「あなたは何人お客さんを呼べますか?」ダンサーISOPPのブログ “スキルがあっても稼げない理由” が話題

ブレイクダンス世界チャンピオンの経験を持ち、現在は、よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属し新喜劇の舞台やNHK「ストレッチマンV」 のオレンジ役としてレギュラー出演するなど幅広い活動をみせるダンサーISOPP。
先日、彼が自身のブログにて公開した「プロダンサーでやっていける? 〜スキルがあっても稼げない理由〜」というタイトルのブログが話題となっている。

同ブログでは、彼が25年に歩んできた彼の経験からダンスの経歴だけでは暮らしや収入は変わらなかった話や、なぜ稼げなかったなどをリアルに綴っている。

僕もISOPPという名を轟かせたくて
必死に大会に挑戦しました
そして自分で満足のいくような結果を残せました🌈

しかし

満足のいくような暮らしや収入は
追いついてきませんでした。
いつまでたってもお試し価格
いつまでたってもプロモーション   
いつまでたっても貧乏でした
僕は30歳を越えてようやく気がつきました
それは
これまで獲ってきたタイトルは自分との戦いに勝って満足しているだけで
誰の役にも立っていないよ!
という事でした 
引用 : https://isoppmen.com/articles/146

あなたは何人呼べますか?
売れ筋のアーティストがコンサートをやるときに
武道館が埋まったりします
ダンサー個人がイベントをやる時に
キャパ150人くらいの小箱を
1人で埋めることができたらたいしたもんです❗️
だけど実際は1人で10人も呼べる人がそういるでしょうか❓
もし呼べないのであれば
そのダンサーの社会的価値は
10人以下ということです
これが食えない原因です
確かにクリエイティブなことをしているでしょう
お金には変えられない素晴らしいことだと思います
僕もそう信じてやってきました
だけど 
どんなに信じて
どんなに希望を持って
どんな夢を持ってても
それを必要としてくれる人がいなかったら
社会的価値はない。その世界では
プロとして食って行くことはできない
という事です
引用 : https://isoppmen.com/articles/146

おそらくダンサーだけではなくアーティスト活動をする方にもタメになる内容となっているので、是非とも一読いただきたい。

プロダンサーでやっていける? 〜スキルがあっても稼げない理由〜
https://isoppmen.com/articles/146

ISOPP


日本で一番学校を訪問した2005年ブレイクダンス世界チャンピオン⭐︎ HIPHOPのあらゆる要素を体現するクリエイターでありながら ソニーミュージックよりメジャーデビュー、CD・DVDをリリース❗️ ユニクロポスターモデルや著書「完全燃焼」を出版。 よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属し、芸人として新喜劇に参加しながら、 現在、NHK「ストレッチマンV」 のオレンジ役としてレギュラー出演中🌈 近年、 難病手術を乗り越え自らの経験から繰り出される 「命のお話」が話題となり 全国の学校や企業からオファーを受ける。 講演家やプロデューサーとしての顔をあわせ持つなんともミステリアスな男

この記事をシェアする