ダンスニュース

「SNSじゃなくて直接伝えたい。」ダンサーKEITAが全国でワークショップをやる理由

Category : TOP ,

2000年から2011年まで日本のダンスシーン発展に大きく貢献したダンスチームBASE HEADSのキーマンとして活動し、メジャーシーンではMISIA、DREAMS COME TRUE、安室奈美恵など、数多くのトップアーティスト達のバックアップ&振付を手がけるダンサーKEITA。
以前もDewsではラッパー、アナーキーとのスペシャル対談をお届けしたが、そんな彼が単独で北は北海道、南は九州まで全30ヶ所以上のワークショップツアーを行うという。
ダンスシーンを長きに渡り盛り上げてきたダンサーKEITAが全国ワークショップを行う理由とは?
今回DewsではKEITAにインタビューを敢行。知られざる彼のダンスの原点に触れ、熱い考えや想いを語ってもらった。

始まりは底辺。ダンサーKEITAの原点とは


STAFF
まずはじめにKEITAさん自身についてお聞かせ下さい。
そもそもダンサーとしてのキャリアはどのようなスタートだったんですか?

KEITA
ダンサー界にピラミッドがあるとしたら、底辺中の底辺からのスタートでした。
元々はオヤジェンのRAHAさんのレッスンに通ってアシスタントなどをしていたのですが、20歳ぐらいの時、BOBBYさん率いるJ SOUL BROTHERSが初めて渋谷ハーレムでライヴをやるみたいなときがあって、RAHAさんから「お前、照明やれよ」といわれて照明を当ててました(笑)。

STAFF
えー照明!

KEITA
「タイミング違う!」とかって超怒られながら(笑)。
だからステージにすら上げてもらえなかったんです。

STAFF
そうなのですね。

KEITA
その当時、「青山ナイト」というイベントが全盛期の時代で、同期で既に活躍しているチームでいうとREAL SHITとか。
自分はRAHAさんのアシスタントはしてたけど、人脈もコネクションも全くなかった。だから最初にショーに出るのも、主催の会社宛てに「このイベントにこんな出たい」みたいな気持ちをFAXしました。
そしたらスゴイ大量のノルマで、オープニング一発目に出させてもらえました(笑)。
ノルマがすごいのでステージに上がるために借金までしてましたね。

STAFF
同世代で売れてる人がいる状態でそれは悔しいですよね。
そこから売れ始めたきっかけというか、ダンサーとして仕事が増えたのはどんなタイミングですか?

KEITA
少しづつスポットが当たってきたのかなと実感したのは、MISIAの2002年ツアーへの参加ですね。

STAFF
いきなり大抜擢ですね。MISIAのバックダンサーといえばダンサーの憧れでもあります。
どうやってそのメンバーになれたんですか?

KEITA
BASE HEADSにいた、RYOが当時REAL SHITのメンバーだったんですが、そこを抜けて、S.T.Oに入ったんです。
それからRYOとは挨拶をするくらいの関係だったんですが、STEZO(以下ステさん)さんが次のMISIAのシングルの振り付けを探していて「KEITAってやつはどう?」とRYOに相談したらしく、そこから話がきて、もちろん即答しました。

STAFF
すでに先輩方の目には止まっていたのかもしれないですね。
とはいえいきなりの大抜擢。プレッシャーも凄そうですね。

KEITA
そう、まだ22歳でしたが、ステさんをはじめ、U-GEさん、HyROSSIさんなどそうそうたるメンバーに振り付けをしなくてはいけなかったんです。
まだペーペーなので震えながら振り付けをしましたが、仕上がりはいい感じになって「じゃあツアーも行こう」と話が発展していきました。
[KEITAが振付師したMV]

STAFF
なるほど。
それでMISIAツアーダンサーになれたわけですね。
ステさんに真意は聞かなかったんですか?

