HJM(Preppy)にとっての挑戦とは? 「DANCE ALIVE HERO’S」新シーズン特集

Category :

全国青春ダンスカップ By GENERATIONS高校TV_シングル

先日、2017年4月に両国国技館で行われた決勝大会を機に名称を新たに再始動した「DANCE ALIVE HERO’S」。
イベント13年目となる2018シーズンからはルールを大幅に改正。新シーズンのキャッチコピー「栄光の勝ち、挑戦の価値」を掲げ、挑戦する人の背中を押し、次の扉を開いていきたいという想いを込めて予選がはじまっていく。
今回Dewsでは、4月に行われた決勝大会のファイナリストたちにそれぞれの「挑戦について」をテーマにインタビューを敢行。

ドープかつスキルフルなHIPHOPスタイルで見るものを圧倒させるHJM(Preppy)。
誰も知らなかった彼の隠されたFINALへの思いをDewsがインタビュー。

——-DANCE ALIVE HERO’Sを終えて印象に残ったことは?——-
娘が一生懸命に応援してくれたことは鮮明に覚えているんですけど、当日は本当に優勝したくて、自分のことでいっぱいいっぱいでした。いかに集中するかって感じで自分の世界に入っていたので、他に気を取られる余裕もなく、バトルも出番前しか見れなかったです。ただ、あのステージに立った全員にストーリーがあり、本気で戦ってるのは感じてたので、本当に全員にリスペクトしてました。あとは、僕自身もいろいろな人に支えられてステージに立てていることに感謝の気持ちでいっぱいでした。

——-HJMさんがこれから挑戦しようと考えている事ってありますか?——-
実はモダンバレエがダンスを始めるきっかけで、そのスタジオが山口県にあり、70周年のイベントに行ったのですが、先生は89歳で今回ソロも踊っていて、単純にすごいなと思いました。続けてきた年月はもちろんのことながら、89歳で舞台に立ち、これからも踊りますと言っていて、僕が当時通っていた時と遜色無くむしろそれ以上にすごみがあって、それに感動しました。僕は広島にいながら、山口でシーンを盛り上げる活動を自分なりにやっているので今後はそれを続けていきたいと思っています。もともと18歳まで山口県にいたので、自分自身がDANCE ALIVE HERO’Sをはじめとして、大きなイベントにも出たりして名前を色々な人に知ってもらえる機会も増えているので、僕も山口県のダンスシーンに貢献できればなって思っています。今後の挑戦は山口県のシーンの活性化、それと山口県で頑張っているダンサーが食べていけるようにしていくことです。

——-あなたにとって『挑戦とは?』——-
僕にとっての挑戦は「より人生を楽しむためのもの」です。僕は元々は運動神経は良かったんですけど、ダンスは人と比べて得意ではありませんでした。テレビなどで上手い子を見て、なんでこの子達はこんなに上手いんだろうと思っていました。でも僕はそこで諦めること無く「かっこよくなりたい」「こういう風に踊りたい」とかそういうイメージを、常に持ってやってきたから今に繋がっているんだと思います。そういう意味では挑戦って僕に取ってはすごく楽しいものです。高い目標があれば高いモチベーションを持てます。ただ僕は正直あんまり挑戦して一生懸命に頑張っている感覚や、目標に向かって一生懸命努力しているという感覚もないんです。すごい夢中になれていることはただただ楽しいです。楽しみながら続けてきたことが今の結果に繋がっているのかもしれません。

——-DANCE ALIVEに初めて挑戦しようとおもったきっかけは?——-
2011年の関東予選に初めて出て、POPのバトルはよく出てたんですけど、HIPHOPのバトルは出たことがなかったんです。EAST SIDE PARTYに出させていただく機会があって東京に行くことになり、たまたまDANCE ALIVEがあることを知りました。せっかくだから出てみようってなって、初めてでしたがBEST8までいけて、それをきっかけにHIPHOPも頑張ってみようかなってなりました。その時はHIPHOPで有名な人とか知らず、恐いもの知らずっていう状況で、それも含めてイケイケでしたね。

——-今と昔で変わったことはありますか?——-
今はHIPHOPを勉強してこういうのがかっこいいとか、自分の中のHIPHOPがあるんですけど、昔はとりあえず誰にどう思われても自分がかっこいいと思ってればいいやって思ってましたね。今はそういう意味とは違うんですが、変わらないことは、自分にも周りにも、みんなにかっこいいと思われたいなと思っています。

HJM(Preppy)
7歳からモダンバレエを始め、9歳からストリートダンスに転向。BE BOP CREW のPEET を師とし、現在P-FACTION、TWO-FANG、Preppyとして、広島、山口を中心に活動し、日本最高峰のダンスコンテストJAPAN DANCE DELIGHTの決勝大会にも出場経験有り。また全国のバトルで優秀な成績を収めており、ドープかつスキルフルで、硬派なヒップホップスタイル。

・JAPAN DANCE DELIGHT VOL.22 FINALIST
・DANCE@LIVE 2015 HIPHOP KANSAI CHARISMAX 優勝
・DANCE@LIVE 2017 HIPHOP KANSAI CHARISMAX 優勝