ダンスニュース

【大阪府】ダンス部の強豪校はここだ!気になるコーチと指導方法まで


高校ダンス部の日本一を決める競技会、日本高校ダンス部選手権。毎年、その上位に君臨するのは大阪府の高校だとご存知でしょうか?
今回は、そんな大阪府のダンス部強豪校を5校ご紹介します!それぞれのダンス部のコーチと、指導方法にも注目してみてくださいね!

“日本高校ダンス部選手権とは”

日本高校ダンス部選手権は、2~12人で構成されたチームを「スモールクラス」、13人以上で構成されたチームを「ビッグクラス」と位置づけています。
1ステージ2~2分30秒の間で演技し、
・ビジュアル
・エンターテイメント
・テクニック
・音楽
・スペシャリティー
の5つの採点項目で評価されます。
※高校生としてのマナーやモラルに反した行動や発言に対して厳しく原点され、悪質と判断された場合には失格となるケースもあります。

登美丘高等学校

登美丘高等学校のダンス部は、“バブリーダンス”で一躍有名になりました。

荻野目洋子さんの「ダンシング・ヒーロー」に合わせて、高校生がキレキレのダンスを披露しているこの動画。実は、コーチであるakaneさんが撮影・編集を担当しているというから驚きです!

2015年、2016年と日本高校ダンス部選手権を2連覇した登美丘高校ダンス部。2017年の作品(バブリーダンス)では準優勝を飾り、大阪府の中でもかなり高いスキルを持った強豪校です。

ダンス部のコーチかつ振付師のakaneさんは、自身も同校の卒業生です。akaneさんが素人である高校生を指導するにあたり重視しているのは、「踊りを見てもらう以上、あなたたちはダンサーでプロだから。」という言葉からも分かるように、いち高校生の意識の向上です。
ダンス初心者も多く入部する登美丘高等学校のダンス部。同校が選手権の上位常連校であるのは、akaneさんの厳しくも愛のある指導の賜物なのでしょう。

【登美丘高等学校 ダンス部】
facebook:https://ja-jp.facebook.com/tomiokadanceclub/
twitter:https://twitter.com/tomiokadance

同志社香里高等学校

 
2017年、登美丘高校ダンス部を抑えて優勝した同志社香里高等学校ダンス部は、その名も知れたダンス部強豪校です。

同志社香里高等学校ダンス部は、ジャニーズWESTと「おーさか☆愛・EYE・哀」をコラボパフォーマンスした、メディア露出経験のある私立高校です。

中高一貫である同志社香里高等学校ダンス部は、なんと外部コーチをつけていないのだそうです。その理由は、上級生が下級生に指導するシステムを徹底しているから。コーチなしでここまで圧巻の演技に仕上げるなんて、まさにすごいの一言です!

【同志社香里高等学校】
facebook:https://www.facebook.com/doshishakori/

今宮高等学校

今宮高等学校ダンス部は、ミスダンスドリル(Miss Dance Drill)国際大会において見事4連覇を達成しています!

今宮高校ダンス部は、2016年の高校野球夏の甲子園を応援するCMに出演した経験があります。その振り付けを担当したのが、同校ダンス部の顧問、春名 秀子先生です。

「常に感謝の心を忘れず、繊細に逞しく在る」をスローガンに掲げる、伝統ある高校ダンス部です。

【今宮高等学校 ダンス部】
blog:https://www.osaka-c.ed.jp/blog/imamiya/dance/

堺西高等学校

堺西高等学校ダンス部は、女性らしい凛とした美しさを表現した、独創的な作品が多く見られます。

6年前から外部コーチを務めるのは、KOTONEさん。KOTONEさんが重視しているのは、「ダンスが好き」という気持ちです。大会で勝つことは自信に繋がりますし、もちろん実績にもなります。しかし、勝つために踊る、勝つ踊りに寄せるのでは意味がない。ダンスが好きで始めたのだから、ダンスを楽しまなくちゃ!そうKOTONEさんは語ります。

実は私、コーチのKOTONEさんと一緒に踊ったこともある仲なんです。唯一無二の振り付けを生み出し、チームを最大限キレイに見せる構成を考えるKOTOちゃんに、ダンサーとしても、指導者としてもリスペクトです!

twitter:https://twitter.com/sakainishi_hs

箕面高等学校

箕面高等学校ダンス部は、日本高校ダンス部選手権スモールクラスで2連覇を果たしています。

ポップとロックダンスを武器にした作品は、高校生だとは思えない迫力があります。

箕面高校ダンス部顧問、高木 克彰先生は、大学時代にダンスを学んだ経験を活かし、箕面校高校ダンス部の顧問に就任しました。それからというもの、同校ダンス部は瞬く間に全国大会の常連校に!高木先生の指導力の高さが伺えますね。

そして、高木先生は「高校生のうちは2兎でも3兎でも欲張りに追ってください!」という熱いハートの持ち主です!

【箕面高等学校 ダンス部】
blog:https://ameblo.jp/minohdancecrew/
twitter:https://twitter.com/mdc21st

大阪府の高校ダンス部は、かなりアツかった!

大阪府の高校ダンス部強豪校をご紹介しました。

今回ご紹介したのは、まだまだほんの一部です。大阪には、この他にいくつもの魅力的な高校ダンス部が存在します。

ダンス部というと、奇抜なファッションに派手なメイクといったイメージを持ちがちですが、実際はそのようなことはありません。強豪校の生徒ほど、充実した学校生活を贈っているのです。それは、素晴らしい顧問の先生やコーチ、先輩が学校生活ありきの部活動だと指導しているからなのでしょう。

ただダンスが上手く、大会に強いだけでは高校ダンス部の意味がありません。勉強も、係の仕事も、時間を上手くやりくりしてきっちりこなせるダンサーだけが、大きな大会のメダルを手にすることができるのです!

1991年生まれ。東京にてタレント活動後、4歳から続けるダンスをベースにさまざまなショーに出演。 愛犬くるるをこよなく愛する新人ライターです!