超絶パフォーマンスで寒空を吹き飛ばした!! “ASICS Tiger Evolution Moment”イベントレビュー

Category : ファッション ,

DUP BANNER

開催日
2016年 01月 23日
場所
渋谷パルコ公園通り前広場
ジャンル
ショーケース

2016年1月23日、ASICS Tigerリローンチ一周年ならびに新商品発売記念イベントが渋谷パルコ前特設広場で行われた。
この日は降雪が天気予報でニュースとして流れていた。しかしイベントが始まるとそうした心配はよそに、まるでパフォーマンスが雪をどこかに飛ばしてしまったような日となった。

dewmo-925a80c29103aab0b6f35a991d519a27

まずこの”ASICS Tiger Evolution Moment”について説明をしよう。
「ASICS Tiger」は日本ではリローンチ、いわば復刻をして一周年のブランドだ。「ASICS」「Onitsuka Tiger」に加え、スポーツライフスタイルに特化した第3のブランドとして昨年より始まった。そして「ASICS Tiger」の中でもクラシカルな「Heritage」ラインに対し、よりシャープなデザインや機能性をアップデートした「Evolution」ラインを展開している。

ASICS Tigerは、ある意味ストリートカルチャーでは新ブランドに近い存在なのだが既に欧米では大人気なブランドだ。
特にGEL-LYTEシリーズは日本でもすでに様々なスニーカーファン、ストリートダンサーでもスニーカー好きな感度が高いダンサーからの支持は既に得ており、にわかに注目を浴びている。

そして今回「Evolution」ラインがストリートパフォーマンスにおいてもファッション性、機能性の両面で最適なプロダクトであることを証明するために行われたイベントと言っても過言ではない。

イベントのハナをを切ったのはDANCE@HEROでも優勝し一躍皆の知るところとなったREG-STYLE。スピーディーかつアクロバッティブなパフォーマンスでまず通りすがりの観客の目を惹きつけた。そうしたパフォーマンスとともに観客のキッズをステージ上に呼び込み、ともにパフォーマンスをするなどアットホームなサプライズも用意されていた。

REG-STYLE
dewmo-71d0c06bcd90a2c13fff602b00155707

ステージが温まったところでメンバーのYUIがMCとしてマイクを持ちイベントをリードする。

MC YUI
dewmo-2S6A7095

次に用意されたパフォーマンスはBMX。大学生ライダーとして注目を浴びる宇田川 一輝と、山本 悠によるフラットランドパフォーマンス。MCであるYUIの他にプロかつ先輩ライダーの吉田 幸生のMCリードによりパフォーマンスが展開される。
宇田川 一輝, 山本 悠
dewmo-c827ae8949c35d389987ef353a27230e

そして前半最後のパフォーマンスはブレイクダンス・エキシビジョンバトル。出演メンバーも豪華なラインナップだ。
Battle of The Yearでの日本人初優勝でも記憶に新しいFLOORRIORZよSTEEZ、WATA、KATSUYA、KENTARAWの4名と、日本の若手トップB-girlたちMimz、Yasmin、Miju、Kanamiの合計8名による混合クルー、4 on 4形式でパフォーマンスが行われた。中でもSTEEZとMimzは本人たちが普段よりASICS Tigerをいち早くバトルで使用するなど、ASICS Tiger Headsとして目立っており、このイベントASICS Tiger Evolution Momentのティザームービーではメインキャラクターとして出演するなど注目を浴びていた。

WATA,KATSUYA,Miju,Yasmin
dewmo-5d3fc388232ada9e7e720711d4f52d94

一時間の休憩の後、後半スタート。
MC YUI のイントロダクションからHuman Beat BoxのパフォーマーとしてTATSUYAとNanaがステージに登場。TATSUYAが挨拶をすませると軽くウォームアップから始まり、周囲にいる観客が一斉に注目を始める。Beatが乗り会場が盛り上がり始める。そのタイミングでNanaが登場し、ボーカルとダンス、ビートボックスを混ぜ合わせたパフォーマンスで一気に会場をヒートアップさせた。そこでサプライズとして先ほどエキシビジョンバトルで登場したB-boy、B-girlとコラボセッションが始まる。さながら生ライブによるブレイクダンスパフォーマンスはジャムセッションのようなクオリティ。観客の視覚と聴覚を釘付けにした。

STEEZ, TATSUYA,Nana
dewmo-07e8c4a46445d6c229f7c02b4136c009

そして最後の大トリ、を務めたのはBeat Buddy boi。デビューシングル come againから始まり、集まったファンたちの前で盛り上がりをさらに高みに持って行く。
「It’s My Birthday〜MORIAGARO〜」、「better days feat. 當山みれい」と次々とパフォーマンスを繰り出し、最後は宇多田ヒカルの楽曲をサンプリング・カバーをした曲「traveling」でしめる。

Beat Buddy Boi
dewmo-0cb2f3c11b374dc7b467ad5abd549c4f

ストリートダンスとラップミュージックのフュージョンスタイルである彼らのパフォーマンスは道行く人たちの注目をひきつけ、かつ、集まったファンたちの満足を十二分に満たす最高のパフォーマンスセットだった。

以上、大円団のまま”ASICS Tiger Evolution Moment”は終了した。パフォーマンスを通じて、ASICS Tiger Evolutionラインの魅力は十分に伝わったのではないだろうか?今後のASICS Tigerの展開に注目をしたい。

STEEZ (Break Dance)
お疲れ様です!今日は1日踊って、歩き周っていても全く疲れを感じなかったです。
赤一色なのでコーディネートにはトップスに対しての差し色として使えますね。とはいえGT-DSのフィット感は今までにない感覚なんで今後も履き続けたいですね。

Mimz (Break Dance)
自分が着用した Kayano Trainer Evoはとても軽いです。どれだけ動いても足への負担がなく疲れなかったので感動の域に達してますね。
白なんで明るめのトップスには合わせやすいしスポーティーに決めたい時は重宝しそうです。

YUI(MC,Double Dutch)
GT-DSを履いて真っ先に感じたのがFIT感、そしてジャンプの着地で感じる衝撃吸収性です。
ダブルダッチに必要なこの二つの要素は脚へ負担を軽減させてくれました。
そして何よりもスタイリッシュでカッコイイ!今後ともASICSTigerを愛用していきたいです。

吉田 幸生 (BMX)
素材がプラ?な一体成型なんで未来的だなって思ったんですが、めっちゃカジュアルでした。
履き心地も初めて履いた時のフィット感にびっくり!めっちゃ軽くて疲れ知らずでした。最高のパフォーマンスシューズの一つです(GEL-LYTE EVO)。

TATSUYA (Human Beat Box)
お疲れ様です。海外でasicsシリーズが流行しているのは知っていましたが、僕が履いたGT-DSのBlackはファッション性だけでなく、足に吸い付く様なフィット感で長時間履いてもストレスを感じない機能性に感動すら覚えました…(GT-DS)。

ASICS Tiger
Facebookページ : https://www.facebook.com/asicstigerofficial/
HP : http://asicstiger.com/