“車椅子×コンテンポラリーダンス”をテーマにした短編映画が完成

Category : その他 ,

DUP BANNER

今回紹介するのは“車椅子×コンテンポラリーダンス”をテーマに作成された短編映画、’Wheelchair Dance’。2020年のパラリンピックを見据え、日本在住の有志のクリエイター達で制作した、映像及びWEBのインデペンデント作品となっている。

キャストには、ニューヨークを中心に様々なアワードを受賞するコンテンポラリーダンサーの大宮大奨が出演/振り付けを担当。マイノリティスポーツや障害者スポーツという垣根を超えたダンスの普遍的価値を作品に仕上がっている。

車椅子に乗りながらも迫力のあるダンスは必見。

Wheelchair Dance公式サイトはこちら
http://wheelchair-dance.com/