KEITA
直接は話してないけど、それまでは「つつみ込むように」みたいな曲調がメインだったのが、打ち込み系の変則ビートも取り入れたタイミングが合って、当時自分たちのショーでミッシー・エリオット(Missy Elliott)とかそういった曲を使ってたからマッチしたんじゃないかなと思っています。

STAFF
自分で借金までしてショーケースでアプローチしていたのが身になったってことですよね。

KEITA
そうですね。
今だから言えますが当時は、借金が300万円ぐらいあったんです。
ノルマ払わなきゃいけないし、友達いないから、全部自腹切る。でもアメリカにも行って色んなものを吸収したいから、借金で行ってました。
結果どんどん膨らんでいってしまったんですよね。

STAFF
300万円!KEITAさんは昔から華やかなイメージしかなかったですが、かなりの苦労人だったのですね。
特にBASE HEADSは、雑誌でファッションアイコンとして常に取り上げられてきた印象が強いです。

KEITA
良くも悪くもファッションアイコンみたいな存在にもなって、それが先行しすぎちゃったところもありましたが、その時の流行と一緒に自分らも成長していくことができました。
そこから仕事を沢山頂けたし、1日に3人のアーティストを掛けもってやるくらい絶好調だったんです。
脚光も浴びるし、いい服も着るようになるし、色んなとこに知り合いも増えていくし、そこから勘違いが始まってすごい天狗になってしまった時期があったんですね。
踊ることが楽しいっていうよりは、踊らなきゃいけない状況が続いて疲れちゃってもいて。

STAFF
楽しいダンスから仕事のダンスになったわけですね。

KEITA
仕事のダンスが悪いわけじゃ全然ないんだけど、それが毎日継続して覆いかぶさるようになって本来の楽しむ時間がなくなってしまったんです。
そんなときに皆が練習してる深夜練にちょっと遊びに行ったんです。
そしたらそこで見た自分らの仲間がすごい楽しそうだった。
でも自分はここにいないんだなーって思って、ポツンとした感じになって、すごい大切なものを失った気になってしまいました。
なんか物質的なもので満たされてたけど、精神的なものを置いてかれちゃったなって思うようになって、そこでチームのありがたさとかを改めて知ることができたから、仲間に救われたなと今でも思っています。

STAFF
KEITAさんは仲間や繋がりを大切にするイメージが強いですがそういったエピソードがあったんですね。
現在は、何をメインで活動されているんですか?

KEITA
DREAMS COME TRUE(以下ドリカム)をバックアップするパフォーマーとして活動しながら、自分のダンスっていうものをショーケースやワークショップだったり色々な形で発信しています。
カリスマカンタローとかを見てるといい例なんだけど、ダンスっていうものから派生して、それを広げる作業っていうのは、スタジオで踊ってるだけではできないんですよね。
勉強しなきゃいけないし、色んな人と会って、何かを膨らます作業をしたり。
そういうのに自分も魅力を感じるし、今までは、ワークショップにしても自分の格好いい姿さえ見てもらえれば良くて、仕事としてできればよかったんです。
だけどそうじゃなくて、ある時から自分のやってきたことを人にしっかりと伝えたいと思うようになりました。
そう思った原因の一つとして、SNSが発達してTwitterでよく見るんですがダンサーが「こうあるべき」みたいなのをつぶやいてたりするじゃないですか?
ネガティブな表現の文章も多くて。それって少し違うかなとも思っているんです。

STAFF
確かに発信が容易いからこそネガティブも目立ちますよね。

全国ワークショップをやる理由


KEITA
ダンスも、「この曲を知らないんだったらヒップホップって言えない」とか、そういう持論をそこで表現するのがとっても嫌なんです。
それはダンスで伝えるべき。とはいってもダンスで伝えるってなかなか難しいじゃないですか?
だとしたら自分から出向いてワークショップの中で、自分の考えはこうなんだていうのをダンスと一緒に伝えたいなと。
それが去年からやってるワークショップの意味で、自分のテーマは温故知新というか古いものを調べて、それを新しく繋げるっていう作業がすべて先人たちへのリスペクトでもあるし、自分が先人になってもリスペクトとかもらえると思っています。
今の時代だからこそ、それをSNSじゃないところで伝えたいなって思います。
告知の方法としては、SNSとWEBっていうのはもちろんフル活用しますが(笑)。

STAFF
その考え方はとても素敵だと思います。
やっぱり押し付けがましい発言やネガティブ発言を沢山する人は、どこか満たされてないものがあるのかなーと下の世代に不安を与えてしまうと思うんです。

