【速報】「DANCE ALIVE HERO‘S FINAL 2018」結果!世界大会も発表


世界最大規模のストリートダンスバトルイベント「DANCE ALIVE HERO‘S FINAL 2018」が本日、両国国技館にて行われた。
今年は、招待制度の導入やLDHアーティストのゲストライブなど、例年にも増して豪華な内容となり、満員御礼で盛り上がりをみせた。
Dewsでもその結果をリアルタイム更新していたが、先ほどついに決勝戦が終わり、HIPHOP、HOUSE、BREAK、ALL STYLESの4STYLEと大学生3on3のRIZE、中学生以下のKIDS、全5部門の頂点が決定。
招待制度導入により、異色バトル続出となった今年のDANCE ALIVEで、見事頂点にたったダンサーはこちら。

KIDS : 優弥/YUYA(FORCE ELEMENTS)
RIZE : Style Syndicate(東洋大学)
HOUSE : PInO(ALMA / PINOCCHIO)
BREAK : Kaku(MORTAL COMBAT)
HIHOP : Yusei(KING OF SWAG/零/D-BLAST)
ALL STYLES : Soul(ILL Minded Stylez / SBK)

また同時開催された高校生ダンス部の頂点を決める全国大会「HIGH SCHOOL DANCE COMPETITION」決勝戦は、中部地区代表の桜丘高等学校Boogie the f@nkが優勝を飾った。

そして、ALL STYLESの決勝直前には、「DANCE ALIVE World Cup」が行われることが発表。
なんと8月3日にさいたまスーパーアリーナで行い、賞金は1000万円だという。
ダンスイベントとしては前代聞となった発表とカリスマカンタローの“世界一のダンスイベントをやりたい”という熱い言葉に自然と拍手があがった。
詳細は追って発表とのことだが、メジャーアーティストの参加と招待制度など新たな試みで例年以上の盛り上がりをみせた同イベントの今後が楽しみである。

この記事をシェアする