2016年、世界で最も見られたVEVOランキングトップ10

Category : 音楽 ,

Youtube等でよく見かける「VEVO」を皆さんご存知でしょうか?
VEVOとは、元々は大手音楽レーベルが立ち上げた動画共有サービスの名称ですが、Youtubeとの関わりがあったりすることからYoutube上の動画にも「VEVO」のロゴが入っていたりするようです。

そんな「VEVO」内で2016年、最も再生された動画トップ10が発表されたようです。
AXSというアーティスト情報等のニュースサイト(英語)では次のようになっているのでPVのリンクと共にご紹介します。

Worldwide Chart: Most Watched Videos 2016
全世界チャート:一番再生されたビデオ 2016

※再生回数は記事が上がった8日付のものです

10. The Chainsmokers – “Closer (Lyric)” 再生回数:776,806,154

9. Rihanna – “Work (Explicit)” 再生回数:800,984,121

8. Mark Ronson – “Uptown Funk” 再生回数:825,589,463

7. Drake – “Hotline Bling” 再生回数:899,014,469

6. Justin Bieber – “Love Yourself (PURPOSE : The Movement)” 再生回数:966,846,883

5. Justin Bieber – “What Do You Mean?” 再生回数:1,002,151,667

4. Calvin Harris – “This Is What You Came For” (Official Video) 再生回数:1,008,115,358

3. Fifth Harmony – “Work from Home” 再生回数:1,173,014,751

2. Adele – “Hello” 再生回数:1,255,754,358

1. Justin Bieber – “Sorry (PURPOSE : The Movement)” 再生回数:1,824,823,909


いかがだったでしょうか?
ランキングの中には年をまたいでランクインしている曲も。ブルーノ・マーズのUp Town Funkに至っては一昨年の曲なのにまだランクインしているなんて凄いですね。
ワールドワイドになると全ての数字が一気にハネ上がることがよくわかるランキングです。