KEITA
そうですね。けど自分も世代が上になってきて、その気持ちはすごい分かるんです。
「なんでそんなんも分かんないの?」って気持ちは分かるけど、やっぱり「分かんらないもんは分からない、興味ないもんは興味ない」んです。
なので自然と歴史を知らないことが格好悪い、知ってる方が格好いいと思われるシーンになるように伝えていけばいいと思うんです。
例えば、Cウォークのステップをやっている人がいて、女の子が「CウォークのCて何か知ってる?」って言ったときに答えられなかったら「知らないの?超ダサいんだけど」みたいになれば、男たちはみんな勉強するし自然と学ぶようになる。

シーウォーク (C-Walk)
ロサンゼルスのギャング「Crips(クリップス)」が敵対ギャングに勝利した時に相手の血をつま先に付けリズムに合わせ「C」の文字を書いたのが始まりと言われている。

そういう風になっていくのが自然だし、格好よくっていうので自分らも始めたから、伝えるべきことは、格好よく伝えるというのが大切かなと思います。

STAFF
ワークショップの話がでてきましたがSNSでも告知されてましたね。
去年からやられてるんですか?

KEITA
はい。去年、全く同じ時期に20か所ぐらい行かせてもらいました。
ただ去年のワークショップが終わったときにただ格好いい振り付けを持っていくだけじゃ他と同じで、“伝える”ということはできていない。というの感じたんです。
やっぱり今の自分が他のダンサーと違うものって経験値だと思うんですね。
アイデアとか、体のつくりとか、体力とかそいうのはそんなに違わないか、もしかしたら年齢が上がれば上がるほど下がっていくもの。そこももちろん一個の柱としてはいいけど、それをメインじゃなくて、自分の経験を来てくれた人に落とし込みたいんですよね。
例えば、世界を見た人には世界のことが伝えられると思うし、自分が経験した以外のことは伝えられない。
自分が経験したことは何かっていうと、さっきのMISIAの話じゃないけど、22歳の時にプロとしてのキャリアをスタートして、現在39歳まで17年間、それをずっと継続してきた。
あんまりない例だと思うんですよね。
お店や会社もそうかもしれないけど、1年、2年、5年、10年、続けることで全然違った意味合いを持つじゃないですか。
それを継続していかない限り、生活するっていうことはできないわけで、夢を描いて夢の中で生きていくっていうことと夢を達成するっていうことは似て非なるものというか。
継続していくのには、何が必要だったかとか、どうしてきたかとか、沢山失敗したけど、そういうことって皆に落とし込めるんですよね。
踊りの部分ももちろん大切。だけど自分が築いてきた仲間とのことだったり、自分のテンションを継続することだったりとか、そういうことを全部ひっくるめた、いわばダンスライフのワークショップみたいなことになったらいいなっていうのを考えていて、今年はそういう風にダンサーへアプローチしたいと思っています。

STAFF
確かにそうですね。
もちろん仕事がなくなってしまった人もたくさんいるわけですもんね。

KEITA
きっと20代後半ぐらいになった時に、一番ぶつかる壁がそこだと思うんですよね。
自分より下の世代が出てきてもっとフレッシュで、ムーブメントをつくるやつ、自分たちが除外されるような、追われる立場になってから。
自身もs**t kingzやKING OF SWAGのような若手のカリスマが出てきたときにそれを感じたんです。
不安感とかにすごくかられると思うんだけど、不安感をネガティブな方向じゃなくて、ポジティブな方向に変える。
その経験値をいかに次の世代に受け継がせる、サイクルをつくるじゃないけど、そういうことの一つとして、成り立ったらいいなと思います。

STAFF
それがダンサークラスだとは思いますが、その他に、トライアルクラス・ドリカムクラスっていうのもあると聞きました。

KEITA
今回はじめて、普通の初級ていうのをもっとよりカジュアルに考えてくれないかなーと思ってトライアルクラスっていう名前にしてみました。
本来自分がやりたい初級っていうのは、ダンスのダウンを教えたいってわけでもないし、アイソレーションを教えたいわけでもないんです。

STAFF
というと?

