ダンスニュース

【メンズ編】ダンスをするなら目立ってナンボ!派手な髪型をご紹介!


練習を重ねて納得いくダンスに仕上げることが出来たと思っても、衣装合わせになるとなぜかしっくりこない…という経験はありませんか?それって、もしかしたら髪型のせいかも。

ダンス練習や衣装制作に追われ、どうしても髪型を考えるのは後回しになりがち。イベント当日になって慌てて編みこんだり、結局いつもの髪型になってしまったり…。それでは、気分が上がりませんよね。

そこで今回は、どこにいても注目の的になること間違いなしの”髪型”をご紹介します!メンズ向けとしてまとめましたが、もちろん男前女子にもおすすめですよ!
ダンスをするなら目立ってナンボ!テーマは「とにかく派手にいきましょう!」です。

ツイストパーマ

「ツイストパーマ」とは、”ツイスト=ねじる”という意味から分かるように、髪をねじりながら当てていくパーマです。ジリジリ、チリチリといったイメージに仕上がります。

かまさん(@kynyeee)がシェアした投稿

ツイストパーマはかなりボリュームが出るため、猫っ毛で、髪の量が少ない方におすすめです。

水で少し濡らして、ワックスをくしゅくしゅ揉み込めば、面倒な朝のスタイリングが完成!楽チンなのも助かりますね♪

ツイストのデメリットは、髪が傷みやすいことと少々値段が高いことです。それでも、ダンスをよりカッコよく見せてくれるであろうツイストパーマに挑戦する価値は十分あります!

スパイラルパーマ

「スパイラルパーマ」は、ロッドにぐるぐると髪を巻きつけていくパーマです。外国人風のクリンとした髪型になるので、可愛らしさが生まれます。

これくらいなら、コテで巻けば出来そう…と思った方もいると思います。しかし、コテで巻くのは結構時間がかかりますよね?
スパイラルパーマなら、水で濡らしてワックスを揉み込むだけで出来上がりです!しかも、毎日同じ納得の仕上がり。

カラーをハイトーンにすることで、より外国人らしく。

貴龍さん(@y0sh1tatsu)がシェアした投稿

草食系にも肉食系にも見せてくれるスパイラルパーマは、モテを狙うメンズダンサーにもおすすめ☆

ドレッドパーマ

「ドレッドパーマ」は、いわずもがなグリグリ、ジリジリしたパーマです。髪に無数の細かいカールやウェーブをかけ、チリチリになった毛を編み込んだ大変手間のかかったスタイルです。
街中でも、この髪型にしている人はほとんどいないため、とにかく目立ちたいなら挑戦あるのみ!

ドレッドパーマは、元々強いくせ毛の方や、天然パーマの方に適しています。

ドレッドのデメリットは、一度編んだ髪を元に戻すのはほぼ不可能だというところ。やめたい時は、髪を切るしかありません。目立つには、それなりの覚悟が必要ということなのですね…!

ドレッドパーマを当てるなら、まずはこれぐらいのソフトなドレッドから始めてみて!これなら、ドレッドパーマと違い、専用のシャンプーやリムーバーで元の髪型に戻すことができますよ。ほっ。

ブレイズ

「ブレイズ」とは、細かな三つ編みをたくさん作った髪型のことです。HYDEさんのロングヘアーのブレイズスタイル、お似合いでした!
似た髪形であるコーンロウとの違いは、コーンロウは頭皮に編み込みを加えるのに対し、ブレイズは毛束を編んでいくヘアスタイルだということです。

Ayanoさん(@aaanoosan)がシェアした投稿

サイドを刈り上げて、より個性的に!

いっそのこと、ビーズ付けちゃう♡

YUKKEさん(@yukkexstyle)がシェアした投稿

ブレイズは、ロングでもショートでもカッコよく決まる髪型なので、男女問わず挑戦できます!

バケットハット

カッコいい髪型をいくつかご紹介しましたが、学生のうちはここまでできないのが現状です…。それなら、「ハット」をかぶって目立つ方法を取り入れましょう!
オシャレや流行に敏感な君なら、「センスいいね!」がもらえるはず!

仲村 翔さん(@sho_0117_)がシェアした投稿

帽子なら古着屋さんでもゲットできるので、あまりお金をかけずとも目立つことができるでしょう。

ヘアバンド

帽子よりももっと手軽に”派手”を手に入れることができるのが「ヘアバンド」です。ヘアバンドなら、髪で表情が隠れることもありません。

PLUS+ SINさん(@plus_sin)がシェアした投稿

GauraSportsさん(@gaurasports)がシェアした投稿

スポーツ系のメーカーのヘアバンドは、使い勝手が良くてGood!

ダンサー人生で1度は挑戦したい髪型ばかり!

せっかくのダンサー人生。どうせなら、これらの派手な髪型に挑戦してみたくはありませんか?

ダンサーは、ダンスを通して自分の考えや想い、自分らしさを表現します。そして、今回取り上げた髪型を始め、服やメイクなどビジュアル面でも自分らしさを表現することはできます。

そのどちらをも味方に付けて、ダンス人生における自分の在り方を確立していきましょう!

1991年生まれ。東京にてタレント活動後、4歳から続けるダンスをベースにさまざまなショーに出演。 愛犬くるるをこよなく愛する新人ライターです!