井上苑子のおにぎりの歌「SHAKE」。ダンサーSHINSUKEが振り付けを行うも本人の出番が一瞬過ぎる件


本日、ローソンのオフィシャルYouTubeアカウントから「井上苑子さんのおにぎりの歌「SHAKE」が公開された。
「SHAKE」は、これまでにアーティスト名が公開されておらずに先月末からローソン店内で放送されていた「新おにぎり屋」の公式テーマソングであり、MV公開とともに井上苑子が手がけたことが発表。
MVでは、ほんわかなメロディにのせて警察官やおにぎりのキャラクター、キッズダンサー達がおにぎりダンスを披露している。
そしてしばらくMVを観進めてみるとおにぎりにゆかりのあるとあるダンサーが一瞬だけ登場するのに気付いただろうか??
動画の約2分頃を御覧いただきたい。

見ていただいたダンスファンの方は気付いてくれた方も多いかと思うが、実はダンスヴォーカルグループBeat Buddy BoiのメンバーであるSHINSUKEがおにぎりの格好をして登場しているのである。

彼はメジャーデビュー前から遠足おにぎりマンというキャラクターを作り上げており、おにぎりの楽曲にはピッタリなダンサーである。

実は後ろで踊っているダンサーの振り付けも彼が行ったということだが、当の本人の登場シーンは超一瞬。
間奏部分で登場し謎のダンスがスローモーションで映し出されすぐに消え去ってしまう。
わざわざおにぎりの格好まで揃えたのに一体何がしたかったのだろうか。振り付けは可愛らしく曲にもマッチしてい素晴らしいが一瞬の登場の意味はいかなるものか。
その真相は謎だが、是非ともダンスにも注目しながらチェックいただきたい。

この記事をシェアする