90’s バイブス全開!ブルーノ・マーズの最新MVをみると今すぐ踊りたくなる。

EXPG 春キャンペーン


ブルーノ・マーズ(Bruno Mars)が、カーディ・B(Cardi B)をフィーチャリングに迎えた「Finesse(Remix)」のミュージックビデオを公開した。
同楽曲は、一昨年にリリースされた通算3作目のアルバム『24K・マジック』の収録曲。
今回、人気女性ラッパーのカーディ・Bを迎えてニューバージョンとして公開したミュージックビデオでは、90年代を意識したファッションと演出にダンスが盛り込まれており、ダンサー、ダンスファンにはもちろん、ブラックミュージックファンにはたまらない作品となっている。

現在はApple Music, Spotify, iTunesなどでの購入可能。YouTubeではミュージック・ビデオが公開中。ミュージック・ビデオでは90年代前半のコメディ番組「In Living Color」へのオマージュが散りばめられており、ビデオの巻末では「Dedicated To In Living Color(In Living Colorに捧げる)」というテロップも。

「フィネス feat.カーディ・B」のダウンロード/ストリーミングはこちら
https://brunomarsjp.lnk.to/finesseremix

ブルーノ・マーズの3枚目となるアルバム『24K・マジック』は、昨年発表されたグラミー賞のノミネートにて主要3部門の「最優秀レコード賞」、「最優秀アルバム賞」、「最優秀楽曲賞」を含む6部門にノミネートされており、複数のグラミー賞受賞に期待がかかっている。第60回グラミー賞授賞式は2018年1月29日(月)にWOWOWより生中継が予定されている。

Bruno Marsについて

類い稀なる音楽的センスを持つシンガーソングライターとして活躍するブルーノ・マーズ。グラミー賞を27回ノミネートと5回の受賞を記録し、デビュー以来1800万枚のアルバム・セールスを記録、今世紀最も売れたアーティストの一人である。2017年に発売されたアルバム『24K・マジック』はダブル・プラチナムを受賞しビルボード社が発表するトップ200チャートでは44週間の間に渡りトップ10を記録している。アルバムタイトルにもなったヒットソング「24K・マジック」はRIAA社から4回のプラチナムに任命。トップに輝いた「ザッツ・ホワット・アイ・ライク」は6回のプラチナム賞を受賞しビルボードチャート1位に19週に渡り君臨、マーズが手掛けるシングルでトップ10にチャート・インした記念すべき7曲目となった。

ビルボード社のホット100チャートで2曲同時に24週以上トップを保持したアーティストは彼が史上初となる。2017年度に発売された全アルバムで2曲プラチナムを受賞するのも彼が最初のアーティストである。数多くの世界的ナンバー1曲を自分でプロデゥースするアーティストは彼を含め世界でわずかしかいないであろう。

7つのチャートで1位を獲得した彼は今世紀もっともナンバー1ヒットを持つ男性アーティストであり、ジャスティン・ビーバー、ドレイク、エミネム、ザ・ウィークエンドなどといったアーティストを抜いた1位を記録。アルバムリリース後に行われたワールドツアーのチケットは1日に1000万枚を売り切っている。ヒットシングル「ア
ップタウン・ファンク」は爆発的な人気を記録し、”Record of the Year”含む3賞のグラミーを受賞している。

Cardi Bについて

2017年度もっとも話題を呼んだ新人女性ラッパー、カーディ・Bは、最新シングル「Bartier Cardi」で21サベージをフィーチャーしている。今やヒット・チャートをトップする数多くの曲にフィーチャーしているカーディだが実は「Bartier Cardi」は彼女の人気を火をつけたデビュー曲「Bodak Yellow」に続く2曲目となる。彼女はデビュー後リリースした曲全てがチャート・インしており、これは伝説のバンド「ザ・ビートルズ」や「アシャンティ」に続く3人目となり、ラッパーとしては史上初となる。

トリプル・プラチナムを受賞している「Bodak Yellow」のストリーミングは今年驚異的に伸びており5週間連続でアメリカ1位を獲得。フィーチャリング無しで1位にチャート・インした女性ラッパーは1998年にリリースしたローリン・ヒルのシングル以来初となる。同曲はローリングストーン、ニューヨーク・タイムズ、ワシントン・ポスト、らなど大手メディアの「ベスト・オブ」リストにチャート・イン。フォーブス社が発表する今もっとも活躍している30歳以下のリストでもカーディの名前が上げられている。

ジミー・ファロン・ライブで行われた「Bodak Yellow」のライブ・パフォーマンスやMTVビデオミュージックアワードでのパフォーマンスやFader Summer Music、ローリングストーン、ニューヨークマガジン、そして今年売れた音楽を振り返るビルボード社の2017年号「イヤー・イン・ミュージック」などの表紙を飾る。

アメリカのBETヒップホップアワードでは9部門にもノミネートされ、”Single of the Year”や“Best News Hip Hop Artist”らなど5つの賞を獲得。奇抜なファッショ二スターとして知られている彼女はニューヨークで毎年行われているファッション・イベント「ニューヨーク・ファッション・ウィーク」でのライブ・パフォーマンスなどでも話題を呼んでいる。