スタジオランディン10周年記念発表会 -Landin’ Collection 2014-

DUP BANNER

開催日
2014年 04月 27日
場所
たましんRISURUホール
ジャンル

2014年4月27日(日)たましんRISURUホールにてネームレスプロダクション運営のダンススクールStudioLandin’の10周年を記念する発表会が開催された。Landin’といえば、長きに渡り多摩地区を盛り上げているダンススクールであり、良質な講師陣が数多く在籍している。都心より少し離れた場所に3校(立川校・国分寺校・田無校)構えていながらこの講師陣のラインナップは豪華である。それが実現するのも、オーナー横山泰三氏の厚い人望ありきといえるとてもアットホームなダンススタジオである。

10周年記念の発表会はというと、トップバッターはNAOKI(GunzHUNT・HIP HOP)のナンバーからスタート。真っ白い衣装に身をまとい、一見爽やかながら力強さが伝わってきた。その勢いのまま、最近めきめきと頭角を現すSUZUYAKA(JILEntertainmentGallery・JAZZ)ナンバーへ。約20名が一同にくちばしにチェリー(EGO-WRAPPING’)を1曲フル使いにて披露した。ソロも多く取り入れたナンバーで全員の呼吸が見事に合っていた。また、まーぼー(KING多摩’s・HIPHOP)ナンバーはキッズダンサーが大活躍し、とても楽しそうに踊っている姿が印象的でまたスキルも高かった。続く、ASAMI(CRAZYLOVEGIRLS・Girls HIP HOP)のセクシーなナンバーや、ERI(杏仁豆腐・JAZZ HIP HOP)の大人の世界観溢れるクールなナンバーが次々と登場。更に、MOTOI(+HESOCIE+Y・HIP HOP)になると会場から大きな歓声が沸く。中高生が中心となり重いHIP HOPナンバーを披露した。

後半に向かうにつれ、Landin’を長きに渡り支えている講師陣のナンバーが登場する。すずきゆうすけ(DownTownBounce・LOCK)ナンバーは約20名がスーツに身をまといソウルフルなナンバーを披露すると、IYO-P(BugsUnderGroove・JAZZ)ナンバーが奇抜な衣装でJAZZを披露。

YO-KO(BODY LOVE・Jr.HIP-HOP)ナンバーは約10名の幼稚園・小学生たちが一生懸命踊っている姿が微笑ましく、振付けも完璧に覚えていた。からだはかなり小さく愛くるしい姿ながらも、みんな生き生きと踊っている姿は会場にいた全ての人に微笑ましさを与えていた。

ここで休憩を挟み、後半がスタート。

YOSHIO(S.A.S・HIP HOP)ナンバーはYOSHIOの世界観を十二分に現し音楽を体中で表現すると、YUKI(Sound Cream Steppers・FREE STYLE)ナンバーは、HOUSEとLOCKの要素を織り交ぜフリーに楽しくという本質を伝え、NATSU(CRiB・Girls HIP HOP)ナンバーは女性ならではのクールなかっこよさを表現し更に会場を盛り上げた。続く、KEN(Pro-SeeD・StyleHIPHOP)ナンバーは本人不在ながらもキッズダンサーの生徒たちは堂々と見事に踊りきり、逞しさすら感じた。KENTARO!!(東京ELECTROCK STAIRS・HIP HOP)ナンバーはシンクロ性が非常に高く、年齢も差が激しい中みんなで楽しく踊っていた。KU-GE.(BODY LOVE・Girls HIP HOP)ナンバーはキッズダンサーを含む23名という大所帯の中、華やかに楽しそうに踊る姿が印象的だった。

ここから、StudioLandin’を開校時より長きに渡り支え続けてきたCHITO(オドルノスキー・HIP HOP)と NATSUMI(なすっ子キューカンバ・ReggaeHIPHOP)のナンバーが登場する。CHITOは照明を巧みに操りシルエットなど影の印象を強くし、非常に演出性が高く一体感のあるHIP HOPナンバーを披露。次にNATSUMIナンバーが続くと思いきや、ここでMC FISH BOYが突如現れる。NATSUMIが間もなく出産ということを会場に告げにきたのだ。実は、StudioLandin’にとって最初の講師がNATSUMIであり、それから今も尚スタジオを支え続けている存在なのである。お腹に赤ちゃんを授かり大きなお腹を抱えながら、ナンバーに本人も登場。控えめながらも生徒と共に楽しく踊る姿がとても印象的で、開校間もなくから通い続ける生徒も一緒に踊り愛を感じるナンバーとなっていた。

そしてフィナーレでは、Landin’講師による10年を記念したスペシャルユニットACHI(ROCK WILDER)+NABE(SCREAM)+BE-YAN(ENTER)のスペシャルユニットが実現。このイケメン新旧スペシャルユニットをお目にかかれるのは非常に嬉しく、キレのある力強いダンスが観客を虜にしていた。

このように個性豊かなラインナップが次々と飽きることなく続き、MCのFISH BOYが会場を時より盛り上げ非常に良い空気感で幕を閉じた。10年前といえば、今と比べダンススタジオの数が少なくダンサーの数も少なかったはず。スタジオの立ち上げは小さなバーの営業時間外にレッスンを開始したことがスタートだったというが、今後も地域に根付き、多摩地区を盛り上げるべく奔走するに違いないStudioLandin’を要チェック!!

02_suzuyaka_02
07_SYUSUKE_04
10_YOSHIO_03
12_NATSU_04
18_GUEST_04
FINALE_01
17_NATSUMI_02
Landin

スタジオランディン10周年記念発表会 -Landin’ Collection 2014-

日程 : 2014年4月27日(SUN)

会場 : たましんRISURUホール(大ホール/1200名収容)

時間 :昼公演/開場13:00~開演13:30 / 夜公演/開場17:00~開演17:30

ProgramNumber

NAOKI(GunzHUNT) 

SUZUYAKA(JILEntertainmentGallery) 

まーぼー(KING多摩’s)

ASAMI(S9PER)

ERI(杏仁豆腐) 

MOTOI(LyricalThanks)

すずきゆうすけ(DownTownBounce) 

IYO-P(BugsUnderGroove)

YO-CO(BODYLOVE) 

YOSHIO(S.A.S) 

YUKI(SoundCreamSteppers) 

NATSU(CRiB) 

KEN(Pro-SeeD) 

KENTARO!!(東京ELECTROCKSTAIRS) 

KU-GE.(BODYLOVE) 

CHITO(オドルノスキー) 

NATUMI(なすっ子キューカンバ) 

Landin’SpecialShowcase