ミュージックレビュー
Author :

Wild Style – Down By Law

lol-エルオーエル-「 bye bye」single

iTunes

前回ご紹介したエレクトロ、ラテンヒップホップ、フリースタイルが好評につき 今月もご紹介しちゃいます!そして、Pick Upでは前回同様クラシックからWild Style – Down By Law。もはや説明不要のHIP HOP MOVIEの金字塔WILD STYLEのテーマソングです!この曲でBBOYが反応しなかったらちょっと、、、、、って感じです。絶対に知っておきましょう!

Recomend New Blast

iTunes
Man Parrish / Hip Hop, Be Bop (Don't Stop)

タイトルからしてヤバイですね~。オールドスクールクラシックと言えば??となれば必ず名前が上がると思います。こう言う音でショーやるダンサーとか最近見てないなぁ・・・若手には是非使って欲しい1曲です。

GLOBE & WHIZ KID / Play That Beat Mr. DJ

ジャケットがシブイ!色んなDJこのジャケをサンプリングしてましたね~~。勿論内容も◎!!僕はこの曲を聴くと90年代の伝説のBBOY EVENT「RADIO TRON」を思い出します!LAのBBOYは思い出深いと思います。

iTunes
Freeez / IOU

この今日はもはやダンクラと言ってもいいぐらい世界的に大ヒットしました!日本のレジェンドBBOYも多くの方々がこの曲は好き!!と言います。ヨーロッパのBBOYにも人気です!超クラシック!

MALCOLM McLAREN / Buffalo Love

このアーティストもHIP HOP界では必ず知っておかなければいけない1人だと思い ます。ヨーロッパにヒップホップを運んだ第1人者です!彼の曲もいくつも大ヒットを飛ばしておりますが、中でもこの曲は日本のBBOYS には少し思い出深い1曲かなと思います。というのも過去にはROCK STEADY CREW JAPANがショーで使用するなど、その影響 で元BRONXのメンバーのイソップ、群青、ケンサク、MGで構成されたスペシャルユニット、パーフェクトカンバッションも超フェーバリットにしてお りショー等で使用してました。イケイケというより優しいグルーヴですがかなりグッときます!僕も大好きな1曲です。

Jelly bean / The Mexican

BBOY BREAKSのクラシックであるBabe RuthのThe Mexicanを思いっきりカバーし た1曲です。打ち込みのビートにパーカッシブなトラックが相まった内容は当然◎!!ディスコ世代を遊んできた人なら必ず聴いたことあるでしょ!!??ってぐらい 有名な曲です。超名曲!

Latin Rascals / Macho Mozart

この曲を初めて聴いた時はド肝を抜かれました!モーツアルトのトルコ行進曲を思いっきり使用してガッツンガッツンで聴かせて くれます!その仕事はまさにLatin Rascalsの真骨頂!EDIT界のレジェンドであるLatin Rascalsが放つ超ぶっ飛び作品の1つだと思います!ケミカルブラザース等などの大物アーティスト達にかなり影響を与えたアーティ ストです!是非聴いて下さい!12インチもLPも超オススメです!

iTunes
Break Machine / Break Dance Party

このタイトル!絶対でしょう!wwwと言うしかありませんね!ジャケットも然る事ながら内容もバッチリです!上がる内容ですがどこか切ないメロディーと相まってBBOY達のアドレナリンを高 めてくれること間違いなしです!イナタさ120%!この辺も是非聴いて欲しいです!ジェケ買い必須!

iTunes
FLYING STEPS / Breakin'it Down

ヨーロッパのBBOYシーンを語る上で必ず登場するのがこのFLYING STEPS!彼ら自身もドイツのBBOYで遂に曲までリリースしちゃいました!BOTYの2000年では世界大会決勝で日本代表のWASEDA BREAKERSを倒して優勝した チームとして有名です!内容はBPM速めのエレクトロサウンドに加え1つ前に紹介したアーティストBreak Machineのもう1つのヒット曲Street Danceを思いっきりサンプリングしてます!ダンサーが作るトラックですから踊るにはもってこいの内容です!

小林 完吾 / 19

前回の曲紹介も最後は日本人でしたが今回も日本人で絞めたいと思います。小林 完吾??なんて聞いても今の子達は誰??って感じだと思います。また小林 完吾を知ってる人は何で????となっているでしょう。笑 小林 完吾さんとはアナウンサー、ニュースキャスターで歌手ではありません。この曲は元々Paul Hardcastleというアーティストがベトナム戦争をテーマにし た19という曲をリリースしており、その日本語版カバーがコレ!歌というより語り!という内容なのでアナウンサーにはピッタリな曲なんです。その他色んな国のバージョンがリリースされおりますが日本人なら当然コレで しょう!原曲とも合わせて是非チェックしてください!