花粉症のダンサーに教えてあげたい。ストリートで踊るのに最適なマスク


花粉症の皆様、いかがお過ごしだろうか?
どんなに予防してもなかなかすっきりは解消されないこの季節。重度の方は、外に出るのが嫌になるくらい辛い思いをしていることだろう。
特にストリートダンサーは、外での練習も多いので、くしゃみが止まらなくて練習がはかどらないという方も少なくないはず。
ということで、今回はそんな外で踊るダンサーにオススメしたいアイテム「PITTA MASK(ピッタ・マスク)」を紹介!

PITTA MASK(ピッタ・マスク)とは?

スポンジにも使用されるポリウレタン素材に特殊加工をし、花粉99%カットフィルターでありながら通気性が高く、長時間着けても耳が痛くならない優しい着け心地、さらには3回洗ってもフィルター性能をキープできるという優れもの。

実際に編集部でも着用してみたが、これがめちゃくちゃ付けやすく快適。
ということで今回Dewsではダンサーにも実際に着用してこの快適さを体感していただきたく、ダンサーが出没する様々なスポットに足を運んでみた。

イベントに来ていたキッズダンサー

まずは、都内某所にてイベントに来ていたキッズダンサー達にマスクをご着用いただき感想を伺った。

息をしても吸いつかないので呼吸しやすいです。あと耳のところが柔らかくてつけ心地がいいです!

色が沢山あって可愛いです!

キッズはカラーバリエーションが豊富なので、商品を渡した時の反応もよく、嬉しそうに付けてくれた。
上記を含めピンクやグレーなど6色展開しているのでその日の気分で好きなマスクをチョイスするのもオススメ。

Photo By るふぃ from やどかり/梟

外で練習しているダンサー

最近はレンタルスタジオも増えてきたが、ストリートダンサーというだけあって、やはり外で練習をする方も多い。
ということでストリートで練習しているダンスチームを探してみると、偶然にも普段からPITTA MASKを使用しているというダンスチームに巡り会えた。
早速、都内某所へ向かうと練習しているチームを発見!!

すでにマスクを付けているこの個性的なダンスチームはTRIQSTAR。

TRIQSTAR

ロボット、スローモーション、ウェーブやムーンウォーク等を駆使した「アニメーションスタイル」と呼ばれる独特のダンスが持ち味。それぞれの経歴を活かし、メジャーシーンからアンダーグラウンド、海外に至るまで勢力的に活動中。2015年5月には、世界一のオーディション番組、アジアズゴットタレントにて全アジアの1000を超えるパフォーマーの中から日本人で唯一、審査員とオーディエンスによって決勝である最後の6組に選出され、爆発的な人気を博した。

まるでやらせかのようにマスクを着用している彼らだが、本当にリハーサルや移動などで日常から愛用しているとのこと。
今回の企画にピッタリの彼らにマスクについて聞いてみた。

RIHITO(リヒト)

着け心地が最高に良くて、紙だとリハーサルしてる際に息苦しくなるけど、それも全く無いし長時間付けてても耳も痛くならない!!
しかも、汗をかいても拭いて取れるし何回かなら洗って干して使えば再利用も出来るから最高!

チャーリー

スポンジ素材なので通気性抜群で呼吸がし易いし、柔らかいので耳が痛くならないので快適です!!
フィット感も良いので、踊りながらでも邪魔にならないし形もカッコいい!
そして何より、洗えばまた使えるので一石三鳥くらいですね☆

だーよし

とにかく耳が痛くならなくて息がしやすいです。
ダンスやお芝居など体を動かす人にも最適ですね。

しょたう

洗って使えるのでとっても便利ですよね。

実際に使用してみたらわかると思うがとにかく付け心地が抜群で、カラーバリエーションの多彩さと機能性は、まさしくダンサーにピッタリ。
是非ともオススメしたい一品なので、店頭などで見かけた際には一度手にとって見て欲しい。

PITTA MASK OFFICIAL WEB SITE
URL: http://www.arax.co.jp/pittamask/

ラストにはアー写風にカッコよくパシャリ!

photo by 飯野高拓(しぇーねー) from 梅棒

この記事をシェアする