「第2回 奥州ストリートキッズダンスフェスティバル」レポート

Category : イベント ,

DUP BANNER

開催日
2017年 08月 05日
ジャンル
キッズコンテスト

2017年8月5日(土) 岩手県水沢市にて、第2回 奥州ストリートキッズダンスフェスティバルが開催された。
本企画は主催の奥州エフエム放送株式会社が行政と組むことで実現した、ストリートダンスで奥州全体を盛り上げようという先駆けのイベントであり、前回2015年の開催に続き、今回2回目の催しとなった。

まちなか交流館会場、水沢グランドホテル会場、メイプル会場のパフォーマンスエリア3会場で行われたダンスパフォーマンスは当日は地元のお祭りとも重なり、2年ぶりの開催を待ち浴びていた参加者と、応援する観客で大賑わいを迎えた。

JUDGEには2015年に引き続き、東京から日本を代表するダンサーKENTO氏がこの日の為に参加。

イベント参加チームは奥州を代表するキッズダンサー、総勢9組。
思い思いに練習の成果を存分に発揮する姿はまさに甲乙つけがたいものだったが、審査の結果、この日見事最優秀賞に選ばれたのは、盛岡市から参戦のHIPHOP3人組「NATTO」だった。

チーム結成が2017年と、結成後間もないにもかかわらず独特な粘りのあるHIPHOPと衣装で会場を大いに沸かせた。
優秀賞にはチーム名通り可憐なFREESTYLE4人組の「BLooM」と、おしゃまにセクシーなダンスを披露してくれたFREESTYLE5人組の「Dropping」が選ばれた。

受賞3チームには豪華奥州牛などの副賞と共に、日本プロバスケットボールリーグ 岩手ビッグブルズ公式戦ハーフタイムショーへの出場権が贈られた。

2011年から行われているダンスの義務教育化も進み、近年ますます生活にダンスが触れる機会も多くなっている中、この先ますます可能性を感じさせるイベントの1つとなったことは間違いないであろう奥州ストリートキッズダンスフェスティバル。
オリンピックでブレイクダンスも公式競技に入ったこともあり、追い風なのは間違いないであろう。
この先の活動を引き続き追っていきたい。

イベント主催:奥州エフエム株式会社
http://www.oshu-fm.jp/