ミュージックレビュー
Author :

AyAy(Flow-FiRemix) / Goldlink

lol-エルオーエル-「 bye bye」single

iTunes

Chance The RapperしかりVic Mensaしかり、近頃の若者ラッパーはなにせトラック選びのセンスが◎。自身のサウンドを“Future Bounce”と称するヴァージニア出身21歳の彼もまた、チルアウト〜ハウス寄りのビートまでサラリと乗りこなす頭脳派。気になる制作陣は新進気鋭の面子がほとんどだが、LAの人気レーベルSoulectionのKaytranadaなんかも名を連ねていて、あぁ納得。デビュー作『The God Complex』は今年一番聴き込んでいるラップアルバムです。

Recomend New Blast

iTunes
Vivian Green / GetRight Back To MyBaby

ダンサーには馴染みの薄い人かもしれないが、2000年代前半よりフィリー・ソウル・ムーヴメントの一角として活動を続ける才女。珍しくアップテンポな新曲はMazefeat.FrankieBeverlyの問答無用の名曲“BeforeIletGo”まんま使いで超キャッチーに。プロデュースは80年代後期に“TheRhythm”でヒットを飛ばしたKwame。爽やかで分かりやすいし、朝方でのフロアーの反応もピカイチです。2年ぶり
5枚目のアルバム「V」は大手インディ・レーベルE1Musicより発売予定。GodComplex』は今年一番聴き込んでいるラップアルバムです。

iTunes
Kendrick Lamar / i

既に各所で話題沸騰中のビッグチューン。今更僕なんぞが紹介することには躊躇するが、先日公開されたビデオがこれまた素晴らしいので、やっぱり激プッシュ。上記のヴィヴィアン同様にTheIsleyBrothers“ThatLady”の大ネタ使いもトピックだが(ご本人もPVにカメオ出演)、それ以上に語られるべきはケンドリックのラップ。地元コンプトンのストリートの現状を歌いながら、説教臭く無くポジティ
ヴなメッセージに変えていく力強さに胸打たれます。ラスタファリアン教のポージングが施されたジャケットにも“INI精神”が表されていて、良い。

iTunes
BuffaloDaughter feat.坂本慎太郎 / Love & Food

結成20周年を経て更なる活動意欲を見せる信頼と安心の国産ロックバンド。今年発売になった新作『Konjac-tion』からのちょっとエッチな注目曲。ゲストボーカルとして参加した坂本慎太郎(ex.ゆらゆら帝国、ソロ作も最高!)のフロウは言わずもがな、艶かしさ200%。JamiePrincipleあたりがやってそうな、初期のシカゴハウスにも似たマッドな質感たっぷりの6分感。踊り狂って昇天してください。

iTunes
Sizzla feat.ErrolDunkley / Champion Sound

今夏ジャマイカで生ライブを拝めてからというもの、冷めやらぬシズラ熱。驚く程変わらぬリリース量をキープする彼だが、ニューアルバム『BornAKing』は、ここ数年でも最高の出来映えなのでは。オーストラリアを拠点とするMistaSavonaなる人が全面プロデュースを務め、シズラの幅広い表情を引き出している。中でも超重厚レゲエなこれがもう、堪らない。DubPhizixによるドラムンベースRemix
もリリースされているぞ。