KEITA
実はこれをやる前に、スポーツジムに潜入してクラスを受けてきたんです。

STAFF
え?スポーツジムのダンスレッスンってことですか?(笑)

KEITA
そうです。

ヒップヒップからズンバとか、リズムダンスとか、フィットネスとか色々あるじゃないですか?
インストラクターはダンスシーンでは普段見ない方がほとんどですが、毎回のクラスが40人とかすごい人が溢れてるんですね。
「なんでこの人たちはダンススタジオに来ないのかな」って考えたときに、目的が運動だからなんですよね。
正直な話、ダンスとは似て非なるものなんだけど、これってダンスじゃダメなのかなーみたいなことを思って、実際に体験してみたんです。
心拍数が120まで上がったら、5分間で70ぐらいまで落ちてとか、曲の速さとかもプログラムされてるから、このレッスン受けると何カロリー消費しますとか、フィットネスとしてはしっかりとプログラムができているんですね。
けどいざ受けてみたときの感覚的な運動量は普通にダンスレッスンを受けてるのとそこまで変わらなかったんですね。
「だったらカッコイイダンスでやったほうがいいじゃん。」と思ってこのクラスを考えました。

STAFF
確かに、フィットネスのリズムダンスと本来のストリートダンスは少し違いますよね。

KEITA
そう、パツパツの服を着てやっているイメージ。
けどもう時代的にもそこは割り切っちゃっていいんじゃないかなーって思います。
そしたら、ダンサーの活躍する場なんて今何倍にもなるんだし、もしかしたらちょっとしたイメージの違いで仕事を失ってることの方が多いのかもしれない。だったらイメージを変えればいいじゃん、と思ったんですよね。
それをトレーナーと一緒に考えて、プログラムとしてやっていってます。

STAFF
なるほど。作る側は大変ですが、フィットネス的なダンスの中に格好いいダンスが学べるのであればまた幅が広がりそうですね。
ドリカムワークショップはどのような内容ですか?

KEITA
北海道だけの超特別企画で最初から最後までドリカムの音源のみでやり尽くくすトライアルクラスになってるんです。
ドリカムは北海道出身ということもあり、「街おこし」プロジェクトとしてそこだけ特別なクラスを試みています。

STAFF
一般の方はより参加し易いですし、北海道の方は地元のスターの曲で踊るのはテンションがあがりそうです。
では最後に一言お願いします。

KEITA
ワークショップっていうと、普段習えない人から、ダンスの振り付けを習ったりとか、そんなイメージがあると思うんですが、トライアルコースもダンサーコースももちろんそうなんですが、それ以外にダンスの在り方を実感してほしいなって思ってます。

ダンサーコースはコンテストとかバトルとか、ショービジネスとかいろんなパターンがあると思うんだけど、ダンスでサバイバルする、成功し続けるのに必要なこと、ということもヒントに皆に感じてもらえたら嬉しいし、選曲する曲もそうだし、振り付けもそうだし、カルチャーというのも学んでほしいです。
あとは、その土地土地のアーティストの曲でつくっていこうかなと思っています。
全箇所でできるかはわからないですが、今はヒップホップが盛んだから、名古屋だったら名古屋のラッパー、大阪だったら大阪のラッパーがいるし、さきほどのドリカムクラスの話もそうですが、自分たちが今サバイバルしてる土地から出たスターの楽曲で踊るのって、めちゃくちゃヒップホップなんですよね。
自分が武道館の日本国旗の下で踊るっていうナショナリティーじゃないけど、そういうちょっとしたものってヒップホップの格好いい部分だなって思うんです。
そういうカルチャーとしてのヒップホップの在り方っていうのを少し落とし込みたいなって思います。スキルはもちろん、スタイルもそうですが、そうった部分もすごく大切に感じ取ってもらいたいです。
あと、ライブもよくディレクションしてるから、本当に色んな才能を見たくて。
一回インスタで、我こそはと思う人は何でもいいから動画送ってくれって募集したことがあったんですが、色んな動画が送られてきたんです。
ダンスはもちろんなんだけど、「僕動画編集してるんです」っていうやつとか。本当に色んな才能と会いたいし、活躍する場をどんどん設けていきたいから、我こそはと思う人は作品持参とかでも来てほしいなーって思います。

STAFF
かつてKEITAさんがステさんからいきなり振り付けの仕事をもらったようなドラマがそこで起きるかもしれないですね。

KEITA
最高だったら即使います!

