Category : イベント ,

創世記から10年以上も挑戦し続けた男HERO(至芸)の悔し涙。「DANCE ALIVE HERO’S 2017」Dewsライターshowgoが密着!

line@友達登録

開催日
2017年 04月 23日
場所
両国国技館
ジャンル
HOUSEコンテストショーケースバトル

4月23日、大盛況の中、幕を閉じたダンスバトルイベント「DANCE ALIVE HERO’S 2017」。
今年、Dewsでは当日の結果を特設ページにてリアルタイム更新していたが、それとは別に東京、名古屋、九州を拠点に活躍する3名のライターを派遣。
それぞれの目線でダンサーに密着し、表舞台だけではなく、その裏側をメインにレポートを敢行した。
今回密着するのはDANCE ALIVE創世記から挑戦し続け、今回決勝まで勝ち上がるも惜しくも準優勝となったHERO(至芸)。
挑戦する男の裏側での悔し涙、それを支える家族。showgoが男HEROに密着する。


showgoです。
showgo

取材に当たってカメラで写真を撮るのですが、ドラマが伝わる写真は一握り。本当にしぇーねー君やAYATO.君はすごいなぁと思います。

今回紹介するのはHEROくん。
DANCE ALIVE HERO’Sが名前を変える前のDANCE@LIVE時代、HIPHOP SIDEとHOUSE SIDEしかなかった時代から挑戦し続けた男。

今回HOUSE SIDEで最も優勝に近いのではと密着させていただきました。結果としては惜しくも準優勝、舞台裏で涙していたドラマは多くの挑戦しようとする若者や親世代に勇気を与えてくれるものだと思います。

pmember-image7

2月に湘南藤沢で今年こそは優勝したいって話を聞いてから、ベテランダンサーとして山あり谷あり、ダンスを長年続けてきていいことも悪いことも絶対経験してるだろうし、今回こそ絶対優勝してほしいという個人的な思い入れもありました。

湘南藤沢にて神奈川の重要人物たちの交流会「 LF懇親会2017 」開催!!

楽屋に入るとさっそくファミ骨でマッサージされてるHERO君を発見。UCくんのレポートでも紹介されてましたが、バトルダンサーのアスリート的側面を考えて、ちゃんと楽屋に体をいたわるサービスも用意されている、DANCE ALIVE HERO’S、さすがです。

pmember-image5

showgo:今日はどんな調子ですか?
HERO:見てのとおりだね笑

と、がっつり体のメンテナンスが必要な状態の様子。一日中、バトルとバトルの間は常に整体してもらっていました。ダンスバトルはそれだけ筋力や体力を使う競技です。僕は人に説明するとき、100m走くらいの全力で1分間走り続ける感じ、とたとえてます。

特にHOUSEはスマートにリズムをつないでいくのが良しとされるジャンルで、省エネに見えるステップでも実は全身運動で、普段使わない筋肉まで使います。

バトルとなるとそれに加え、スタイリッシュに難易度の高いステップを決めるだけでなく、ここぞという時のダイナミックなフロアムーブや、上半身の使い方のオリジナリティが勝敗に関わってくるためかなり体を酷使します。

HEROくんの特徴であるウェーブを中心とした上半身の音取りは個人的にはシャーマニックとでも表現しましょうか、儀式のような腕さばきに残像やオーラのような光が宿るダンス。ここぞという時にまさに「神がかり的」な音ハメやムーブを炸裂させます。バトル中写真を撮りながらなんども興奮して声をあげてしまいました。

pmember-image1

1回戦はSANTAと、2回戦はKENTAくんと、まるでPINOCCHIOを倒していく大会だ、とバトル前につぶやきながら、子供を抱えての入場。詳細は動画を見てもらうとして、両試合とも相手の挑発に乗らず、オリジナリティを崩さずに音に乗り、決勝まで勝ち上がりました。

S:ここまでくるのに戦略とかあったんですか?
H:いや俺アホなんで、その場に合わせて全力で相手とやるだけです。俺アホだから、考えたら逆にいいもんが出なくなっちゃうんすよ。
S:決勝戦に向けてなんかあります?
H:ここまできたらやるだけっすね。全身全霊、相手にダンスをぶつけるのみ。決勝は日本対フランスだし、国技館だし守るべきものを守りたいな 笑 かっこいいこと言ってるけど。
S:ありがとうございます、とにかく決勝までしっかり身体休めて下さいね!(実はマッサージを受けてる最中のインタビュー)

決勝の相手は前日予選から一人乗り込み孤独な戦いを制してきた強豪Mamson。実はHEROくんと同世代らしく、過去にDANCE@LIVE CHARISMAXなどでも決勝で戦っているいわばライバル、因縁の相手です。

pmember-image4

HOUSEは歴代優勝者はPINOCCHIOのKENJIくんから始まり、ALMAのHIROさん、HyROSSSIさんやGRASS HOPPERのTATSUOさん、SO DEEPのTAKESABUROさんと日本HOUSE界のパイオニアの方々、そしてHOUSE界のニューヒーローSHUHOくんと、多くのスター選手たちが優勝をかっさらっていきました。

HEROくんもはぼ毎回FINALISTとして参戦し、実力はあるものの時の運が味方せず、陽の光があたることなくここまできました。バトルは対戦相手だけでなく自分、ステージの魔物、(選曲や体調など)時の運とのバトルロワイアルなんです。

そんな陽のあたらなかった男HEROくん、まじめで実直で、すごいいい人なんです。たくさんの後輩にも慕われていて今回も家族やチームメイト、KING OF SWAGなど多くのダンサーたちがセコンド席で見守る中での決勝戦。

pmember-image6

pmember-image3

足首を曲げたままステップを踏み、クリアなリズムで確実に音を取ってくるMamsonに対し、コミカルに、時にトップロックなど多ジャンルの動きを交えながら、多彩なビートアプローチを見せるHERO。会場は幾度にもわたり歓声に沸き、お互いにすべてを出し切ったさわやかな顔でバトルを終えました。軍配はMamson。HERO君、またもや敗北です。

バトル後Mamsonの勝利をたたえ、にこやかにハグをし舞台をあとにしました。控え室へ戻る通路には多くの仲間の前で1人悔し涙を流す男の姿がありました。

pmember-image2

全てのバトルが終わったあとに楽屋でお話を聞くことができました。

S:今日お疲れ様でした。
H:悔しいね〜。家族に優勝した姿、見せてあげたかったね〜。
S:次回も挑戦はされますか?
H:どうだろうね。でもアライブ優勝した姿は見せてあげたいな〜。ひとまず休みを取って、考えます。

その一週間後、HERO君は零やKENZO君とチームバトルで優勝し日本代表に選ばれました。全然休んでない!笑

優勝は零、HERO(至芸)、KENZO(DA PUMP)の連合チーム!SDK & STREET FIGHTERS 2017 動画

それでも挑戦し続ける姿勢には必ず結果がついてきます。ひとまず世界でどんなバトルを見せてくるのか、楽しみにしてます!お疲れ様でした!

関連リンク
twitter @HIROakaHERO
instagram @hiroakahero/