ダンサー「Mona Berntsen」インタビュー。KENTO MORIプレゼンツ「伊勢志摩ダンスサミット」に向けて

Category : その他 ,

DUP BANNER

2016年7月30日、31日の二日間、世界トップの海外スターダンサー達がKENTO MORIプロデュースのもと、伊勢志摩サミット開催地において、「伊勢志摩ダンスサミット」に参加。
本日はそのゲストダンサーに名を連ねるダンサー”モナ・バーントセン(Mona Berntsen)”さんにお話をお聞きした。

今回もKENTO MORI氏が直々に彼女の紹介をしてくれたのでお届けしよう。

モナはクリス ブラウンの専属ダンサーとして3年間を共にした僕の親愛なるシスターです。
ノルウェー出身で、ノルウェーを代表するダンサーとしてとても有名です。ジャスティン・ティンバーレイクのステージや、So You Think You Can Danceのノルウェーでの年間チャンピオンに輝いたりしているダンサーで、現在はジャスティン ビーバーの専属ダンサーをしています。
彼女にとって、日本でのレッスンはこれが初めてなので必ず体験するべきだと思います。
ロサンゼルスに行っても彼女は教えていないので、出会える貴重な機会になると思います。
本当に超オススメのダンサーです。

あのアリシア・キーズとステージ上でほぼ「二人っきり」。この動画だけで如何に彼女が信頼を置かれているかがわかる。

それでは本編をご覧ください。

こんにちは。本日は短い間ですがよろしくお願い致します。では早速、今までに日本にいらしたことはありますか?

去年お仕事で一回、二日間だけだったけど日本に行ったことがあるわ。色んな所を見て回ろうとトライしたけど少ししか時間が無くて。私は日本の友達と一緒に「リアルな日本」が体験したいと兼ねてより思っていたんだけど…。でもその時のそんな少ない時間の中で素晴らしい時間と素晴らしい人たちに会うことが出来たの。

そうですか。では次回来られた際はもっと沢山の時間が取れると良いですね。では、モナさんとケントさんはどの様に出会ったのですか?

ケントと初めて会ったのは私のLAでの最初のお仕事になるマイケルジャクソンの「Hollywood Tonight」のビデオ撮影の時ね。その翌年からはクリス・ブラウンのお仕事とツアーで数年同じ現場に居た。だから本当に近くで一緒に育ってきたの。一番近い友達だと思うし、家族のような存在よ。

なるほど。マーク・マーベラスさんの時もそうでしたが、今回は本当に皆さん同士、仲の良い方がいらっしゃるんですね。では、モナさんが気になる日本人のダンサーは居ますか?

何と言ってもケント・モリと仲宗根 梨乃ね!

ありがとうございます。やはり彼らはワールドワイドですね!では、あなたがダンサーとして人々に伝えたいものとは何なのでしょうか?

本当に私がダンスを通じて伝えたいことは、私の本当の姿、情熱と気持ちをシェアしたいだけなの。

ふーむ。踊っている動画を見せて頂いて、とてもエモーショナルな物を感じた理由がわかる気がします。ありがとうございます。では、今回のこのイベントに関してどの様に思いますか?

ロサンゼルスで出会って、人生の一部をシェアしあった国籍の違う友達と一緒にまた一箇所に集まり、日本のコミュニティーでもっと沢山の人と共有出来る。本当に素晴らしいイベントだと思うわ。

感慨深いですね。そんな皆さんが再会して話すお話自体が記事になりそうですね…では、イベントの参加者の方たちとはどの様なコミュニケーションを取りたいですか?また、最後になりますが、日本のダンサー、これを読んでいる方にメッセージをお願いします。

本当に日本語が喋れたら良かったのに…(笑)。だから万国共通の言葉でコミュニケーションが取れるように願っているわ。体を使って、ダンスと音楽で。それから、私からのメッセージは

「自分の身の回りの人達から可能な限り沢山の事を学びましょう。様々な先生から、あなたの隣に居る仲間から。人生を過ごしていく中での全ての経験をハートに詰め込むのよ。それをあなたのダンスを通じて輝かせるの。何が起きても自分に正直にね。」

ということかしら。

素晴らしいお言葉をありがとうございます。正に経験して、そう思っていないと出てこない言葉だと思います。直接コミュニケーションを取れる参加者の方たちが羨ましいです…本日はありがとうございました。

jblaze1
jblaze2

Mona Berntsen:オフィシャルInstagram

Photo:jblaze
Top Photo:Jennifer Johnson

イベントの詳しい内容や、前回のKENTO MORI氏のインタビューはこちらから。
また、伊勢志摩ダンスサミットへのお申し込みはこちらから。イベントまでもう間も無くなので、参加を考えている方は是非この機会に申し込んでみよう。
KENTO MORI独占インタビュー。7月30日、31日初開催「伊勢志摩ダンスサミット」に向けて