Category : イベント ,

RIZE&KIDS編では東海が産んだオマリオンが登場!?UC(daft)が「DANCE ALIVE HERO’S 2017」レポート!

キラチャレ_single

開催日
2017年 04月 23日
場所
両国国技館
ジャンル
キッズショーケースバトル

4月23日、大盛況の中、幕を閉じたダンスバトルイベント「DANCE ALIVE HERO’S 2017」。
今年、Dewsでは当日の結果を特設ページにてリアルタイム更新していたが、それとは別に東京、名古屋、九州を拠点に活躍する3名のライターを派遣。
それぞれの目線でダンサーに密着し、表舞台だけではなく、その裏側をメインにレポートを敢行した。
こちらでは、名古屋を拠点に活躍し、独自の世界観で個性を発揮し全国にその名を轟かせるdaftのメンバーUCが名古屋ダンサーに密着!
最終章となる今回はRIZ&KIDS編!!
バングラデシュ&アメリカ国籍、日本育ちのウーラことJJをはじめキャラの濃い東海ダンサーに注目!!


どうもです。
名古屋のUCです。

dews_IMG_0742

この度、
DANCE ALIVE HERO’S 2017のレポートをさせていただいております。

Dewsより僕が仰せつかった使命、
『僕と同じ東海からファイナリストになった人々にスポットを当てたレポート!!』
の最終章を今回はお届けしたいと思います。

全国の猛者どもの中から選ばれしファイナリストたちが一体どんな想いであの日を迎えていたのか、
そして、あの舞台から何を感じ、何を考え、何を得たのか?

今回も少しだけ、覗いていきたいと思います。

さて、メインステージの4STYLEのベスト8を見終えた僕は、
KIDSside,RIZEsideに急いで向かってみましたが、どちらもベスト16には間に合わいませんでした!

周りにいた知り合いに結果を聞くと、
RIZE sideは、中部代表の『in the color』と『NCUの末裔』はどちらも負けてしまったとのこと。
あー残念!

今回の2チームは、名古屋のイベントでも顔をよく合わすメンツが残っていただけに、
ひとつでも多く勝ってほしかったのですが…

その後、
ビールを片手にふらふらする『in the color』のJJ akaウーラを見つけました。

彼はバトル前に会ったときは、
「僕らの目標は、勝つことよりも、めちゃくちゃにすることです!笑」
と笑顔でワクワクしていましたが、
バトルを見届けた彼の先輩からは、
「あー、ウーラは緊張してましたね。浮き足立ってました。」
と報告を受けてました(^^;

彼の心中はいかに⁈
インタビューしてみました。

UC(以下、U):ウーラお疲れ!
JJ(以下、J):お疲れさまです!負けちゃいました…
U:悔しいなぁ。なんかウーラ緊張してたらしいじゃん⁉︎
J:はい、直前ですごく緊張しました。
U:相手はどうだった?
J:関東のチームだったんですが、3人ともすごくキャラが立っていて、そのキャラに審査員もすごく笑顔で、そこで焦りましたね。
U:いや、お前も相当なキャラだよ(笑) むしろ、キャラではぜったい負けないから!(オマリオンなんだし!)
J:そうなんですけどねー。僕が踊ってるとき、judgeに全然ハマってないなーてなってしまいました〜

dews_image3

U:そんなの気にしちゃダメだよー。普段通りかませば、お前ならいけるのに!
J:いやぁいろいろ見えちゃいました。でも、周囲にはあの外人やべーてなってたみたいなんで、爪痕は残せたと思います。

U:そっかそっか。よく頑張ったよ。Main Stageで観たかったけどねー!お疲れ様。
J:ありがとうございます!Main Stageは4STYLEで立ちます!!

U:イイね!また一緒に頑張ろう!
J:はい、そうですね!UCさんは今日泊まりですか?

U:俺は終電で帰らないといけないんだよー。
J:そうなんですね。僕はせっかくなんでアフパ行ってみます!1人で!

