2000年代に流行したダンスまとめ

Category : その他 , 流行り ,

全国青春ダンスカップ By GENERATIONS高校TV_シングル

海外の有名バイラルメディアサイト「BuzzFeed」にて”The Definitive Ranking Of The 20 Best Rap Dances From The 2000s” として2000年代に流行したダンス ベスト20という記事があったのでその中から厳選して、日本のクラブシーンにも広がりを見せたパーティダンスを年代別にまとめてみました。

2006年 Chicken Noodle Soup

シェイクのあとのブーム到来かに思えたこのダンスは、当時日本でも取り入れるチームも出てきましたが、ほんの一瞬のブームですぐに消沈しました。

2007年 Crank That

クラブでのサウスHIPHOPブームの火付け役的楽曲?この当時は、クラブに行けば必ずといっていいほどこの楽曲が流れ、ダンサーでない人も振りを覚え、みんなでこのダンスを踊っていた光景を思い出します。
同じサウスのノリでは、指パッチンさえできれば誰でも踊れるLil JonのSnap Yo Fingersや割と動き回ったり運動量が多いWALK IT OUTなども流行しましたね。

2011年 The Dougie

日本のダンスシーンでも、B.B.BやKING OF SWAGなどスタイルに関係せず多くのダンサーが取り入れる、動きとなりました。簡単そうに見えて意外と奥が深そうです。

2011年 The Jerk

日本でいち早く取り入れたのはD-BLAST。彼らのカリスマ性はすごく、当時リュックをしょいながらJerkを踊るダンサーが急増した覚えがあります。

2014年 Nae Nae

みんなで手を上げて横に揺れてまさにパーティダンスという感じですね。先日行なわれた、WDC 2014でもMajid & Franky Dee が途中にノリで踊っていました。
下の動画の5:00頃です。

アメリカでは常に、ダンスの新しいムーブメントが起こっているようで、
ごく最近では、「Twerk」や「Shmoney Dance」などみんながこぞってYoutubeやvineにアップしていますよね。
日本でいうと恐らく、「芸人さんの一発ギャグ」が流行って一般人がみんなやってるような感じなんだと思います。

キッズ達が内輪で遊び感覚で踊っていたダンスがYouTubeやアーティストのPVなどによって一般的に大流行するアメリカ。
一方の日本では「ようかい体操第一」がキッズの間で大流行中。ダンスが根付きつつある日本でも徐々にこういうムーブメントが起ってくるのでしょうか!?

参考
The Definitive Ranking Of The 20 Best Rap Dances From The 2000s