ダンスニュース

“自分の道、自分のやり方でのNo.1” を、森山未來が独特のダンスで表現

Category :

潤滑油製品の製造・販売を行うEMGルブリカンツ合同会社がダンサー・俳優として活躍する森山未來が出演する、エンジンオイルブランドMobil 1 ™のWebムービー「You are the 1.」を公開した。
約3分半の本Webムービーでは、舞台やドラマや映画など、あらゆる分野で他とは違う存在感を放つ印象の森山未來が、本Webムービーが届けるメッセージ“自分の道、自分のやり方でのNo.1”を体を張って表現している。
“車の化身”としてサーキットに佇む森山未來さんのシーンから始まり、アクセルを吹かすかの如くスタート地点で構える時の鋭い目、堂々とした表情、同時にスタートする猛スピードのレーシングカー2台を恐れることなく進み続ける様、力強く独特なダンスパフォーマンスなど、サーキットで見せるどれもが目が離せない内容となっている。
またダンス監修は米津玄師、YUKI、菅原小春、など、著名なタレント、ダンサー、シンガーにもダンス指導、振付を担当している辻本知彦が担当。この度コメントも到着した。

ただただ走るだけでも美しく、身体が強く骨格も綺麗で必ず目を引く、アクロバティックな動きもどんな振り付け
も踊ることができる。私が見てきた俳優の中で一番ダンスが上手い!!!森山未來さんが持っている俳優とし
ての表現力にダンスが備わり素晴らしいものになったと思います。映像を見るともう一度見たくなる魅力がありま
す。また撮影はアスファルトという厳しい状況の中で踊りながら進むフロアワークですが専門的な技術を持ってい
なければ確実に出来ない動きです。森山未來さんに振付師として関われたことが嬉しい限りです。

サーキット場でレーシングカーに抜かされながらもボロボロになって前へ進む森山未來さんの姿勢は、見応え十分。なかでも、本Webムービー内のダンスに、日本では珍しい、全身と地面を使った“フロアワーク”という特殊なダンステクニックが取り入れられている点も注目の意欲作である。

森山未來(もりやま みらい)


1984年、兵庫県出身。数々の舞台・映画・ドラマに出演する一方、近年ではダンス作品にも積
極的に参加。文化庁文化交流使として13年秋より1年間イスラエルに滞在、ヨーロッパ諸国にて活
動。 映画「怒り」にて第40回 日本アカデミー賞助演男優賞受賞。
第10回 日本ダンスフォーラム賞 2015受賞。

ダンス監修:辻本知彦(つじもと ともひこ)


18 歳でダンスを始め、さまざまなダンススタイルを学ぶ。ショーやミュージカルへの出演などを経て22 歳で
ニューヨークへダンス留学。帰国後は、ストリートダンスからジャズダンス、バレエ、コンテンポラリーダンスまでその圧
倒的な身体能力と存在感で、幅広い分野にわたり活動。ダンス界をリードする振付家の作品に多数出演。
土屋太鳳や中島裕翔など、著名なタレントにもダンス指導、振付を担当している。土屋太鳳、満島ひかり、吉
岡里帆、米津玄師、YUKI、菅原小春、高良健吾、中島裕翔など、著名なタレント、ダンサー、シンガーにも
ダンス指導、振付を担当している。

ダンスニュースメディアサイト Dewsでは、ダンサーの情報やダンス動画、インタビュー、イベント、オーディション情報などを毎日更新しています。