国内最大のタップダンスカンパニーが浅草で単独LIVEを開催!『SHUN&HOOFERS ゆめまちLIVE2016~冬~』

Category : イベント ,

DUP BANNER

開催日
2016年 02月 10日
場所
ゆめまち劇場
時間
OPEN : 19:00 / CLOSE : 21:30
料金
¥3000+1ドリンク購入
ジャンル
ショーケースタップ

SHUN&HOOFERS(シュンアンドフーファーズ)

国内外で活躍するタップダンサー”SHUN”が代表をつとめる
国内最大のタップダンスカンパニー

”誰も真似できない”
”誰も追いつけない”
彼らのオリジナルスタイルは見るものを魅了する

そんなSHUN&HOOFERSは2月10日(水)に浅草六区ゆめまち劇場でLIVEを開催!
ご都合の合う方、興味のある方は是非1度
彼らのパフォーマンスを見てみると良いかもしれません

== イベント詳細 ==
『SHUN&HOOFERS ゆめまちLIVE2016~冬~』

2016/2/10
open 19:00
start 20:00
close 21:30

チケットのご案内
¥3000+1ドリンク購入
※HOOFERS事務局またはお近くの出演者よりご購入ください
事務局Mailアドレス(yoyaku@s-hoofers.com)

【会場】
ゆめまち劇場(東京都台東区浅草1-25-15ROX1F専用入り口)

【出演】
SHUN、綾香、水里、浅川新、TAKAnali、山元亮典、CHiAKi、雅-miyabi、舟喜直美、
森田沙奈絵、枝並慧、清水政孝、西村勇音


SHUN&HOOFERSへの思い

タップ,shun,イベント,ダンス,浅草

2008年、当時日本とアメリカを行き来していたSHUNが自分の生徒を表に出すために始動させたグループ。以降、イベントに出る都度その時その時にSHUNが一緒に踊りたいと思う若手タップダンサー10名に声をかけ多くのイベントに出演してきた。毎回変わるメンバー。しかも、ほとんどが無名「どこで見つけてくるの?」と周りは不思議がった。

こんなにも素晴らしい才能を持った多くの若手タップダンサーがいるのに
彼らが表舞台に立つチャンスは少ない。

SHUNは18歳で単身渡米し海外で活躍。帰国しても当時のSHUNに手を差し伸べてくれる、希望を教えてくれるタップダンサーはいなかった。SHUNがそこでタップダンスを辞めなかったのは、海外のトップダンサー達が彼を応援したからだった。

多くの日本の若手タップダンサーが彼のような経験を得られるわけではない。だから、SHUNはせめて自分から下の世代のタップダンサーには同じ思いはさせたくなく、才能を燻らせてる人を見つけては自分のタップダンスグループに誘い、多くのイベントに出演させ視野を広げさせた。
タップダンスには無限の可能性があり、多くの需要があること、その世界を見ることが希望を見るひとつの手段なのではないだろうか

2008年に始動したこの”SHUN&HOOFERS”というタップダンスチーム。5年間の試運転を終え現在は40名となった。全員がSHUNが自ら見に行き直接声をかけたメンバー。実力もポテンシャルは間違いない。

タップダンスカンパニー”SHUN&HOOFERS”は5チームに分けられている。カンパニーは完全実力主義で
上のチームに上がるには昇格バトルで勝てなければいけないというシステム。その結果、トップチームの10名は日本のトップ10といっても過言ではないほどの実力を持っている。

1度、日本一ヤバいと言われるSHUN&HOOFERSのカンパニークラスに行ってみてはどうだろうか?

SHUN&HOOFERS
http://s-hoofers.com/


SHUN
6W5A5338

国内外で多くの賞賛を浴びる日本最強のタップダンサー
国内大会では優勝回数最多保持者であり唯一東西統一を成し遂げた日本一のタップダンサー
彼独特のスタイルである前傾姿勢から繰り出されるステップは理解不能
30歳で初めて行なった六本木Billboard LIVE TOKYOでのソロライブではその実力を余すこと無く魅せつけた
他にもSUMMER SONIC 2015に唯一のソロパフォーマーとして出演するなど活動の範囲は広がる

SHUN OfficialWebSite
shuntap.jp