新たなスタートを切ったシンガー&ダンサーMeikの素顔に迫る!


ソロデビューしてわずか5ヶ月、17歳という若さにもかかわらず、自ら振付・構成を作り上げ、ワンマンライブを一年で三回も成功させたアーティストMeik。
ファンクと現代音楽を融合させたトラックに、十代の等身大の自分を表現するような歌詞。そしてスイッチが入り別人が憑依するかのような情熱的なライブパフォーマンスとハイスキルなダンスに注目が集まっている。
一方で、YouTube上でもクオリティの高い動画を更新し続け、パフォーマンス中とは全然違う愛らしいキャラクターのギャップに親近感を抱くファンも多いようだ。そんなMeikが、12月13日に人気楽曲のニューバージョン「恋するハート・ショット (Extended Single Version)」を配信リリースした。15日にはdance versionの映像も公開された。

2018年も大躍進の予感が漂う彼女に、Dewsがリリース記念インタビューを行った。

STAFF
YouTubeで事前に動画を拝見してきたのですが、かなりクオリティの高い動画で驚きました。今日は動画に載せていない話を聞ければと思います。
まずは知らない人のためにも自己紹介からお願いします。

Meik
高校2年生のシンガー&ダンサーのMeikです。よろしくお願いします。

STAFF
まだ高校生なんですね。
今回新曲が配信リリースされるとのことで、いろいろ新曲についてお伺いしてよろしいですか?

Meik
はい、「恋するハート・ショット (Extended Single Version)」という曲で、ちょっと長いタイトルなんですけど(笑)。
この曲はもともと7月26日に発売された「Make It Happen」というミニアルバムに収録されている楽曲です。恋するハート・ショットはファンの方たちにも人気の楽曲で、あらためてアレンジをつくってファンの皆さんに聞いていただきたいなと思って、12月13日に配信することになりました。

STAFF
事前にアルバムのダイジェストと解説動画も見てきたのですが、いい曲が多いというか、ディスコをテーマにした曲があったり、意外と渋いですよね(笑)。

Meik
そうです、ファンクな感じです。タイトルがまず「LOVE 〜愛はディスコ〜 feat. Shingo (APOTHEKE)」とか、最近の感じじゃないですよね(笑)。

STAFF
ディスコファンクな感じは、若い人だけでなく大人も楽しんで聴ける曲だなと感じたので、ファンの方もいろんな世代がいそうですね。

Meik
もともと私はキッズダンサー出身なので、ファンの方も同年代の女の子が多かったんですが、アルバムをリリースして、ディスコ世代など2世代で好きになってくださる方もいます。ファンの方の年齢層も広がった感じがします。

STAFF
新曲ということは新たに録音しなおしたということですよね。
何かこだわったことなどありましたか??

Meik
アレンジが加わったので、そのトラックに合わせてもう少しこういう歌い方にしようかな、と自分の中でいろいろ考えました。アルバムの時は勢いがあるというか、意志が強い歌い方をしてるんです。新曲はアレンジが冬にぴったりなキラキラした楽曲になってるので、優しい歌い方というか等身大の声色にしてみました。

STAFF
歌詞については何かこだわったところなどありますか?

Meik
この曲が私の気持ちを歌っているところがあるんです。去年、所属していたJ☆Dee’Zというグループから卒業するときに挫折が沢山あってどん底な時期があったんです。世界が白黒に見えて。だけど次第に、もっと自分はこうしたいな、もっともっと頑張っていきたい、自分で強く意思を持たないといけない、と考えるようにして。そういう内に秘めた意志を強く語っている曲です。白黒の世界に自分で色を付けていくイメージで、ライブでも気持ちがこもる一曲ですね。もっと頑張んなきゃ!みたいな。

STAFF
J☆Dee’Z卒業前に怪我で活動休止という話を聞いています、その時期のことでしょうか?今は大丈夫ですか?

Meik
大丈夫です、治りました(笑)。肋骨を骨折?してたみたいで。その時は息もできなくなって、人生で初めて救急車に乗りました!
実は中学1年生から静岡から上京して寮のようなところで一人暮らしをしていました。去年、いろいろあってグループを卒業することになって、やることがなくなってしまったときにこのまま地元に何もなく帰るのはすごく嫌だな、やっぱり私は歌って踊ってステージに立つ人でいたいなと思って、卒業後、昔お世話になっていたプロデューサーの方に泣きながら電話をして、もう一度見てください!とお願いした1本の電話から(その後の活動に)つながりました。

STAFF
そこからここまですごいスピード感ですよね。1年でワンマンライブを3本もされたんですよね?

