「HIGH SCHOOL DANCE COMPETITION FINAL」桜ヶ丘高校コーチにUCが突撃!DANCE ALIVE HERO’S 2018ハイライトレビュー


4月22日、数々のドラマを生み出し幕を閉じた日本最大級のダンスバトルイベント「DANCE ALIVE HERO’S 2018」。
今年もDewsでは東京、名古屋、九州を拠点に活躍するライターを派遣。それぞれの目線でダンサーに密着し、舞台の裏側も含め密着レポートを敢行した。
こちらでは、名古屋を拠点に活躍し、独自の世界観で個性を発揮し全国にその名を轟かせるdaftのメンバーUCが名古屋ダンサーに密着!舞台裏も含めたハイライトを振り返る!


どうもです。
名古屋で活動するUCです。

今年もDANCE ALIVE HERO’S内で『HIGH SCHOOL DANCE COMPETITION FINAL』が同時開催されましたが、
そこで見事優勝を飾り日本一となったのが、愛知の桜ヶ丘高校“Boogie the f@nk”!!


中部予選では私もJUDGEをさせていただいており、
自分たちが選んだチームが日本一に輝いたことは嬉しいことですね!

ということで、今回の優勝作品を手掛けた桜ヶ丘高校ダンス部指導者のG-TA氏を直撃!
彼は愛知のお隣静岡は浜松のHIPHOPシーンを長年牽引するダンサーであり、私も昔からお世話になっているHIPHOP仲間であり、大先輩。
そんな彼に優勝直後の喜びの一言をもらいました!
https://www.instagram.com/p/BiPGqPglNtv/
自分の手柄ではなく、頑張ってくれた部員と、パワーの源となる合言葉『トゥーフィー』のおかげと、謙虚に語ってくれたG-TA氏。
次に狙うは前人未踏のFINAL2連覇!!
桜ヶ丘高校ダンス部の新たな挑戦をまた楽しみにしております!



UC(daft / INDIAN CREW / Contrology circle )

2002年ダンスを始め、2003年にdaft結成。
当初より己の身勝手な感性を最優先させた偏屈な踊りは、数多くの否定・批判にさらされるが、その反動で土台の大切さにも気づくことができ、真摯な偏屈者となる。その後、長い年月をかけて培われた個性的かつ変態的なダンスを武器に、東海地区の主要バトル・コンテストタイトルを総なめにし、その後、全国・世界へと精力的に活動を拡げ、全国規模のタイトルも獲得するとともに、これまでに30を超える都道府県のシーンでGUEST出演を経ているレペゼン愛知の筆頭格ダンサー。

この記事をシェアする
WRITER