ダンスニュース

“ふるぽん”こと古川雄輝がブレイクダンス!実は慶應のダンスサークル出身だった

Category : 芸能 ,

「Netflix」オリジナルドラマ版『僕だけがいない街』の主演なども務め、現在は映画「曇天に笑う」に出演している“ふるぽん”こと俳優の古川雄輝。
先日、彼がブレイクダンスを踊っているシーンの動画を「ブレイクダンスは大学のダンスサークル時代以来8年ぶりに踊りました。」というコメントと共に投稿した。

こちらは、同映画の公式ダンスPV『曇天ダンス~D.D~』の一部で、YouTubeで公開されているフルバージョンではこの他にもトップロックからフットワーク、ストマックからチェアまで、ブレイクダンスのワンムーブの流れを華麗に披露している。

“ふるぽん”は、慶應のダンスサークルRevolve出身だった!

慶應ボーイということでも有名な彼だが、投稿にもある通り学生時代はダンスサークルに所属していたという。
慶應義塾大学にはいくつかの有名サークルが存在し、数々のダンサーを生み出してきたことでも有名だが、彼が所属していたのはRevolveというダンスサークル。
現役時代は、サークルの代表まで務めていたとのことで、2010年の慶應義塾大学の文化祭「三田祭」でのパフォーマンスにも登場している。

慶應ダンスサークルはスターダンサーの宝庫!

慶應のダンスサークルはその他にもJADEというサークルから三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
の岩田剛典、Beat Buddy BoiToyotakaなどが出身ということも有名であり、Toyotakaとは慶応NY学院でクラスメートでダンス部もずっと同期とのこと。
その他にもダンスシーンで活躍する有名ダンサーを多数輩出しているスターダンサーの宝庫なのである。

曇天ダンスの振り付けはMIKIKOとYuki Furukawa

ここで公式ダンスPV『曇天ダンス~D.D~』の方に戻るが、同作品の全体の振り付けは、MIKIKO(ELEVENPLAY)とYuki Furukawa(HORIPRO)が担当。
ブレイクダンスシーン以外にも個性的な振り付けで見どころ満載のダンス映像となっているので是非ともチェック!

ダンスニュースメディアサイト Dewsでは、ダンサーの情報やダンス動画、インタビュー、イベント、オーディション情報などを毎日更新しています。