舞台総制作費120億円!?歌舞伎者が魅せる究極のダンスエンターテインメント「DOOODLIN’」

Category : イベント ,

DUP BANNER

WRECKING CREW ORCHESTRA ( レッキンクルー オーケストラ )の最新作、音がみえる驚愕の身体芸術「DOOODLIN’」のロングラン公演決定スペシャルインタビュー!リーダーのYOKOI氏に質問。ここでしか見れない貴重なインタビューをチェック!

「O」を1つ足して作った造語「DOOODLIN’」

STAFF
今日はよろしくお願いします。

YOKOI
よろしくお願い致します。何でも聞いてください(笑)。

STAFF
ありがとうございます。
早速ですが、まずWRECKING CREW ORCHESTRA(以下WCO )としての現在の活動などについて教えて頂けますでしょうか。

YOKOI
そうですね、舞台公演を中心に色んなことをやってます(笑)。
本当にいろいろやってますが、舞台公演としては6タイトルですね。再演しているタイトルもあるので公演回数はもっと多いです。2003年の初公演からあっという間に約12年経ちましたね。

STAFF
もう長いですね。いままで公演などの活動をされて環境など、変わったことなどありますか?

YOKOI
2S6A34112003年にWCOを結成してから約12年の中で大きく変化があったことと言えば、結婚して子供が産まれてからは変わったかな。今までは散々自分のペースで生きてきたものが、自分のペースではなくなるって事がものすごく大変だったけど、それでも今のように活動できてるっていうのは、嫁や子供といった家族のおかげです。家族の支えなくしてこの活動はできないですね。

STAFF
今回のDOOODLIN(ドゥードゥリン)の名称についてお聞きしたいのですが由来などありますか?

YOKOI
元々DOODLE(ドゥードゥル)は落書きという意味で、落書きをする、がDOODLING。今回のタイトルに、O(オー)が3つあるのは造語なんですね。普通はO(オー)2つなんですが、さらに落書きらしく遊び心を込めて、造語にしています。

「テクノロジーとのコラボレートは自分達の考えるダンスの”拡張表現”の形」

STAFF
英語で検索しても出てこなかったのは造語だったんですね。そんな今回の公演「DOOODLIN’」の見所などを教えて頂けますか。

YOKOI
今回は”子供時代”というのを1つコンセプトにしてるんですね。子供の頃ってものすごい自由だったでしょ?発想も無限やし想像力もすごいし、ルールなんてあってないようなもんだった。うちの娘もまだ子供なのでたまに言ってることが支離滅裂だったりするけど、それは本人なりにはちゃんと理屈があって辻褄が合ってるんだと思うんですね。子供の頃は誰にでもそう経験があったと思うんです。
例えば、猫の絵を描きたいと思って猫の耳から順に描いていくと、「あれ?思ってるカタチと違ってきたぞ?」となる。描きながら「耳が山に見えるから、じゃあここに雲を描いて、、、」となって、「ほら!お空の絵ができた」と(笑)隣で見ているほうは「猫とちゃうかったん?」とつっこみたくなるわけですが、子供の頃って誰でもそんな感じだったでしょ?
でもそれってすごい発想力なんですが、そういうものが大人になるにつれて少しづつ変わっていく。常識やモラルであったりまわりの環境であったりと、どんどんと自由な感性ががんじがらめに縛られてしまう。
そういうところを少しでも子供の頃の無限の発想力だったり、純粋にまっすぐに素直に物事を突き詰める気持ちだったりする部分を、今回の公演を観て思い出してもらいたい。自分も子供の頃「こうだったったなぁ」と感じてもらいつつ、現実を振り返りながら「自分ももう少し純粋に頑張れるかな?」とか感じてもらえるような舞台にしたいと思っています。
僕らのやっている”EL SQUAD(イーエルスクワッド)”って、ただの光るダンスパフォーマンスではなくて、テクノロジーとのコラボレートは自分達の考えるダンスの”拡張表現”の形なんですね。
例えば、踊っている最中に「分身したらおもろい」とか「ここで体が浮いたら?」「瞬間移動できたら?」などのイマジネーションを具現化したのがEL SQUADなんです。

