約2年ぶりにボルチモアから来日となるKARIZMAとSODEEP20周年ツアーが静岡JAKATAにて奇跡のリンク!

Category :

DUP BANNER

開催日
2016年 05月 07日
場所
静岡JAKATA
時間
OPEN : 22 : 00 / CLOSE :
料金
DOOR / 3000YEN / WF / 2500YEN
ジャンル
HOUSEライブ

チーム結成20周年を迎え、現在JAPAN TOUR中のSODEEPとBasement Boysの一員としてDJ Spenと共に数々のヒット曲をリリースしてきたKarizmaが静岡のJAKATAにて共演を果たすことが発表された。
約2年ぶりにボルチモアから来日したというKARIZMAと20周年ツアー真っ只中のSODEEP、まさに奇跡的とも言える豪華ラインナップは見逃せない!

”SODEEP”
smokin’ the floor for 20years
JAPAN TOUR
feat. KAYTRONIK
THEE ALBUM RELEASE PARTY
Suported by PIONEER
At. JAKATA

– MAIN FLOOR –
KARIZMA(K2 / KAYTRONIK / BALTIMORE)
OHISHI (SODEEP / WITT)
910

DANCE PERFORMANCE…
SODEEP
GAN+TAICHI
Shizusakaphia
Madness

– LOUNGE –
KAZUFUMI
MANBOW
GINA(MAGIC)
DJ KO-TA
DJ A-Mu (A Big Step Records / Jam Jack Clan)

KARIZMA a.k.a KAYTRONIK from BALTIMORE
Basement Boysの一員としてDJ Spenと共に数々のヒット曲をリリースしてきたKarizma。彼が突如として世界的な注目を集めるきっかけになったのは2006年に発表した”Twyst This”だ。
この曲はGilles Petersonによってヘヴィ・プレイされ、リリース前にも関わらず世界的な注目を集める程のヒットになった。そして、2007年には満を持してソロ・デビュー・アルバム”A Mind Of Its Own”をリリース。その後のKarizmaの快進撃は皆もご存知であろう。テックでありながらもソウルフルでフャンキーなスタイルは、Gilles PetersonやTimmy Regisford、Quentin Harris、Louie Vega、DJ Spinna、Dennis Ferrerを始め、Derrick Mayまでもが絶賛する程である。
2ndアルバム”A Mind Of Its Own V.2.0″では前作を上回る内容で、Monique BinghamやFruity、Djinji Brown等のシンガーやMCをフィーチャーし、更なる進化を遂げている。その後アルバム”Wall Of Sound”をリリース。グルーヴィーなハウスからビート・ダウン、ソウル、ジャズ、HIP-HOPに影響された多彩な楽曲で構成された作品は世界中から絶大な支持を得た。プロデューサーとしても素晴らしいKarizmaであるが、彼の本当の魅力はそのDJプレイにおいて真価を発揮するといっても過言ではない。ハウス、クラシックス、テクノ、ブロークンビーツ、アフロ、ヒップ・ホップ等、あらゆる楽曲をCDJを駆使してプレイするそのファンキーなグルーブはクラウドを圧倒するに違いない。
今回はKarizmaの別名義である”Kaytronik”のニューアルバム”Thee”のリリースに合わせてのタイムリーな来日である。幾度となくファンを熱狂させてきたDJ Karizmaが約2年ぶりに待望の再来日を果たす!!

http://kaytronik.com/