選曲ミスが起きるも2ムーブ踊りきる!またもや神対応をみせたKITEジャッジムーブ動画

Category : かっこいい ,

DUP BANNER

秋田県は、能代市にて開催されたフリースタイルダンスバトル「Vibes vol.4」。
当バトルにて、世界でも数々の功績を残し、日本を代表するダンサーKITEがジャッジを担当。

楽曲が流れ登場。いわゆるポッパーの方が好む、強いビートはほとんど入っていない音楽が流れるも、約二分程、凄まじいボディコントロールで会場を沸かせる。
k1

すると途中で音楽がフェードアウト。KITEも異変に気づきブースの方に確認すると、なんと楽曲を間違えてかけてしまったという。
k2

一瞬変な雰囲気になる会場。しかしそこはさすがの切り返し。
「何曲でも来い!」と男気あふれる一言に会場は大盛り上がり。
k3

そこから映画「ブレイクダンス」でブガルー・シュリンプ(BOOGALOO SHRIMP)が使用したことで有名な、「Tour De France」が流れ、先程のトラブルを物ともせず、圧巻のムーブをみせ踊りきるのである。
k4

実は一曲目に流れた曲は、二曲目の「Tour De France」も収録されてる同タイトルのアルバム『Tour de France』の収録曲「Prologue」という曲。
何かのミスでそちらをかけてしまったのだと予想されるが、2ムーブを踊りきりなおかつかますという素晴らしい対応に拍手喝采である。

またDewsで取り上げさせていただいたが、以前も音源トラブルが起きた際に、KITE所属チームのフォーマーアクションが神対応をみせていたのでそちらもあわせてチェックいただきたい。

関連記事