Stig of the dump / planet hollywod

Author :

line@友達登録

iTunes

DANCE@LIVE SEASON7 HIPHOP KANTO Vol.2 oSaam VS CanDoo の2曲目で使用。世界的なMC BATTLEでも実績を残すStig of the dump の2010年リリース曲。アングラ感漂うエレクトリックなトラック上でキープされる両者のGroove、高いレスポンス力は圧巻です。

Recomend New Blast

iTunes
Audiocrip / Bidness

コンプトン出身のビートメーカーAudiocrip。アフリカやブラジルの民族音楽的な要素を、独特のサンプリングセンスで再構築した彼の音楽はまさにエクスペリメンタル。

iTunes
Mochipet / Vnecks (Darko Remix)

自らもDALY CITY RECORSを運営し、ジャンルレスな作品群で、クロスオーヴァーに支持を集めるMochipet。本タイトルは意外?にも90年の名作、Special Ed /Come on ,Let's move It ネタ。

Oddissee / Aaw Yeah

Jazzy Jeff、Talib Kweli、J-liVE等、Hip Hopのレジェンド達ともワークスをこなす一方、Kev Brown、Ken StarrらとワシントンのMC集団、Low budgetを構成。本タイトルは2006年リリースのインストゥルメンタル。

iTunes
Ras G / Sign Me Up

Flying Lotus、Gaslamp Killerらで構成される、Brain Feederに属し、LAビートシーンの中でも、一際強烈な個性を放つ、Ras G。MPCを駆使したLiveもYou Tube等でチェックできます。

Fulgeance / Lonely Night

フランスのビートメーカー『フルジャンス』Hip Hop Golden Eraの匂いを傾倒しつつも、柔軟な価値観で進化を続けるヨーロッパのニュービートシーンの雄。

Tonex / Aint (619 Awarsds Dub)

幅広い音楽性で、いい意味でリスナーの期待を裏切り続けるトネイ。そのルーツは両親共に牧師ということもあり、ゴスペルに由来するものと思われる。紹介曲はインストゥルメンタルながら、途中の転調も含め、今尚その斬新さを失っていない。

Erick Sermon featuring Redman / Close the club

2003年リリースながらDef Squad名義のWhite盤、AV8からのシングルにしか収録されていない為、あまり認知度が高くないと思われるタイトルです。ここでは比較的入手しやすいインストゥルメンタルを紹介します。

iTunes
Fonzworth Bentley / Dont Speak

P.diddyのPVの中で傘を持つ執事役として多数出演していたことで有名?近年は自らもアーティストとして、KanyeWestのレーベルG.O.O.Dに迎えられ本タイトル同様、お洒落さんといった楽曲を多数輩出中。

iTunes
Nas / Nasty

数々の名曲を生み出してきた最強コンビ。Nas & Salaam Remi。今年中にリリース予定のニューアルバムに収録されるであろう本タイトル。
同アルバムにはRemi 以外にもSWizz Beatz、Reakwon、Odd Futureらも参加予定で期待値大です。