ダンス動画

[ 絶対に見るべき!! ] AMAで魅せたジェニファー・ロペス 話題の名曲が詰まったダンスメドレーが圧巻すぎると話題

22日、LAにて第43回アメリカンミュージックアワード〈American Music Awards〉が開催された。司会を務めるジェニファー・ロペスがオープニングを飾り、ダンス・メドレーを披露。そのパフォーマンスが圧巻だと話題になっている。

46歳とは思えぬキレッキレのダンスを披露。「カッコよすぎる」「46歳に思えない!」とのコメントが相次いでいる。
自身の“Waiting For Tonight”で始まるオープニングパフォーマンスだが、「今夜は私の舞台じゃない。“音楽”が主役よ」のひとことでダンス・メドレーがスタート。

ジェニファー・ロペス AWA ダンス パフォーマンス キレキレ

今年大ヒットをおさめたマーク・ロンソン&ブルーノ・マーズの“Uptown Funk”から始まり

ジェニファー・ロペス AWA ダンス パフォーマンス キレキレ

圧倒的にセクシーなダンスで、世界中をあっと言わせニッキー・ミナージュの「Anaconda」

ジェニファー・ロペス AWA ダンス パフォーマンス キレキレ
ジェニファー・ロペス AWA ダンス パフォーマンス キレキレ

100曲目のトップ100ヒットを達成したドレイクの“Hotline Bling”

ジェニファー・ロペス AWA ダンス パフォーマンス キレキレ

そして最後は18禁MVで話題となったリアーナの“Bitch Better Have My Money”で締め括られました。

ジェニファー・ロペス AWA ダンス パフォーマンス キレキレ

他にもビヨンセの”7/11″、ザ・ウィークエンドの“Can’t Feel My Face”、ブリトニー・スピアーズの”Slave 4 U”、そしてテイラー・スウィフトの”Bad Blood”、などもパフォーマンスされた。

7分間に凝縮された2015年ヒットダンスメドレーは必見です。