ることができた舞台裏を皆さんにお届けしたいと思います。

まずは僕が紹介するのもおこがましいTAKE(W.C.O/JIG)さん。
関西のHOUSEシーンでは知らぬ者はいないベテランダンサー。
普段はJUDGE側で呼ばれることが多いけど、今回は同世代の仲間がJUDGEだったから、と言う理由でdanc@live CHARISMAX KANSAIに参戦、そのまま優勝ちゃったというからさすがです。

DANCE ALIVE ファイナルの舞台に遂に登場、関西のHOUSEシーンの重要人物「TAKE」をDewsがインタビュー!

当日楽屋を覗いてみると、関西出身のMC KENSAKUさんと一緒にわいわいとお話してました。僕昔からW.C.Oのファンでして、緊張しながら今日の調子はどうですかかと尋ねてみると、みるみる話は脱線しW.C.Oの舞台の裏話など面白い話が出てくる出てくる。

KENSAKU : TAKEさんすごいのが、今日ファイナル残ってる中で一番キャリアが上ですよ(のちにYOSHIEさんのほうが上と判明)。ショーもそうやけど、楽しんで作ったものが一番楽しんでもらえるし結果も出たりするし、だからバトルも遊びながら出てくださいよ!
TAKE : 楽しむだけだよ、そこから音や相手とフィーリングがあえばいいものが生まれるから
KENSAKU : おじさんならではの落ち着きも見所のはずなのに、TAKEさんの場合若手と同じ、飛ぶ跳ねる、転げまわる!をそのままやる人やから、注目やね!

とラジオのように見どころまでがっつり教えてくれました。念のためこの時の会話を録音してたんですが4回くらい大笑いしました。
dews_image2

その後YOSHIEさんや、JAPAN DANCE DELIGHTのプロデューサー、TANABONさんなどが激励に訪れ、日本一を決める大会の舞台裏とは思えない和やかさを見せていました。拡大すると少しだけピントがずれてますがこの3ショットは貴重です。

波乱の番狂わせ

 TAKEさんほどのキャリアを持つダンサーは、他の出場者にとっては乗り越えなければいけない高い壁のような存在です。

一回戦の相手、KENTA(PINOCCHIO)くんも、緊張からか、ステージとの相性からか、1stムーブでしりもちをつくというハプニング。お互い全力を出してほしいバトルの舞台です。ひやっとするシーンでした。

一方の TAKEさんは、音への乗り方を模索するようにゆっくりとした入りから徐々にムーブのギヤを上げていく。抑揚と音で遊ぶような音取り、繊細なターンで返しました。
dews_image4

そのまま次のターンで、KENTAくんのバトルらしい4カウントごとにキメてくる得意な流れを発揮。ダイナミックなムーブに対しTAKEさんは繊細かつよく見るとえげつないステップで返しましたが、軍配はKENTAくんに上がりました。

俺?と自分を指さしながら勝ちを確認するKENTAくんの表情が印象に残っています。関西の大きな壁が一回戦で決壊されるという番狂わせな結果となりました。

舞台裏に帰ってTAKEさんに感想を聞いてみると、

「全然気持ちよく踊れなかった、でもいい経験です。応援して帰ります」

と関西弁の優しい口調で反省を語ってくれました。このキャリアにして経験不足、ダンスの世界が深いのか、TAKEさんがストイックなのか、たぶん両方なんでしょうね。

dews_image1

次回の挑戦は?と聞くと「いや、もうないです!」と即答 笑

しかし「色々別の活動で挑戦して、人を楽しませていきたいです」とまだまだショーやDJ
、後輩の育成など、様々な場面で活躍を見せてくれそうです。

そのまま先ほどまで勝負をしていたKENTAくんと二人で動画を見て振り返りながら和気藹々と話していました。切り替えの早さに、いい背中みせてはるなーと改めて尊敬しました。TAKEさんお疲れさまでした!

dews_image3

関連リンク
W.C.O : http://wreckingcreworchestra.com/
twitter : https://twitter.com/jig_take


showgo
showgo
東京の学校で講師業をする傍ら、ダンスライターとして飛び回る企画屋ダンサー。
DA PUMPにあこがれダンスをはじめ、大学時代はイベンターとして福岡大阪東京名古屋を繋ぎ、しばらく現場を離れるも、一度諦めた「愛するダンス業界で活躍する」という夢を、ダンスライターという形で実現。ウェブディレクションや心理学研究の経験を活かし、ダンサーのキャリア形成や、ダンサーをどうプロモーションするかに悩む日々。

SNS
twitter @showgotch
instagram @showgotch