今回の作品も全てそうで、子供の感覚で「これがこうなるとおもろいな」といった感覚を大切にして作ってる。
僕らのダンスを拡張する表現として「光るパフォーマンス」「プロジェクションマッピング」「舞台の仕掛け」を出したりして、おもしろさを追求してる作品なんです。プロジェクションマッピングも、前回公演のCOSMIC BEAT(コズミックビート)よりも何倍もスゴいと感じられる映像と舞台セットを用意したり、そこにはたくさんのギミックであったりとたくさんの仕掛けをしてある。
今回は音楽の部分もオリジナルで作ってる。ストリートダンスの世界って既存の曲を使って踊ることが基本の文化として定着してるけど、昔から自分達のために作られた音楽で踊りたいという気持ちはあった。でも、そういった本格的な音楽をつくりあげていく環境がなくて実現することができなかったけども、今回ソニーミュージックさんとやらせて頂いたことで、たくさんのクリエイターやミュージシャンの方と一緒に楽曲作りをやることができて、今回の舞台のほとんどがオリジナル楽曲になってます。
これは俺らにとってものすごく重要で。自分達の作品のための音楽をハイクオリティで創ることができるようになった。これは本当にスゴいことなんです。
今までもオリジナル楽曲はあったけれど、世の中に出回る程のクオリティの楽曲レベルまでもっていくことが難しかった。でも今回はそれが改善されて、間違いなくハイクオリティの楽曲に仕上がってる。
それに加えて、映像、舞台セット、衣裳といった全てのセクションにおいて、今までとは全くレベルの違うクオリティの舞台なので、ダンスを知らない人達も間違いなく楽しめる舞台作品であると思います。オリジナル楽曲を集めてアルバムとかも出したいなぁとも思いますね。ただ踊れる楽曲というだけではなく、本当に音楽として楽しめるものを作りたい。ダンサー心もくすぐるし、ダンスをしてない一般の人も聴いて楽しめるような音楽作りもこれからやっていきたいと思ってます。これだけ長い時間ダンスをやってきたということは、音楽と触れている時間もものすごく長いし、音楽に対しての想いやこだわりも勿論ある。WCOは色んなジャンルのダンサーの集まりだからこそ、それぞれが幅広い音楽に精通していて、それをお互いに共有しているからこそみんなの知識や感性もすごく磨かれている。そういう自分達が産み出す音楽って、すごく意味があると思うんですよ。だから音楽の部分も舞台を観にきてくれる人には注目して頂きたいですね。
「今までの何倍もすごい!」などと言ってますけど、総制作費でいったらもぉー120億円くらいかかってますからね(笑)。
まぁそれは嘘ですけど今までの舞台の5倍くらいの制作費はかかってると思いますね(笑)。観てくれたらわかります(笑)。

僕らが作る舞台作品ごとにそれぞれに違ったメッセージがあるですが、大切にしてる根本的な部分は1つなんです。WCOの舞台を見てお客さんに感じて欲しいことが「明日から頑張ろう」って気持ちになってもらおうという部分。WCOの舞台を純粋に見て感じることは色々あると思うけど、「かっこいい」「すごい」「感動した」など感じてくれて最終的には「明日から頑張ろう」という様な、観てくれてる人の“明日への活力”になるような舞台を目指しているので、そういったWCO節は変わらず新しいことにチャレンジした舞台になっています。

STAFF
今までより遥かに魅力が詰まっている舞台ですね。是非観にいかせていただきたいですね。ありがとうございます。ちなみに、YOKOIさんの子供の頃はどういう子でしたか?

YOKOI
このまんま(笑)。
なんにもかわってない(笑)。
自分の好きなことは徹底的にやるけど、興味のないことは何にもやらへん。
親にはすごい飽き性やって言われてたし、1つやっては辞めてまた違うことやってというふうに。。。確かに飽き性だったけど「これだ!」と決めたことをやってる時は、まわりが何も見えないくらい集中してた。

STAFF
昔、バスケットボールをやっていたとお聞きしたことがあるのですが、バスケットボールには真剣に打ち込んでおりましたか?