Meik
ソロ活動を始めて1年ちょっとなのですが、3月、7月、11月とワンマンライブを行いました。
3月は活動再開とソロとしての決意を見てもらう意味もありました。そして7月に再デビューして初のワンマン。そして先日の11月はさらなる進化を見て欲しかった。3月と7月は渋谷スターラウンジで、11月はshibuya eggman、ちょっと会場が広くなりました。元々グループの頃から応援してくださってる方に加えて、デビューミニアルバムで知ってくださったり、イベントやライブで観て好きになってくださったファンの方など、応援してくださる方が増えました。

STAFF
順調にステップアップされてるんですね。ファンの方の名称なんかもあるんですか?

Meik
ないんですよ!ファンの方と距離も縮まるのでつけたいなと思ってるんです。言われたことあるのは「メイカー」、Meik(メイク)なので。

STAFF
なるほど、語呂いいですよね。

Meik
あと自分のことを動物に例えるとゴリラだと思っているという話をしたら、ファンの方にゴリラキャラ扱いされて、なのでゴリラーというのもよいかなと考えています(笑)。ツイッターで名前に「@ごりらー」って名前つけたり、でも今後大きい舞台に立った時「ゴリラーのみんなー!」って叫ぶのは恥ずかしいので丁寧に考えたいと思っています。

STAFF
ライブ会場が動物園になっちゃいますね(笑)。

Meikの挫折

STAFF
ソロで約1年活動してみて手ごたえのようなものはどう感じていらっしゃいますか?

Meik
グループを卒業して挫折を味わって、そんな1年前の自分は、こうしてワンマンライブしてアルバムリリースして、というのを全く想像できませんでした。
そして今回配信リリースもできて、ありがたい環境で、すごく幸せだなと思ってます。挫折を味わった時にスタッフさんだったり友達だったり家族だったり、ファンの方だったり、改めて応援してくれて周りで支えてくださる人たちの支えが本当に大きいなと思えた、その人たちのためにもっともっと大きいステージに立ちたいなと思える1年でした。
私、歌って踊ってステージに立つことが昔から大好きだったので、去年の4月に怪我で休養して、応援してくださるファンの方に会えなかったりステージに立てないことの大きさをすごく味わって、改めて私は人前で歌って踊ることが好きなんだなと思ったし、ステージに立ちたいと強く思った時期だったんです。その時はつらくて毎日泣いてたんですけど、その期間は自分を強くした、今考えると人生で一番濃かった半年だったなと思います。

STAFF
その間も練習や研究はされたんですか?

Meik
してました!グループを休養中、ほかのメンバー3人でシングルをリリースした時に悔しくて、家でハモリを全パート覚えて、振付もミュージックビデオを見て覚えて、家で練習して、スタッフさんに覚えてきました!ってアピールしてました(笑)。

STAFF
努力家なんですね。来年どうなりたい、何をやりたい、というのはありますか?

Meik
この1年間、本当に濃い経験ができたんですけど、2018年はもっともっと濃い1年にしたいなと思います。
私の武器はライブパフォーマンスなので、ライブをもっとたくさんの方に見ていただきたいです。あくまで通過点での目標は武道館ライブをワンマンでやりたいです。
最終的には私の曲を聴いてくれる人やライブを見てくれる人が、少しでも元気になったりポジティブになったり…。その人の人生に少しでも関われるアーティストになりたいです。
ダンスを5歳から始めて、歌はそれに比べて最近はじめたばかりなので「歌」というものをもっと追及して、「魂」や「心」が伝わるアーティストと言われるように頑張りたいと思います。
元々自分の声が好きじゃなくて、初めてのレコーディングで自分の声を聴いてうそでしょ!?って泣きそうになったこともあるんですけど、そこを好きでいて下さるファンの方もいますし、ソロ活動を始めて改めて自分の声を武器にしていこうかなと思えました。

出発点はEXPG、あこがれはマイケルジャクソン。恋バナもするけどダンサーはライバル。

STAFF
いい発想の転換があったんですね。ダンスについてもいろいろと聞いていきたいんですが、ダンスを始めたきっかけなどはあったんですか?

