LOCK (ロック) | ロックダンスの種類や歴史を徹底解説!

ロックダンス(LOCK DANCE)とは?

三大オールドスクールの1つでもあるロックダンスは、1970年代に誕生したジャンルの一つで、「ロック (LOCK)」という言葉の由来は、激しい動きから突然静止する様子が鍵をかける時に「カチャ」とロックする様子と似ている事からそう呼ばれるようになったとのこと。ちなみに「ポイント」はドン・キャンベルが踊っている時に観客から笑われ、その人を指差したのが始まりだという。

ロックダンスの歴史

The Lockersとは
ドン・キャンベルがフレッドステアのタップダンスやソウルダンスのファンキーチキン・ロボットダンスなどの影響を受け踊っていたが、滑らかに動く事ができなかったのでその代わりにロック (静止) したことから始まったといわれている。後の1971年にドン・キャンベル(Don Campbel)がMr.ペンギン(Fred Mr.Pienguin Berry), フルーキールーク(Fruky Luke)と共にTHE Campbellock Dancers(後のThe Lockers)という伝説的なダンスチームを結成。

後に、グレッグキャンベルロックジュニア(GREG Campbellock Jr.)を中心に、ウイリアムソン(Williamson), Bill Slim Robot Williams, スキーターラビット(James Skeeter Rabbit Higgins), トニーゴーゴー(Tony Go-Go Lewis Foster), シャバドゥ(Adolfo Shabba Doo Higgins), トニー・バジル(Toni Basil)というメンバーで活動することになる。。

ロックダンスは、「Saturday Night Live」という番組で当時振り付け師としてテレビなどで有名であったトニーバジルが彼らを紹介した事で世界的に認知される。

日本へ伝承

ロックダンスがブームを巻き起こした後の1980年代、日本の九州にTONY GOGO氏が在住し始め、日本でロックダンスが広まるきっかけとなる。
そして、TONY GOGO氏によってロックダンスを直伝されたYOSHIBO氏、GAJIRO氏、酒見誠二氏をはじめとしたBE BOP CREWは日本のダンスシーンに多大な影響を与える。彼らの御陰で日本のダンスシーンがあるといっても過言ではない。現在では全国各地にBE BOP CREWのメンバーが存在する。

近代の日本

日本にロックダンスが浸透したその後はHilty & Bosch、そしてTONY GOGO氏の息子である兄弟GOGO BROTHERSを筆頭に日本のロックダンサーが世界での活躍をみせはじめる。
Hilty & Boschは「JAPAN DANCE DELIGHT vol.11」で優勝し、その後日本人初となる「UK WORLD CHAMPIONSHIP 2005」で優勝、「Red Bull BC One」、「Battle of the Year」でのゲストショー等、ロックダンスで世界に日本をレペゼンしたチームの1つと言えるだろう。
「UK WORLD CHAMPIONSHIP」ではHilty & Bosch優勝後、2006年GOGO BROTHERS、2007年ILL-MY-NATIONと三年連続で日本が優勝を達成。このあたりから、日本のロックダンサーが世界大会常連となっていく。

現代の日本

ロックダンスは、細分化されたダンスシーンの中でもルーツや歴史、文化を特に大切にする先人達の教えがあり、日本のロックダンスシーンは日々進化を重ねている。