エミネムライブにドクター・ドレー登場

Category : 音楽 ,

DUP BANNER

エミネムが現地時間7月11日に英ロンドンのウェンブリー・スタジアムにてコンサートを開催。ウェンブリー・スタジアムでラッパーが単独公演を行うのは史上初めて。エミネムにとって、2001年以来のロンドン公演となる。

なんと同コンサートにて、ドクター・ドレーが出演。 ドレーは「The Next Episode」でステージに登場し、エミネムと共に約8万人のファンの前で「Still D.R.E.」「Nuthin’ But A ‘G’ Thang」「Forgot About Dre」を披露した。

【動画】エミネム、ウェンブリー公演 パフォーマンス映像

また8月7日(アメリカ時間)には、リアーナとの北米ジョイント・ツアーがスタートする予定。
2010年以来、4つの楽曲で息の合ったコラボレーションを披露しているリアーナとエミネム。
モンスター級のコラボパフォーマンスが、ステージでも見られるようだ


エミネム

eminem

1972年10月17日生まれ。本名マーシャル・”ブルーズ”・マザーズⅢ。12歳までカンザス・シティとデトロイトを母親と2、3ヶ月ごとに転々とし、友達もできず、トラブルの絶えない生活を送る。「唯一の安らぎがラップだった」というエミネムが繰り出すそのライムには幼少の頃からの環境/リアルな経験が刷り込まれ、結果的に過激に響くそのライムは類まれなる強烈な世界観を生み、全世界の若者達の熱狂的な支持を得ている。

ドクター・ドレー

Dr. Dre

ヒップホップ・ミュージックの分野で、最も影響力があり、最も成功し、最も有名なプロデューサーの一人である。
アルバム「2001」は、批評的にもセールス的にも成功した。特に「クロニック」は、発表から4年間、ヒップホップ・ミュージックの主流となり、今日まで影響を与え続けているウェスト・コーストのGファンクの起源として、ヒップホップに革命をもたらしたと云われている。近年は、ヘッドホンブランド「beats by dr.dre」を設立。