Meik
元々静岡でお姉ちゃんがダンスを習っていて、それをマネしていたのがきっかけだったんですけど、親がお姉ちゃんよりセンスがあるな、とレッスンに通わせてくれて(笑)。小さい頃は音楽が流れると身体が動くタイプで、ベッドの上で(ライブの真似をして)お客さーん!ってやってるような元気な子でした。HIPHOPだったのですが、静岡時代のスクールのダンスの先生を見て一生懸命角度などマネしていたので、今でもそのダンスが抜けてない感じです!
その後小学2年生でEXPG特待生のオーディションを受けて、合格させていただいて、その年は2名だけ、しかも私は最年少合格だったそうです。小学3年生から通い始めました。

STAFF
すごいですね!特待生はかなりレベルが高いし倍率も高いと聞いています。

Meik
今は当時よりもダンスもレベルが上がってるし、今特待生になるのはさらに難しいのかなと思います。そしてEXILEさんのバックダンサーで東京ドームなどたくさんのステージを経験させていただいた中で、Meikちゃん!って客席から言ってくださる方がいました。そこからですね、私がバックダンサーじゃなくて、メインでステージに立つ人でありたい!と強く思ったのは。それまではダンス1本だったんですけど、そこから歌って踊り始めました。

STAFF
小さいころダンス以外で将来なりたいことなどはありました?

Meik
小さいころは「コンビニの店員さんになる!」とか、全然ダンスと関係ない(笑)!

一同
(爆笑)

Meik
最初はスクールの先生になりたいというのがあって、EXPGに入って、メインの人になりたい!と強く思いました。

STAFF
それから一途にアーティストになりたいという夢を追いかけてたんですね。当時や、今でもよいのですが、あこがれのアーティストや大好きな曲はありますか?

Meik
マイケルジャクソンです!マイケルもジャネットも、発表会などで音源を使うことが多くてその影響で音楽を好きになったというのがあります。小さい頃は浜崎あゆみさんのライブDVDをマネしていたこともありますが、私の原点はマイケルジャクソンですね。

STAFF
一番影響を受けた曲はありますか?

Meik
マイケルジャクソンの「BAD」って曲なんですけど、ミュージックビデオの子供バージョンが好きで、私もやりたい!ってマイケルと同じ革のジャケットを着て、「ママ見てー!」って、毎晩毎晩リビングでステージが繰り広げられてました(笑)。私、コメント書いたり皆の顔覚えたり、ファンの方と距離が近いって言われるのですが、ライブの時だけは、手の届かない遠い存在でありたいなというのがあるんです。この間アリアナ・グランデさんのライブに行かせてもらったんですが、ライブ始まる10分前からモニターでカウントダウンを始めて、凄いじらし方なんですが、それでも皆が楽しみにして待つくらいすごい人でした。そして、マイケルジャクソンはライブが始まって歌いだす前に失神者が出るくらいすごい方なのでそれに近づけたらいいなと本気で思ってます。私も10分くらい止まってたらいいのかなって(笑)。

一同
(爆笑)

STAFF
マイケルと言えばMVでもよくマイケルポーズをとられてましたね。MVと言えば、サポートダンサーも仲が良いようですが、エピソードなどありますか?

Meik
私と同い年の子や少し上の子達にサポートダンサーで入ってもらってます。ダンス・スタイル・キッズ(現DANSTREET)という雑誌でモデルをしていたんですが、そのころからのモデル仲間でダンサーの友達、EXPG時代の仲間もライブに出てくれました。EXPGの子は久しぶりに再会してライブに出てもらったんですが、EXILEさんのMVやライブに出ていた時の振付を覚えているか、曲を流して競いあっていました(笑)。意外と覚えているもので、体が振付を覚えてて動くんですよね!!それから名古屋でお仕事させていただいたときは、翌日朝からライブなのに夜な夜な恋バナしたり!でも、ダンスはそれぞれレベル高いメンバーが集まってます。ダンスがうまいだけじゃなくて、お客さんを盛り上げようとする気持ちや内からあふれるパワーがあって、私もライブでそれをすごく大事にしているので、バックアップしてくれるみんなが同じ気持ちでやってくれると私自身もすごく燃えるし、同時に感謝しかないです。

STAFF
青春ですね(笑)。ライバル心なんかは?