STAFF
夢のあるワークショップですね。30箇所以上も大変だと思いますががんばってください!

KEITA
ありがとうございます。


ダンサーの方は自身のダンスライフ向上の為のヒントを掴みに、一般の方はフィットネス感覚でダンスを楽しみに足を運んでみてはいかがだろうか。
詳細は以下の通り。

KEITA DANCE WORKSHOP TOUR 2018


1. 3/29(木)大分 @オアシスリハーサル室
2. 3/30(金)熊本 @STUDIO BAILAS KUMAMOTO
3. 3/31(土)鹿児島 @鹿児島市民文化ホール 大練習室
4. 4/1(日)宮崎 @ART’NSOUL FACTORY
5. 4/2(月)帯広 @ART FACTORY
6. 4/4(水)札幌 @かでる27
7. 4/5(木)羽幌 @サンセットプラザホテル
8. 4/6(金)室蘭 @サン・ライフ室蘭
9. 4/7(土)苫小牧 @NOSTYLE
10. 4/8(日)長万部 @あつまんべ
11. 4/14(土)広島(福山) @モンカツダンススクール
12. 4/15(日)岡山(倉敷) @グラマラスステージ
13. 4/21(土)新潟 @T-ROOP DANCE COMPANY STUDIO
14. 4/22(日)新潟(長岡)@長岡市中之島体育館 多目的ホール
15. 4/28(土)栃木(宇都宮) @石井ダンス教室
16. 4/29(日)福島(郡山) @フィットネスクラブ金太郎
17. 4/30(月)宮城(仙台) @studio Hi-hat
18. 5/12(土)名古屋 @STUDIO KOOZA
19. 5/13(日)愛知 @アートダンスアカデミーDSK
20. 5/19(土)神戸 @studio iDey1号店
21. 5/20(日)大阪 @J FLAP DANCE STUDIO (ジェイフラップダンススタジオ)
22. 5/26(土)長崎 @R-project Dance Studio
23. 5/27(日)福岡 @FEEL STUDIO 天神校
24. 6/2(土)香川 @サンポートホール高松 第1リハーサル室
25. 6/3(日)高知 @ Dance Space FUN”K”
26. 6/10(日)福井 @NEW WAVE DANCE STUDIO .
27. 6/10(日)京都 @B-TRIBE(チョコレートホール)
28. 6/16(土)愛媛 @Do-c.DANCE CLASS(アミカル常盤ビル 2F)
29. 6/17(日)徳島 @BOUND BOX
30. 7/7(土)大阪 @HIRO DANCE COMPANY
31. 7/8(日)滋賀 @GROW DANCE STUDIO
32. 7/15(日)岡山@スタジオバース 問屋町スタジオ
33. 7/22(日)長野 @Studio Xmotion
and more…

KEITAの全国ワークショップについては動画でも説明しているのでそちらもチェック!

KEITA プロフィール


2000年から2011年まで日本のダンスシーンを変えたと言われるモンスターチームのBASE HEADSのキーマンとして活動。
2011年より参加しているDREAMS COME TRUEのパフォーマーとして結成されたAKS(現在はS+AKS)のメンバーとして活動しつつけ、コンサート、ライブ、TVのみならず、全国へのワークショップや海外でのジャッジ等幅広く活動している。
メジャーシーンではMISIA、MINMI、BoA、DREAMS COME TRUE、安室奈美恵、SUITE CHIC、倖田來未、Crystal Kay、平井堅、MICHICO、May-J、MEILIN、JYONGRI、SUGER、Zeebra、DABO、般若、ANARCHY、W-inds、Sowelu、SHOKICHI from EXILE、SMAP、黒木メイサ、上戸彩等、数多くのトップアーティストのTOUR、PV、TV、LIVEのバックアップダンサー&振付を手掛ける。
また、「411」「Olie」「Woofin’」「woofin’ girl」「movemente」「DANCE STYLE」「DDD」等、多数のファッション・ダンス雑誌でモデルを務めている。