YOKOI
お、よくご存知で(笑)。
そういう意味でいうとバスケットボールは、本当に真剣打ち込めるものだったかな。
小学6年生から始めたけど「バスケットやる!」って思ったら「俺は絶対NBAの選手になる!」って決めてやっていた。
けれども、高校1年生の時に膝を壊してしまったんです。手術すると半年から1年間はリハビリしないとダメだということになって、その当時それだけの期間休むってことがすごく辛かったんですね。でも手術しないと痛みも抜けず、そのままだとどうしようもない状況で…。さらに、顧問の先生とあんまり折り合いがつかなかったということもあったりと、いろんな理由が重なってちょっとづつバスケット離れていった頃に、真剣にダンスに打ち込み始めたんです。

STAFF
そうだったんですね。手術するほど悪くなっていたんですね。では、そこからダンスを始めたのですか?

YOKOI
実際にダンスに触れたのはもっと若くて、小学2年生のとき。
漫画みたいな話ですけど、街の電気屋さんのテレビでマイケルジャクソンのスリラーのMVが偶然流れてたんですね。それを観て「なんじゃこりゃー!!」と、衝撃を受けました。
2S6A3402当時の子供だった僕にとってあれは怖い映像だったけど、怖いもの見たさで見てしまってね。でも、怖いんだけど「かっこよく踊ってる!」と、ちょっと不思議な感覚を受けて「何だこの世界は!?」と感じてそこからダンスに興味をもち始めていったかな?。
小学3年生の時には、当時のダンサー界の2大スターのであるブガルー・シュリンプとシャバドゥーなどが主人公を務めた「ブレイクダンス」という映画に出会いました。ブレイクダンス入門などの本もいっぱい出てて、第一次ブレイクダンスブームが日本にきた時期だった。当時はその本を持っている先輩に頼んで借りたりしていました。そしたら「貸したってもいいけど、返すときに本に書いてる技のどれかをできるようになってろよ」と言われて、家に帰って本を見ながら必死に練習してましたね(笑)。そして案の定返す時には「やってみろ!」って言われて、先輩の前で踊って見せたのを覚えてますね。
中学校に進学したらTVでダンス甲子園が始まりました。L.L BORTHERSに憧れて「絶対ダンス甲子園出てやる!」と思ってたけど、高校生のときに終わってしまったね(笑)。なので、バスケットしている間もダンス自体にはずっと興味はありましたね。
そんな流れもあって、本格的にダンスをろうと決意したんだと思う。

STAFF
今は怪我の支障はありませんか?

YOKOI
もちろんあります。僕は、膝のお皿が生まれつき両足欠けてるみたいで、膝に負担がかかってくるとそれが痛み出すんですね。本当は手術しないとダメなんだけど、ほったらかしでやってる(笑)。でも、当時の中学生や高校生の時の体育会系のクラブってものすごくスパルタにしごかれる時代だったから、膝への負担は半端なかったと思う。
それに比べたらダンスは自分のペースでやってたし、誰かコーチがいて無理に負担をかけるような指導をされることも無い。当時はダンススタジオも全然無かったこともあって、本当に自分達のペースでやってたから、そこまで酷くならずにすんだのかな?と思います。

STAFF
そうだったんですね。その後、手術はしてないんですね(笑)。
ちなみに、話かわりますが、現在のダンスシーンについて少しお聞きしますね。今ダンスボーカルユニットなど、幾つものグループが出てきてますが、活動について何か感じることなどありますか?