Meik
…ありますよ(笑)。
同年代でダンスやってるってなると負けたくないって気持ちはありますし、それぞれが内に秘めてるライバル心というのはあると思います(笑)。
でもそれが見えないくらい仲がいいです!デビューしてからダンサーと絡む機会がかなり減ったので、あらためてソロでデビューしてダンサーをつけることになって、私自身もっとダンス頑張らなきゃ!と思えるようになったし、それぞれレベルが高いのでかなり刺激がもらえます。ソロになってから全曲自分で振付をしているんですが、もともと振付も苦手で不安でした。「Let It Spin」から始まり、自分でこの曲をどう表現したいか、どういうことを伝えたいのかをじっくり考えてから飲み込んで振付に表してます。
私は自分の楽曲のバックトラックに対して重低音の出し方にこだわっていて、できるだけベースも打ち込みではなく生楽器で入れたり、重低音が大好きなので、そこがファンの人に伝わるように、ここにこんな音が入ってるんだよとか、グルーブ感がわかるような振付を意識してます。

STAFF
ずっとこのメンバーで、みたいなことも考えていたりするんでしょうか?

Meik
私自身心から爆発してパフォーマンスするというスタイルで、そこが分かり合えるメンバーなので、また機会があれば一緒に踊っていただきたいなと思ってます!

ラジオやYouTuber、ダンスやライブを離れた仕事も楽しい

STAFF
ラジオも冠番組を持たれてるんですよね?歌やダンス、ライブを離れて声だけの仕事、というのはいかがですか?

Meik
FM福岡さんで10月からスタートした番組なんですけど、もともと人前で話すのが苦手でした。グループにいたときも、MCではツッコミ入れるとかボケるくらいで、告知したり先頭を切って話すというタイプではなかったので、ソロを始めて最初はMCとかも本当に困りましたし、しゃべるのどうしよう!?という感じでした。去年の12月からYouTubeを始めて、試行錯誤してしゃべりがかなりできるようになってからのラジオでしたが、もちろん一発目はかなり緊張しました(笑)。
それまでもラジオ番組は楽曲のプロモーションでゲスト出演などさせていただいたりしてたんですが、1人で30分というのは初挑戦で、会話ができないというか、ぼけても誰も突っ込んでくれないし、最初困ってたんですけど、私らしさって何だろう?って考えて、自分らしく元気で明るく楽しいラジオ番組をつくれるよう頑張ってます。

STAFF
僕もラジオっ子だったので、YouTubeのラジオ収録の様子は興味深く拝見させていただきました。お話も上手ですし、再生したまま放置でだらだら聞けるあの感じが非常に良かったです。福岡以外にも地方でお仕事はされるんですか?

Meik
キッズダンサーの頃から呼んでいただくのは名古屋、大阪、福岡が多いです。あと地元静岡でもラジオに出演させていただいたりレコードショップをはじめ応援していただいてます。Meikちゃんのアルバムおいてあったんだけどー!って小学校からの友達が連絡くれたりとか嬉しかったですね。

STAFF
地元から出てきたときはどんな感じだったんですか?

Meik
考えれば一人暮らし初めてもうすぐ6年目になりますね(笑)。最初の頃はずっと泣いてましたね。1人が歌いだしたらみんなが歌いだすような明るい家庭だったので、ただいまって言っても誰も返事してくれなくて、最初はホームシックがひどかったですね。なので週に一回家族が東京に来てくれて一緒にご飯食べてくれてました。

STAFF
料理は自分で作るんですか??

Meik
しないですねー(笑)。でも実家に帰ったときはします!

STAFF
これは料理企画で一本動画作れそうですね。

Meik
料理焦がしたりしそうです(笑)。それから最近魚さばきたいんですよ!毎晩毎晩動画を見てるんですけど、魚をさばくYouTuberさんがいて、その動画を見て私もできるかもしれない!って、お母さんにいったら「生臭いからヤダ」って言われまして。そして私も食わず嫌いなものが多くて、魚のお刺身も苦手なんです(笑)。なのでスタッフがおいしくいただきました、ってテロップを入れてもらわないと!

STAFF
マイブームのようなものはありますか?

