ノルマが60万円!?出演料よりノルマのほうが高い日本バレエ会の現状に驚愕の声

Category :

先日、公益社団法人 日本バレエ協会に掲載されていたオーディション内容の一部が拡散され話題となっているようだ。

@hawk_vさんのアカウントからツイートされた内容は、2018都民芸術フェスティバル参加予定「ライモンダ」の出演料(ギャラ)とノルマについての表。
ツイートにも書いてある通り、どの役も出演料がノルマの3倍近くあり、トータルで24,250,000円、公演が行われる会場の席数でわると約一万円のチケットだとしたらノルマだけで席がいっぱいになるというのである。
出演料よりノルマのほうが高いというのは、ストリートダンスシーンではまずありえないが、日本のバレエダンスシーンではよくあることなのだろうか?
これがもしよくあることだとしたら日本でバレエダンサーの厳しい現状が垣間見える。

そもそもノルマって悪いもの?

このツイートに関して、ノルマ自体を否定するものも多いのだがノルマ自体を否定してしまうと少し違うように思う。
ストリートダンスシーンでも発表会やナンバー、舞台公演などで課せられることもあり、ラッパー、役者、お笑い芸人でもよく聞く話。
演者は大変だが、イベントを安定して集客するための一つの手段であり、本来、ノルマがなくとも演者の人を呼ぶ意識が高ければ問題ないのだろうが、現にノルマがあるから演者が集客を積極的におこない、盛り上がっているイベントもたくさん目にする。

主要な役ほどノルマが多い

やっぱり気になるのは、ノルマ自体ではなく、その金額ともう一つは主要な役ほどノルマが多いという点だ。
一般的には、いい役をもらえれば、出演料もあがるというイメージだが、そうではなかった。その他のバレエ公演については知らないが、少なくとも日本バレエ協会が主催する一つの公演でそのようなシステムが設けられているというのは事実。

このツイートに対しての反応

このツイートは瞬く間に拡散され、様々な意見が飛び交っていた。

やっぱり海外ではありえないシステムらしい

ロシア国立バレエ・モスクワの団員として活躍するバレエダンサー西島 勇人さんが言うにはこのシステムは、外国のバレエ協会ではありえないとのこと。
どうやら日本だけがこのような状況に陥ってしまっているみたいだ。
世界のバレエ団のシステムについては[世界のバレエのシステムの違い]のブログで詳しく説明されており、ヨーロッパなどでは、ダンサーは公務員として扱われているらしい。
気になる方はぜひブログをチェックしてみよう。

このプチ炎上で記事内容が変更

現在は記事内容に少し変更があったようだ。

内容を変更し、それが明るみに出てしまうとイメージの低下に繋がってしまうこともあるが、今回の変更は一体どのような意図があったのだろうか。
ストリートダンスシーンでも、プロダンサーとは称するものの、実際はインストラクター業がメインであり、ショーケースだけで生計を立てているのは本当にごく一部。
今回はじめてバレエシーンの厳しい現状の片鱗をみたきがするが、実際に日本を拠点に活動するプロのバレエダンサーはどのように生活しているのだろうか?
もしこの記事を見てバレエダンサーとして現状を伝えたい方がいらっしゃったらDewsのお問合わせよりぜひご連絡を。
https://dews365.com/contact

関連リンク
http://www.j-b-a.or.jp/

COMMENT
みんなの声
  1. Dews (@Dews365) より:

    ノルマが60万円!?出演料よりノルマのほうが高い日本バレエ会の現状に驚愕の声 | ダンスの情報サイト Dews(デュース) https://t.co/hfZ9QF9IpJ

  2. ノルマが60万円!?出演料よりノルマのほうが高い日本バレエ会の現状に驚愕の声 https://t.co/DBQM1IhN3H < 演劇もダンスもバンドもノルマはあるんだよねー。またどうしても知り合いに売るなんてことになるからお客さんが固定される。根本的に裾野をひろげんとねー。。。