YOKOI
そうやね。やっぱりEXILEの存在がダンスという認知度をものスゴく上げたと思う。DA PUMPとかもそう。
その活動よってダンサーを目指したい人達が増えたと思うし、ダンサーを目指したい人達が増えることは俺らにとっても良い事だし、シーンにとっても良いことだと思う。EXILEに関してはボーカルとバックダンサーというカタチではなく、ダンサーもボーカルとあくまでも同じ立場でパフォーマーであるというスタンスをとっていることは、ダンスを目指す子供たちの夢になるしスゴく良いと思う。
彼ら自身がダンスや歌といった自分達のパフォーマンスをするだけではなく、番組をもったり俳優をやったりと本当に幅が広い。そうゆう活動スタイルは僕がずっとイメージをしていたことでもあるんです。
ダンサーが歌を歌うとかダンサーがお芝居をするであったりとか、マルチな才能をもっている人は実際に存在してしています。ダンサーであろうとマルチなエンターテイナーとして活躍するというのが夢だったんですね。
何故かというと、昔からミュージシャンがドラマに出たり、俳優が歌を歌ったり芸人がドラマに出たりしてますよね。そういうことは当たり前になっていたけれど、ダンサーにはそういった考え方がなく、ダンサーはどこまでいってもダンサーであり、ダンスにこだわればこだわる程そういう機会から離れたりしていた。
でも、ダンサーでも歌がうまい人もいれば芝居ができる人もいたりと、そういういろんなことができる人は絶対にいてるはずなんです。マルチな才能を持っている人達がたくさん存在することでダンサーの地位や認知度があがる。そういう部分でEXILEなどの活動はすごく良い機会を作っているのではないかと思います。
EXILEだったり他のダンスボーカルユニットだったりという人達が、現在幅広い現場で活躍できる土壌をつくってると思うから、そういった部分は応援していきたいなと思う。

”究極のダンスと最高のエンターテインメント性”

STAFF
ありがとうございます。シーンの拡大には欠かせない存在にもなってきてますね。少し、話が飛んでしまいましたが、戻しますね(笑)。
今回の公演「DOOODLIN’」にかける想いなどありましたらお教え頂けますか。

”WCOは歌舞伎者”

STAFF
記事をみてくれる人の中でも、知らない人などもいると思います。そこで、WCOを一言で表現するとすればどういう表現になりますかね?

YOKOI
どういう人達なんだろう(笑)。
これはその答えになっているのかわからないけど、夢というか日頃思ってることなんですが、ストリートダンスというものは、300年、400年と日本に続く文化であって欲しいと思うんです。2S6A3442例えば日本の歌舞伎って、いまは国が保護する日本が誇る文化といわれているけど、もともと歌舞伎は大衆演芸の中から始まったものですよね。バレエなどは王宮の中の文化として始まりもともと王族や国から評価され保護されていた文化だったりする背景がある。
歌舞伎はそうでなくて、自発的に大衆が楽しんで大衆の中で流行った。それがあまりにも影響力を持つようになって、いつしか国が守る文化へと成長してきたという唯一の芸能文化。そういう意味でいくと、ストリートダンスはまさに歌舞伎なんだと思うんです。元々はアメリカ発祥の文化だけど、日本のストリートダンスシーンって日本だけで育っている部分がすごくあって、これはもう立派な日本の文化であると思うんです。特にWCOのやってる活動はまさにそう。日本人が日本人としてやるダンスの最高峰を目指して、あくまでも誰もが楽しめるものとして活動してる。ストリートダンスは決して芸術的に敷居が高いわけではなく、誰でも楽しめる文化だと思うから、それをやり続けることでいつか歌舞伎のように日本が誇る文化へと成長して欲しいし、300年後、400年後へと、”これが日本のストリートダンスです”というものが出来上がる事が夢でもある。自分達の活動は、そのための1つとしてあると思います。
なので、一言で表現するなら、WCOは歌舞伎者ですね(笑)。

STAFF
ありがとうございます。歌舞伎者で良いですね。今後の展望は?

