HIPHOP(ヒップホップ) | ヒップホップダンスの種類や歴史を徹底解説!

HIPHOP DANCE (ヒップホップ ダンス)とは?

定義をするのが最も難しいジャンルである。時代によって様々なスタイルが存在する。一般的にはHIPHOPの文化から発生したダンス、BREAK、POP、LOCK等といったジャンルをオールドスクールとした時に、ニュースクールと呼ばれているものが世間一般でいうHIPHOPダンス。その中間をミドルスクールとも呼ぶが、これは日本人独自の分け方で、海外ではニュースクールかオールドスクールで分類することが多い。ランニングマン、ロジャーラビット、ロボコップ、ブルックリン、トゥループ等の代表的なステップがある。

HIPHOP ダンスの歴史

NYのアーティスト、テディー・ライリーが中心となって1980年代後半、大ブームを巻き起こした音楽スタイル、「ニュージャックスイング」以降、それらのステップを取り入れ、ニュージャックスイングよりテンポの遅い当時のHIPHOPミュージックにのせて踊り始めたのが発端と言えるだろう。

そして1992年にHIPHOPダンスシーンの革命となるドキュメンタリー番組「Wreckin’ Shop Live from Brooklyn」通称ALIVE TVが放送されるのである。
この番組は、ホストを務めるRubberbandzを始めとするKito(キート)、Mar-Quest(マークエスト)、Prancer(プランサー)、Peek-A-Boo(ピーカーブー)等のmisfits(ミスフィッツ)一派、そしてHenry”Link”(ヘンリーリンク)、Buddah Stretch(ブッダストレッチ)、Loose Joint(ルースジョイント)のオリジナルElite Force(エリートフォース)が登場し、日本をはじめ、全世界に多大な影響を与えた。
ニュースクールの一つの土台がココにあると言っても過言ではないだろう。

日本へ

1989年頃、日本にはニュースクールの新しい波がニュージャックスイングミュージックの流行とともにやってきた。
ボビーブラウン、BBD、ガイといったアーティストの新たな音楽が流行し、そのビデオで出てくるブレイクダンスとは違った新しいステップ系の踊りが日本の若者のハートをつかんだ。TRFのSAMやCHIHARUがレギュラーダンサーとして出演していた「ダンスダンスダンス」(フジTV)や、現EXILEのHIROが所属していたZoo(Taco、Naoya、Mark、Satsuki、ルーク、Hiro、Cap、HIsami、Sae)を生み出したTV番組「DA DA LMD」(TV朝日)などが始まり、そのムーブメントは流行に敏感な若者達の間に広がっていった。

そして何と言ってもブレイクダンス以降の第二次ダンスブームを呼び起こしたのは、「たけしの元気出るテレビ」のコーナー、ダンス甲子園。このダンス甲子園は全国ネットで日曜日の8時という時間帯、そしてもともと「たけしの元気がでるテレビ」が人気番組であったことから、高校生を中心にダンスが爆発的なブームとなった。その当時出演していた絶大な人気を誇るダンサーがLL BROTHERS。番組公開イベントを江ノ島で行った際には、2万人以上が詰めかけるという事態になったほど。

現在、活躍しているダンサー達の中にはこれをみて始めたという人も少なくはない。

HIPHOPダンスの進化

1994年の来日時のElite Force(エリートフォース)のパフォーマンスで、一気にヒップホップ(ニュースクール)が広がる。

日本では、ZOOやBOBBYなどシーンのカリスマ的存在の大きな影響により、90年代後半からBABY NAIL(RYUZY、MATSU、MAKI-D、USA)、MO’PARADISE(SHINYA、STEZO、TAKUYA、U-GE、CHU、HIGUCHI)等のレジェンドチームが誕生。

細分化されたHIPHOPダンス

以後もHIPHOPダンスは、音楽の流行とともにショウビズの世界からアンダーグラウンドまで、様々な流行りが生まれる。
代表的な流行りをいくつか紹介すると、ニューヨークハーレムのクルーHarlem Shakers(ハーレムシェイカーズ)が流行させたSHAKE(シェイク)

ロサンゼルス サウスセントラル発、Tommy The Clown(トミー ザ クラウン)によって広められたKROWN(クラウン)、その教え子Tight Eyes(タイト アイズ)らによって広められたKRUMP(クランプ)

このようにオールドスクールとの大きな違いは、常に新しい流行りを取り入れて、形を変化させていくジャンルの1つでもある。

元々音楽の流行と共に変化をみせていくHIPHOPダンスなだけに、HIPHOPダンスの中でも様々なスタイルにわかれ、時として、midlle school、JAZZ HIPHOPやGIRLS HIPHOPなどジャンルにカテゴライズされることもあるが、これは日本独自の仕分けであるようだ。

近年のHIPHOPダンス

近年の日本のストリートダンスに、大きく影響した要素としてヨーロッパのストリートダンスの存在も大きいだろう。
動画サイトの普及により、ドイツのFUNKIN’ STYLE、フランスのJUSTE DEBOUTなど、それまで見ていたアメリカのストリートダンスや、日本のストリートダンスとは、少し違った進化を遂げていたスタイルは、日本人ダンサーに多大な影響を与えた。

現在のHIPHOPダンス

ショーケースがメインであったHIPHOPダンスシーンも現在では、バトルが盛んになり、日本でもDANCE@LIVEをはじめとしたダンスバトルに多くのダンサーが挑戦する。

年々ハイレベルになっていくHIPHOPのバトルシーンではあるが、世界のバトルシーンで代表的なJUSTE DEBOUT HIPHOPの最高成績は2009年のMAiKA&KAZANE、2012年RUSHBALLの準優勝。

4ジャンルの中では唯一優勝は出来ていないが、オールドスクールと同様、ヨーロッパをはじめとした海外の大会に挑戦するHIPHOPダンサーが増えはじめ、今後さらなる発展と進化が期待される。

一方、ショーケースのコンテストでは、米コンテストBODY ROCKでs**t kingzが過去に二年連続優勝、今年はRIE率いるチームが準優勝と海外でも成績を残し、話題を呼んだ。