POPPIN (ポッピン) | ポップダンスの種類や歴史を徹底解説!

POPPIN (ポッピン) とは?

1960年代~70年代にかけて形成されたダンス。筋肉を弾くと言う意味のPOP(ポップ)が名前の由来で、ヒットやウェーブなどの動きが特徴的である。
パントマイムやロボットダンスの進化形など諸説あるが、Electric Boogaloos(エレクトリックブーガルーズ)のリーダー、ブガルーサム(Boogaloo Sam)が考案したとされる。

Electric Boogaloosとは?
メンバーには、ブガルー・サム(Boogaloo Sam)、ポッピン・ピート(Poppin’Pete)、スキータ・ラビット(Skeeter Rabbit)、ミスター・ウィグルス(Mr.wiggles)、シュガー・ポップ(Sugapop)、ジャジー・ジェイ(jazzy-j)、ショーン・ブーグ(Shoonboog)がいる。過去にはポッピン・タコ(Poppin Taco)などが在籍していた。

POPPINの広まり

Electric Boogaloosが出演したアメリカのテレビ番組「ソウルトレイン(SOUL TRAIN)」や1984年公開の映画「ブレイクダンス(BREAK DANCE」「ビートストリート(BEAT STREET)」等の影響により、世界中にPOPPINが広まった。

日本へ

オリジネーターElectric Boogaloosが幾度となく来日し、日本へ浸透していったPOPPIN。
O.G.Sなどの大御所チームをはじめ、POPPINが大阪を中心にシーンに広がりをみせる、ACKYやCo-thkoo等、日本から世界へ躍進するダンサーも登場する。

関東では、フォーマーアクションやblack D.O.G.Sなどカリスマ的チームが出てきたことからシーンが大きく盛り上がりをみせ、現在も実力派若手ダンサーを多く排出している。