GEN ROC(GOOD FOOT)にとっての挑戦とは?「DANCE ALIVE HERO’S」新シーズン特集。

Category :

先日、2017年4月に両国国技館で行われた決勝大会を機に、名称を新たに再始動した「DANCE ALIVE HERO’S」。
イベント13年目となる2018シーズンからはルールを大幅に改正。新シーズンのキャッチコピー「栄光の勝ち、挑戦の価値」を掲げ、挑戦する人の背中を押し、次の扉を開いていきたいという想いを込めて予選がはじまっていく。
今回Dewsでは、4月に行われた決勝大会のファイナリストたちにそれぞれの「挑戦について」をテーマにインタビューを敢行。

今回初となる両国国技館への切符を掴み、大健闘をみせ「1をとるか0をとるか」と語るGEN ROC(GOOD FOOT)。
KIDS時代から挑み続けた彼の”挑戦”とは!?

——-DANCE ALIVE HERO’Sを終えて印象に残ったことは?——-
両国国技館には初めて立ったんですけど、まずは舞台の大きさがすごいと感じました。あのDANCE ALIVE HERO’Sのファイナルしか味わえない独特の雰囲気や緊張感は癖になりますね。僕はもう一度、この舞台に上がりたいなと思っています。BREAKは毎年MAR SKIさんが回してると思うんですけど、間違いない音楽であの大きな舞台で踊れたことが良い経験になりました。

——-GEN ROCさんがこれから挑戦しようと考えている事ってありますか?——-
今年は両国国技館に立つということが目標だったんですけど、次は舞台に立つから勝つという目標に変えていきます。DANCE ALIVE HERO’S以外にはBC ONEなどの海外のバトルにもどんどんと挑戦してみようと思っています。

——-あなたにとって『挑戦とは?』——-
僕にとっての挑戦は「1をとるか0をとるか」それだけですね。単純に考えて、挑戦するのとしないのとではスタートラインにすら立っているかどうかも違うと思います。バトルに出る出ないということだけではなく、自分がどのスタートラインに立ち、どこへ向かうか、そして何よりもスタートラインに立ったら、進み続けるしかないと思っています。挑戦した人は、それですでに1であって、そこから10にでも100にでも10000にでもなるけど、挑戦しない人は0から抜け出せず「やろうかな、まだ早いかな」と迷い続ける時間がもったいないかなと思います。ゴールとかはないんですけど、自分が目指すイメージに向かって進んでいくと、挑戦し続けることが大事だと自分では思っています。

——-今まで挑戦し続けられた理由はなんですか?——-
やっぱり仲間の影響が強いです。挑戦する度に色々なところに行けば同じ情熱をもった同世代だったり仲間が増えて、その人達が背中を押してくれて、また挑戦できてますね。GOOD FOOTとかTakuya、U-KIのような同世代だったり、昔から一緒にやってきたメンバーなんで、そいつらが頑張っていたら俺も頑張ろうというモチベーションに繋がります。仲は良いけど、もちろんバトルで当たれば負けたくないっていう気持ちもあります。

——-初めてDANCE ALIVEに挑戦したのはいつですか?——-
小学校6年生の時です。DANCE ALIVEは大きな大会だから1度はそこに触れてみようという感じでエントリーしました。KIDS に出て確か1回戦落ちでしたが、まあそうだよなって感じだったのを覚えています。

——-もしも今、DANCE ALIVEに挑戦し始めた頃の自分に声を掛けてあげるとしたら何て言ってあげますか?——
それこそ「挑戦し続けば報われるから頑張れ」ですね。そこから何年も経って国技館の舞台にBREAKで上がれたのは、振り返るとなんか感慨深いですね。やっぱり昔はダンスバトルを全然楽しめていなかったですし、勝ちたい気持ちがすごく強くて前に出過ぎていました。今は勝ちにもこだわりつつも、もう1つその先にある、その場を楽しむことが大事だなって気づいたので、それが結果にも繋がったかなって思います。

関連記事
コメント
  1. Dews (@Dews365) より:

    今回初となる両国国技館への切符を掴み、大健闘をみせ「1をとるか0をとるか」と語るGEN ROC(GOOD FOOT)。KIDS時代から挑み続けた彼の”挑戦”とは!? | ダンスの情報サイト Dews https://t.co/pUMyxl7pOB
    @gdftgenroc