Meik
私の流行りは恋バナとYouTuberさんですね(笑)。幅広く見てて、美容系とか、破天荒な企画をされる方も見ますし、魚をさばくとか、釣りとか大食いとか。

STAFF
バッグの中から可愛い小物が出てくるのを期待してたのに、まさかのYouTuber(笑)。ホラー系なんかもみるんですか?

Meik
絶対見ないです(笑)。サムネイル見ただけで夜眠れなくなります、妄想が膨らんじゃって。

STAFF
意外と怖がりな一面もあるんですね(笑)。これは来年は肝試しを企画するのも面白そうですね。

Meik
絶対嫌です(笑)。

STAFF
YouTubeの動画はどうやって撮られるんですか??

Meik
カメラをセットして語ったり、マネージャーさんにカメラ持って追いかけてもらってつくってます。最近はライブもあってラジオの舞台裏やライブの舞台裏など語り系が多かったので、これからいろんな企画をやっていきたいんです。元々食べ歩き企画やメイク動画などもやっていたので、またプライベートを見せるものもやっていきたいですし、歌とかダンスとか、メイク動画もあげたいですね。ただ、私の原点はダンスで、私のダンスを見たいと言ってくださるファンの方も多いですし、ダンスの動画の再生数がやはり一番多いんです。なのでダンス動画もしっかりUPしていきたいです!

STAFF
最後に、これからアーティスト活動をしていく上でビジョンのようなものはありますか?

Meik
究極な話になってしまうんですけど、私の楽曲でその人の人生が変わった!じゃないですけど、その人の人生に影響が与えられるような人になりたいと思っています。音楽は聴いて感じるものだとおもうんですけど、私はライブパフォーマンスをみて、こんな風に変われたよ、学校辛いけど行けるようになったよ、と言われるようなアーティストになりたいです。同年代の方が多く聞いてくれてるので、学校がうまくいかない、友達関係がうまくいかないとかそれぞれ挫折があると思うんですけど、今回の恋するハートショットをはじめ、ひと押しできるような、その子の気持ちを歌ったような楽曲がたくさんあるので、実際に勇気をもらった、と言われると本当に嬉しいです。

STAFF
いつかライブでこれをやりたいというのがあれば教えてください。

Meik
EXILEさんのバックダンサーをやっていた時に見た、アリーナ席から2階3階に輝くペンライトの景色がすごく忘れられなくて。アンコールの曲で、みんなで口ずさみながらペンライト振る曲の時に、私は歌って踊れるメインで立つ人でありたいな、と強く思ったので、将来武道館に立てたとき、皆でやっと武道館にたどり着けたってファンのみんなと一緒に泣きたいですし、皆でペンライト、ガーっと持って、、、泣いちゃ~う!!でもその景色を見るために、もっともっと頑張んなきゃと思います!


リリース情報


2017.12.13
「恋するハートショット」-配信限定バージョン-
1) 恋するハート・ショット ( Extended Single Version )
2) 恋するハート・ショット ( Single Version )デビューミニアルバム「Make It Happen」より、「恋するハート・ショット」のリメイクバージョンが配信限定でリリース!

▼「恋するハートショット」情報
iTunes:https://itunes.apple.com/jp/album/koisuru-heart-shot-single/1324454260
Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、AWA その他、月額会員制の音楽配信サービスでも再生できます。Meikで検索!

Meik


高校2年生 (17 歳 ) / 静岡出身 / Singer / Dancer
【経歴】
2016.11.14 J☆Dee’Z卒業 / 元EXPG特待生
2013年にソニーレコーズより4人組ダンスボーカルグループJ☆Dee’Zのメンバーとしてメジャーデビューし、 2016年11月にグループを卒業。
キッズダンサー時代からHIP HOPダンサーとしての実力はトップレベルを誇り、数多くの雑誌やメディアでも取り上げられ、デビュー前から数多くのトップアーティストのMusic Videoにも出演していた。
7月26日にミニアルバム「Make It Happen」でソロデビューを果たし、デビュー後、注目度を増し続ける圧倒的ライブパフォーマンスで11月には、渋谷eggmanでワンマンライブを成功させる。

Official HP
http://Meik.tokyo/

SNS
Twitter:https://twitter.com/Meik_0817
instagram:https://www.instagram.com/Meik_0817

この記事をシェアする
WRITER