[ LIVE / TOUR ]
■MISIA
-「TOUR OF MISIA TOUR 2003」出演
■BoA
-「1ST LIVE TOUR 2003」出演
■SUITE CHIC
-「MTV ASAHI SUPER DRY LIVE 2003」出演
-「MTV ASIA AID 2003」出演
■安室奈美恵
-「FC TOUR 04」主演
■MICHICO
-「VOICE OF LOVE TOUR」出演
■倖田 來未
-「TV ASAHI ひな祭り LIVE 2004」出演
■DREAMS COME TRUE
-「DIAMOND 15 TOUR」出演
-「ROCK KIDS LIVE」 出演
-「MTV ASAHI SUPER DRY LIVE 2005」出演
-「THE LOVE ROCKS TOUR」振付&出演
-「WONDERLAND 2007」振付&出演
-「WINTER FANTASIA 2008 TOUR」振付
-「20th Anniversary ~DO YOU DREAMS COME TRUE?」振付&出演
-「WINTER FANTASIA 2009 TOUR」振付&出演
-「ドリ×ポカリ 30TH TOUR」振付&出演
-「WINTER FANTASIA 2009 TOUR」振付&出演
-「ドリ×ポカリ全国Tour 2010」振付&出演
-「WINTER FANTASIA 全国Tour 2010」振付&出演
-「WONDERLAND 2011」振付&出演
-「25th Anniversary Tour 2014」振付&出演
-「WONDERLAND 2015」振付&出演
-「裏ドリワンダーランド2016」振付&出演
-「THE DREAM QUEST 2017-2018」振付&出演
その他多数
■Crystal Kay
-「J-WAVE LIVE 2005」出演
-「10th Anniversary TOUR」振付
-「a-nation2015」出演
-「LIVE TOUR2016 -Shine-」出演
その他多数
■平井堅
-「KEN HIRAI 10TH ANNIVERSARY TOUR」出演
-「FAKIN’ POP TOUR」出演
■上戸彩
-「TOUR 2005」振付
■Sowelu
-「NO LIMIT(REMIX)」LIVE 振付
■V6
-「MAGUMA(REMIX)」LIVE 振付
■W-inds
-「1 or 8」LIVE 振付
■W-inds
-「CRAZY FOR YOU」LIVE振付
■DABO
-「カンナバル2007」振付&出演
-「I’M THE BESTリリースパーティ」振付&出演
■Zeebra
-「SPRING GROOVE」振付&出演
-「X-TRAIL 2007」振付
-「20TH ANNIVERSARY 武道館LIVE」振付
■MEILIN
-「ドリーミュージックコンペLIVE」振付&出演
■SMAP
-「S,M,A,Pツアー2008」振付
■SHOKICHI from EXILE
-「札幌GIRLS COLLECTION2015」振付
-「a-nation2015」振付
-「SUMMER SONIC2015」振付
■ANARCHY LIVE -DANCE HOLIC2015- 総合演出、振付&出演
■般若LIVE-DANCE HOLIC2016- 総合演出、振付&出演
■昭和レコードLIVE-DANCE HOLIC2016- 総合演出、振付&出演

[ PV / MV / TV ]
■MISIA
-「BACK BLOCKS」MV 振付&出演
■MINMI
-「ANOTHER WORLD」MV 出演
■安室奈美恵
-「GIRL TALK」TV 出演
-「SPEED STAR」MV 出演
■平井堅
-「STYLE」TV 出演
■DREAMS COME TRUE
-「何度でも」TV 出演
-「JET!!」MV&TV 出演
-「PROUD OF YOU」TV 出演
-「大阪LOVERE」TV 出演
■MEILIN
-「イノセントガール」MV 出演
-「イノセントガール」TVバックダンス
■ JYONGRI
-「GETTING FUNKY!」MV 出演
■May-J
-「DO THA’ DO THA’」MV 振付&出演
■Crystal Kay
-「SHINNIN’」TV 出演
■黒木メイサ
-「SHOCK!!」MV / TV 出演
-「ARE YOU READY」MV 出演
■SHOKICHI from EXILE
-「BACK TO THE FUTURE」MV / TV 振付&出演
[ CM ]
■TOYOTA「bB」TVCM 出演
■a-nation ’04 プロモーションCM 出演

ダンスニュースメディアサイト Dewsでは、ダンサーの情報やダンス動画、インタビュー、イベント、オーディション情報などを毎日更新しています。