さすが(笑)
バングラデシュ&アメリカ国籍、日本育ちのウーラことJJ。
日本人離れしたバイブスとフィーリングで名古屋学生シーンでは頭一つ抜きん出た存在です!
日本語と英語を高次元で操るバイリンガルであり、HIPHOP、ダンスへの愛情も深いことを買われ、
名古屋に外国人ダンサーが来るときはかなりの確率で通訳を請け負ってもいます。

ちなみに、彼が通訳で現場に行くと、KIDSから勝手にその日の海外ゲストだと思われて、挨拶されまくってます(笑)

まぁそんなことはさておき、
彼はきっとこれから、全国各地に攻めていくんで、ぜひ見かけた方は仲良くしてあげてください!!

dews_image1

いつもは飄々と、自分の世界に入り込んで踊る彼が、
浮き足立つほど緊張する舞台。
それがDANCE ALIVE HERO’Sなんだと改めて実感させられましたね。

ただ、そうした経験を経て、彼の世界観の表現がホンモノになっていくと思うので、
今回の経験はとても貴重なものになったと思います!

キクくんも、マオちゃんも、お疲れ様でした!!

そして、
ウーラが緊張する中、逆に緊張しなさすぎてスカったと言っていたのが、
『NCUの末裔』のてんてん。

dews_image4

彼にも話を聞く場面がありました。

U:お疲れ!どうだった?
てんてん(以下、て):あ、お疲れ様です。もう、僕まったく緊張しなくて、いつも通りふわーっとしてたら、ふわーっとなって終わりました笑

U:そうなんだ笑。なんかみんなに聞いたけど、最後4エイトスローモーションだけして終わったらしいじゃん?
:そうなんですよ笑。帽子が取れて、それをスローで拾いに行ったときに、後ろの仲間が見えて、これはこのままあそこに突っ込めば何かが起こるかなと思っていったんですけど、なにも起こらなかったです笑

U:ヤバいねw。そこでいつものクセ出ちゃったんだね!実験したくなったんだね笑 でも、ここ名古屋じゃないからね笑
:そうなんですよ〜緊張しなさすぎて、いつも通り変なことになっちゃいました。僕以外の2人がちゃんとかましてて、良い感じで、いけそうだったんですが、僕がズッコケました〜

U:マジかー。逆にナイスだねー笑 観たかったよ!
:はい、あの場所でもまったく緊張せずいられたってことは良い経験になったかもしれないです。
でも、MCのイマジンさんにも、“それで終わりでいいのー?”て言われてたみたいです笑

U:(笑)そうかそうか。 とりあえず、てんてんもユートもあと1年あるんじゃない?また挑戦するの?
:いやぁ、ぷーは社会人になりましたし、この3人でずっと出てたんで。
ぷーが抜けたあと誰か入れて、もっと楽しくやれるかって言われたら分からないですし、
やる気ある後輩たちは既にチーム組んでRIZE挑戦しているんで、そこから1人だけ引き抜くのも違いますしね。
何にせよ、今回の経験を何らかのカタチで後輩たちに伝えていきたいですね。

あの大舞台で、
“何も生み出さない”というものを“生み出した”(?)彼こそが、てんてん。

身内で話題となったスローモーション生で観たかったですね!?
大事なところで、はみ出したがる人結構僕の周り多いんですよね(笑)
て、僕も人のこと言えませんが(笑)

ハミ出した時こそ枠が大事なんですよね。
守っている枠、壊した枠、が見えないといけないので。
また高めていきましょう!

そんな感じで、ヤケ酒に呑まれかかっていた彼でしたが、
最後は仲間想い、後輩想いの良いヤツでしたね。

ちなみに、『NCUの末裔』はHIPHOP男3人組でして、
てんてんも、ユート(ごりらごうち)も、ここ1年くらいですごく良くなってるし、
ぷーくんは最近あんま観れてなかったけど、元々良いもの持ってるし、
個人的にはHIPHOP3人でRIZE勝ち上がったというのが熱いですね!

まだまだここからダンスライフは楽しくなっていくんで、
これからも頑張ってほしいです!!
全国の皆さんにも、仲良くしていただきたいです◎
よろしくお願いします!

