BE BOP CREWなど豪華ダンサーが出演!ダンスシーンを作ってきた先駆者達の20年前のダンス映画

Category :

DUP BANNER

東映Vシネマのオールキャスト・ミュージシャンによるダンスアクション映画『ハートブレイカー ~弾丸より愛を込めて』をご存知だろうか?この映画は、BE BOP CREWが振り付けを務め、ダイヤモンドユカイ、ブラザーコンなどのアーティストや、豪華ダンサーが多数出演する世代を超えての伝説的なダンス映画ともいえる作品。
今回Dewsで紹介するのは、そのオープニングとエンディングの映像。

後に大ヒット曲となった“m.c.A・T / Bomb A Head!”にのせてガッツリ踊るオープニング、そして“Anna Banana / 天国のテレビ”でみせるパーティ感溢れるエンディングにはとにかく豪華すぎる程のダンサーの若かりし頃が映っているのだ。

メインで踊りから演技までも務めるSO(BE BOP CREW)氏

1

そしてBE BOP CREWの方々

6

後半に出てくるのは坂見 誠二氏、TONY GO GO氏、HIROSHI氏、KOZO氏、沖氏

4

ポップを踊っているのが、Wild Cherry氏、OZ氏、MIYOU氏

5

今となっては20年以上も前の映像だが、今見ても間違いなくかっこいい!
彼らがいたからこそ世界に誇れるほどの今の日本のダンスシーンがある!

その他にも見ているとこの人が出てたの!?という驚きもあり、ついつい何度も見返してしまう動画だ。
ちなみに、SO氏の結婚式披露宴余興の際には、福岡で活躍するストリートダンサー達26名が集結し、「ハートブレイカー ~弾丸より愛を込めて」­の完全コピーに挑んだパフォーマンスも披露されている。

日本のストリートダンスシーンを語るなら、マストチェック!!