KRUMPを世界中に広めるきっかけとなった映画「RIZE」のその後「RAISED BY KRUMP」

Category : ダンス動画 ,

DUP BANNER

日本では、Twiggz Famをはじめ全国に多く増え続け、世界的にも一つのストリートカルチャーとして確立するKRUMP。
ここ数年では、三代目J Soul Brothersの岩田剛典やGENERATIONSの関口メンディなど、KRUMP出身ダンサー達がメジャーアーティストとなり、より一層KRUMPの認知が拡大している。
注目されるきっかけの一つと言えるのが、2005年公開、KRUMPをテーマにした映画『RIZE(ライズ)』。

銃を持つ代わりにKRUMPを武器として生き抜く若者の姿と、ロサンゼルス・サウスセントラルの社会問題を描いた、この純然たるドキュメンタリーは、世界中に影響を与えムーブメントを巻き起こした。
先日そんなRIZEの後の話を取り上げたドキュメンタリー映像「RAISED BY KRUMP」が公開された。

日本KRUMPシーンの立役者であるTwiggzは、自身のブログでこのようにコメント。

これを見てKRUMPがDANCEという括りだけではないことが、この綺麗な映像を通して伝わりますね。
僕たちの目に届くものがKRUMP全てではなくて、この映像は、どちらかというと脚光が当たらず生活に根付いてるメンツに焦点が当たっていて、KRUMPの奥深さが伝わります。

FuddにWarmにJr Weapon、Lil Newzなんかも…
僕が10年前にLAでつるんでたメンツがたくさん。
small
Papa SlaughterからFuddになって、
あの頃2〜3歳だったMini Slaughterが、今はJr Weaponに。
small-1
Holliganz → Xtream → Demlethion Crew
この映像だけで彼らの歴史が垣間見える。

Homelandで一緒によくLABやSESSIONをしたあの頃…

彼らの生活の中で、今も変わらず、あの頃のままKRUMPが生活の中にあり、自分を表現するものであり、楽しむのもであり、無くてはならないものであり…
何も変わってなくて。
small-2

また俺らやKRUMP先進国、大会やイベント、レッスンが受けたい時に受けれるそんな環境がたくさんある場所とはまた違った向き合い方、角度、在り方…
KRUMPに正解も不正解も無く、
自分にとってのKRUMPを大切にしている姿が映像を通して伝わってきます。
small-3

“ART”として強い部分
“LIFE”として強い部分
“DANCE”として強い部分

国や地域、場所によって様々な発展をしている今のKRUMP。
向き合い方、楽しみ方、伝え方、様々な人、様々な捉え方を改めて感じますね。

Reason Why KRUMP??
KRUMP is LIFE
KRUMP is Language
KRUMP is Passion
KRUMP is Emotion
KRMP is Art
KRUMP is Dance (Skill)
KRUMP is Battle
KRUMP is Family
KRUMP is Love

Forever Studens…

small-4

引用 : http://lineblog.me/twiggz_fam/archives/9280992.html

今でこそ、当たり前に確立するKRUMP。
そのルーツは、ただのダンスジャンルではなく一つの文化。
世界中にダンサーやイベントが増え続ける世の中だからこそ、こういった一つのルーツ的な部分に触れるのはとても大事に思う。
是非とも一度ご覧いただきたい。