動画
Category : お笑い , 企業 ,

「京都市」がPRの為のTVCMにあのダンサーを直々に起用!世界遺産や名所でのダンスを披露する「平成KIZOKU」とは?

この度、京都市の観光、定住誘致等の広報CMや短編動画のイメージキャラクターとして「平成KIZOKU」なるダンスユニットが結成され、起用されている。

世界中から観光客が訪れる京都市の様々な名所でロボットや人形のような不思議なダンスを披露している。

明治の元老、山県有朋の別荘「名勝 無鄰菴」、「平安神宮」、「嵯峨野 竹林の道」、「知恩院」、そして世界遺産である二条城「黒書院の間」でのダンスパフォーマンスは世界初であり、華麗な舞と荘厳な二条城のコラボレーションは必見!

動画中では何と京都出身のギネス記録を持つダブルダッチチーム「alttype」とアツいバトルまで繰り広げている。
※alttypeはこの秋からシルクドゥソレイユでのパフォーマンスが決定している。

こちらの動画で大々的に取り上げられている「平成KIZOKU」とは?
ダンスを見れば一目瞭然と感じる方も居るかも知れないが、こちらは日本を代表するアニメーションスタイルのダンスチーム「TRIQSTAR」の面々。
今回はその中からリーダーの麿主麻呂(だーよし)、麻呂八華(つとむ)、麻具呂(キョウヘイ)というメンバー構成になっている。
昨年行われた、世界5億人を対象に放送されると言われている国際的オーディション番組「アジアズ・ゴット・タレント」にて”和服×ストリートダンス”の融合で日本人で唯一決勝に進出したことも記憶に新しい彼らが、日本が世界に誇る古都「京都」の観光名所から老舗洋食屋、夜の京都を彩るクラブまで、京都市の「今」の魅力を、平安の「麻呂」たちに扮してダンスで伝えている。

メイキング映像

また、こちらの動画の楽曲を担当しているのは今までにTRIQSTARとの共演、楽曲提供も手がけているfazerock(HyperJuice)氏。オフィシャルウェブサイトで今回の楽曲のフリーダウンロードも可能となっている。

以下オフィシャルプレスリリースより抜粋

【「平成KIZOKU」企画の背景】

世界的な観光都市・京都。シーズン問わず、数多くの人々が訪れています。
その一方で、京都市のさらなる発展のために、
多くの若い世代が京都で暮らし、住み続けてもらうこと、
市政情報を知ってもらうことが、ひとつの課題となっています。

そこで京都市民をはじめ、世界中の人々に、
京都市で暮らすことの楽しさや住みやすさ、最新の市政情報を映像で発信。
京都ならではの企画で、それでいて、今までの京都のイメージを覆す新しい表現で、
その魅力を伝えるという新しい試みです。

とのこと。
確かに、既存の京都のイメージとは違い、エッジとユーモアの効いた誰が見ても楽しめるような動画に仕上がっている。

こちらの短編動画は関西圏の映画館やオフィシャルウェブサイトで公開、放映される予定だが、他にも京都を代表する江戸中期に活躍した画家、「伊藤若冲・生誕300年記念事業」編や、順を追ってこれから上がっていく「保育が充実」編などは同じく関西圏のTVCMとしても放送される予定。オフィシャルウェブサイトを見る限りあと8本はアップされて行く模様である。

このように、ストリートダンサーが日本の伝統文化を伝える立場としてオフィシャルな場に登場するのは極めて異例なことと言えるだろう。
彼らTRIQSTARの活躍と共に「平成KIZOKU」の続編に期待しよう。

平成KIZOKU:特設ウェブサイト
京都市:オフィシャルウェブサイト

各出演者の情報はこちらから
TRIQSTAR:オフィシャルウェブサイト
fazerock:オフィシャルウェブサイト
alttype:オフィシャルウェブサイト