そんな感じで、
緊張しすぎたり、しなさすぎたり、
両極端な話を聞きながら、
どっちにしろ、両国の舞台に立つということは生半可な気持ちじゃできないということを考えさせられましたね。
ダンス力だけじゃなく、精神力の強さも問われているんだなぁと改めて感じさせられました!

MCイマジンさんが言っていたように、
KIDSとRIZEは出場出来る期間が限られているだけに、そこで生まれる熱さ・ドラマがありますね!

今回も中部代表の2チームを応援するために120人以上の仲間が名古屋から両国に応援に来たと聞いて、それだけ仲間に支えられプロップス得ているあいつらも熱いなと思いました!
どの地域でも同じだとは思いますが。

ぜひ、皆さんRIZE世代卒業してからも、ダンスを楽しんでもらいたいですね◎

そして、KIDS sideでファイナリストになったのが岐阜のSUZAKUちゃん!
image2

師匠は岐阜が全国に誇るフィメイルHIPHOPダンサーの“スーパーYUKA(Man&Woman)”!!
image6
・スーパーYUKA

そんなSUZAKUちゃん、ここ1-2年でメキメキ力をつけて、今シーズンは自身初となるファイナリストの座を見事get!
最近では、名古屋の僕の練習会にもわざわざ顔出してくれている頑張り屋さんです。

とはいえ、今やKIDS sideは超激戦区。
後から結果だけ聞いてみると、初戦で関東のRioちゃん(エンジェライズ)に負けてしまったとのこと。
観てないので、何も言えないですが、、、残念!!

彼女にも少しだけ話聞きました。

U:お疲れ!今日どうだった?
SUZAKU(以下、S):あ、お疲れ様です!Rioちゃんに負けちゃいました。

U:そっかぁ。観れなかったからなぁ。
S:はい、勝てればMain Stageだったんですけど残念です。

U:だよねー観たかったよ!バトルは自分としてはかませた?
S:いやぁあんまり…でも、楽しんで踊れました。

U:そっかそっか。難しいねー。でも、楽しめたのはすごいことだよ!次に繋がるね!
S:はい〜。また頑張ります〜。

普段はおっとりした良い子なんです☺︎

でも、攻め気なダンスでまたかましていってほしいですね!
確か、SUZAKUちゃんはまだ中学生2年生だったと思うので、
来年もKIDS sideで狙えますね!

楽しみにしています!

というわけで、
改めて、全ファイナリストたちにリスペクトを送ります。
地域、ジャンル、スタイル、関係ないです。

みなさんの熱い想いと、踊りに、僕はたくさんのことをいただきました。
ありがとうございました。

最後に、
東海地区にスポットを当てたレポートを書く機会を与えていただき、ありがとうございました。

ファイナリスト以外にも、

Main Stageを仕切り倒した、MC You-Geeさん、
dews_image7

HIPHOPのSOUND CONTROLをかましてた、DJ MATSUさん
dews_image5

KIDS&RIZE sideのJUDGEを担当していたERi FeNeSiSさん
eri

東海に所縁のある方々が、自分自身をレペゼンして、それぞれの役割を全うしていて、僕は誇らしかったです。

名古屋だ東海だうるさかったかもしれませんが、
地元をRepresentしていくのもHIPHOP。

そして、
名古屋も、愛知も、東海も、日本も、地球も、宇宙も、HIPHOPも、ストリートダンスも、自分自身も、
すべてが僕の地元であり、核です。

最終的にはそういうことなのかもしれないですね。

…どういうこと?!(笑)

また来年のDANCE ALIVE HERO’Sで会いましょう!

ではでは。


UC(daft)
dews_IMG_0742

個性的かつ変態的なダンスを武器に全国各地で活躍するレペゼン愛知の筆頭格ダンサー。
その軽いフットワークで培った豊富な繋がりと情報量を基に展開する自身のブログ『UCの、遊UC白書』での結果速報が話題を呼び、
Dews/SOUL CITY NAGOYAなどのコラムニストやダンスイベント脚本家としても活動している。

Instagram:@ucdaft
Twitter:@ucdaft
blog:http://uc.bdance.jp/