HOUSE (ハウス) | ハウスダンスの種類や歴史を徹底解説!

HOUSE DANCE (ハウスダンス) とは?

HOUSE DANCE (ハウスダンス) とは、いわゆるディスコでかかっていた音楽を元に発展したクラブミュージック「HOUSE」に合わせて踊るダンス。
速いビートで軽やかに動き、流れるような素早い足裁き(ステップ)とフロアワークが特徴。
ニューヨークのダンサーたちがハウスミュージックに合わせてヒップホップ、ブレイキン、カポエイラ、サルサなど様々なジャンルをフリースタイルで踊っていたのが起源とされている。

HOUSE MUSIC について

1970年代末、ニューヨークにクラブ「パラダイス・ガラージ」が誕生。パラダイス・ガラージの伝説的なDJ ラリー・レヴァン(Larry Levan)は、「ニューヨークガラージュ」と呼ばれるハウスの基本スタイルの生みの親だ。ニューヨークでは、サルソウル等の従来のディスコ・ミュージックにハウスの要素(電子楽器の自動演奏やリズムマシンによる独特のビート)を取り入れたサウンド「ニューヨークハウス」が発生していた。

ラリー・レヴァンの友人で、自らも有能なDJであったフランキー・ナックルズ(Frankie Knuckles)は、1977年にシカゴに新たにオープンした「ウェアハウス」の主力DJとしてニューヨークから招かれ、彼のDJは独特のミックス手法であって、特にゲイたちから高い人気を博したため、地元のレコード店が「ハウス・ミュージック(ウェアハウス・ミュージック)」と称して販売したのがハウスという名称の始まりと言われている。

参考 : 土曜日のミサ:LARRY LEVANとPARADISE GARAGE

ニューヨークのダンサー

ブードゥーレイ(VoodooRay)、カリーフ(Caleaf)、イージョー(Ejoe)、ピーターポール(PeterPaul)、ブライアン・グリーン(BrainGreen)、トニー・セクー(Tony”Sekou”)、ジャスティス(Justice)、シャン(Shan.S)、マイク(MIKEU4RIA)、トニー・マクレガー(TonyMagregor)、シャー(Shar)、マージョリー(Marjory)などによってハウスダンスの基礎が作られた。

日本人に大きな影響を与えたのがカリーフ 、ピーターポールが出演するミュージックビデオ「Crystal Waters / Gypsy Woman」。

そして、1998年 DANCE FUSION、ELITE FORCEの日本でのショーケース

日本のハウスダンス

日本のハウスダンスの第一人者は元ZOOのメンバーであったKOJI氏が所属していたROOTS。同じく第一世代としてTAIL WAGS、続いてプロシードによって日本のハウスダンスシーンの基礎が形成された。

99年、ALMAメンバーROOTS氏のインタビュー : ハウス…NYへのこだわり

シーンは99年頃より第二世代としてTOKYO TRIBE、SYMBOL-ISM、SODEEP、PYRO、PINOCCHIO、GLASS HOPPER。
そして、2001年、ROOTSのKOJI、HyROSSI、HIRO、PInOによるALMAが結成される。

ALMAは日本のみならず世界中のハウスダンスに大きな影響を与えた。
第三世代としてXYON、ZIETHなどのチームが活躍しハウスダンスを広めるのに貢献した。

現在のハウスダンス

ハウスダンスは様々な解釈によって、スタイルが多様化する。
中でも、Shaの動きの特徴とされる上半身でビートを強く刻む「ジャッキングスタイル」はTAKUYA、Suthoomによる「SYMBOL-ISM」によって日本に広められた。

また、HIRO、PInO、TATSUO、SHUHO、HEROなどが世界中のダンスバトルで活躍し日本のハウスダンスのレベルの高さを証明する。