YOKOI
いまは「DOOODLIN’」にかけてるから、とにかくたくさんの人に「DOOODLIN’」を観て頂きたいというのが全てではあるけれど、WCOのコンセプトは「ストリートダンサーが今までやったことの無いことをやりたい」というのものなんですね。
だからこそ、大型の舞台セットを組んだ舞台をしたり、ダンサーがミュージシャンのようにダンスライブという形式の「M.O.A.L.I.V.E( モアライブ)」を企画して、生バンドをいれてお客さんと一緒にタオルをふったりするコンテツをつくったりしました。他にもストーリー性のある芝居要素の強い舞台として「daft-line」や「COSMIC BEAT」を創ったり、ダンサー史上初の全国ツアーやダンサーだけのDVDを発売したり。今までにやったことないことをずっとやり続けてきました。
最近であればEL SQUADのようなテクノロジーとの融合したパフォーマンスをやったりしているので、今後もさらにやってみたいクリエイティビティは幅広くまだまだあるし、もっともっと発信し続けたいという気持ちがある。というか、もうそれでしかない。
大きな会場でやりたいとか、ロングランで20回、30回公演をやりたいなど、そういう気持ちのもあるけど、そういう規模感の事ではないんです。
20回30回と公演できたら終わり?大きいところで公演できたら終わり?目標達成?以上、で、どうする?ってなる。
そういう結果って最終的に、「だからどうなるの?」と思ってしまう。
やっぱり自分達が「これを見て欲しい」とか「これを発信したい」とか「こういうことをやりたい」とか、そういうことでしかないと思う。その結果、その想いや活動から大きい会場になったり、たくさんの公演ができる状況が付いてくるんだと思う。どれだけ規模が大きくなろうが自分達自身が偉くなるわけじゃないから、自分達はただひたすらにやりたいことを突き詰めて、真摯に作品と向き合って観てくれる人達に提供する。それで元気になってもらいたいし、感動してもらいたい。それだけなんです。これからも、ただただそれをやり続けるだけです。

STAFF
では、最後になりますがこちらの記事を観てくれている方々へコメントをお願い致します。

YOKOI
ダンスをしてる人も、そうでない人もいると思いますが、
ダンスの舞台公演を観に行くということがあたりまえのように自分の生活に当たり前のようにあってくれれば嬉しいけど、実際にそう思う人はまだまだ少ないし浸透もしてないと思います。やっぱり舞台公演となると、結構腰が重くなる人もいると思います。でもディズニーランドへは、割と気軽に行くと思う。
それぐらいの気持ちで、自分達の舞台、「DOOODLIN’」は観にきて欲しいですね。
「DOOODLIN’」というアミューズメントパークに遊びにくる感覚で観にきてもらったら本当に楽しめると思います。みなさん、固く構えずにそういった気軽な感覚で観にきて頂ければ嬉しいです。

STAFF
ありがとうございます。「DOOODLIN’」楽しみですね。
また、これからも応援させて頂きます。今日は長時間ありがとうございます。

YOKOI
ありがとうございます。


アー写WCO

ーABOUT WRECKING CREW ORCHESTRAー
YOKOI、DOMINIQUE、HANAI、TAKE、SHOHEI、BON、SAWADA、U.U、の8人で構成される、
世界一ハイスキルなダンスアーティスト集団。
2003年結成。大阪に拠点を置き、日本のみならず世界を舞台に活躍している。
WRECKING CREW ORCHESTRAのパフォーマンスは、観るものすべてを虜にし、世界中のダンスシーンに影響を与え続ける。
その身体のみで表現するダンスは、年齢、性別、国境、言葉や文化の壁を物ともせず、ローカライズすることなく世界へ届く。
ストリートダンスをどこまでも純粋に突き詰め、ミュージカルやバックダンスといったカタチではなく、既存のカテゴリに捕われない新しいアートフォームとなり、究極のダンスエンターテインメントを創り出している。

オフィシャルWEB:http://wreckingcreworchestra.com/

DOOODLIN'メイン_A4_b音が見える!驚愕の身体芸術!「DOOODLIN’」
イタズラ描きの意味をもつ“Doodling”から生まれたこの造語は、誰もが心の中に持っている自由な遊び心を意味する。そんな遊び心の化身が「DOOODLIN’(ドゥードゥリン)」である。世界が認めたダンスパフォーマンスと“プロジェクションマッピング”や“光のダンス”といった最新テクノロジーを駆使した壮大なイタズラを仕掛ける。不規則に組み上げられたステージを変幻自在のパラレルワールドに変える彼らの最新作。セリフやナレーションといった言葉を一切使わない、直感的な幻想空間で勝負する「未来型ダンスエンターテインメント/DOOODLIN’」がレッキンクルーオーケストラ史上最大規模かつ、前人未到のスケールで2015年4月開幕!

特設WEBサイト:http://dooodlin.com/
※チケット購入についてもこちら。