BE BOP CREWの流れを色濃く残すフィメールLOCKダンサー「HANA」。 地元福岡やDANCE ALIVE HERO’S 2017への想いを語る!

Category : その他 ,

抜群のリズム感とソウルフルなダンスでDANCE ALIVE HERO’S 2017のALL STYLESのファイナリストになり、今最もアツいといっても過言ではないフィメールLOCKダンサーHANA(KONAMI&HANA/ヘビーバギー)。

地元福岡に対する想い、そしてDANCE ALIVE HERO’S2017への想いをDewsでインタビュー。
 
 

ダンスを始めたきっかけと上京に至るまでの経緯を教えてください

小さい頃アメリカに行った時に音楽が鳴ったら人前でも恥ずかしがらずに踊ってたらしく、習い事で親が習わせてくれました。そのスタジオにBE BOP CREW(ビバップクルー)や21.5(ニジューイッテンゴ)の方達が講師にいらっしゃって、そこがSUSUMUさん(BE BOP CREW)に出会うきっかけになりました。

上京した理由は、九州で得たダンス経験を生かして活動してみたい、そして自分の実力、今までの経験を生かしてどこまで出来るのか挑戦したかったからです。九州でダンスをすることに苦痛やストレスがあったわけではありません。むしろ九州でLOCKに会えたことは宝だと思ってます。

ダンスを始めた小学生時代に、SPEEDが好きだったのでドームツアーには全て行きました。その時にたくさんの人の前で踊りたいという気持ちが芽生えて、大人になっても頭の隅にその気持ちが残っていたのは事実です。なので20代入ってからは少しずつ東京を意識していましたね。去年25歳になりメディアの仕事や、舞台などまだ自分がやった事ない範囲をやってみたかったことや、それを後押ししてくれる知人がたくさんいたことが上京した理由の一つになります。九州だと一緒にチームをやっていたmomocaちゃん(YEGGA DA MASSIVE / Smokey Joe’s Cafe)の存在は大きかったです。

BE BOP CREWの流れを色濃く残すフィメールLOCKダンサー「HANA」。 地元福岡に対する想い、そしてDANCE ALIVE HERO’S 2017への想いを語る!
 
 

東京と九州で違うとこはありますか?

福岡だと狭いのでジャンルの垣根を超えてみんな仲良がいいのでその部分は大きく違いますね。東京だと人数が多いのでジャンル別で人が繋がってないとか、顔は知っているけど話したことが無いとかそういうのに驚きました。ダンスのスタイルの違いは想定内でしたが大きく違いました。

私はSUSUMUさん(BE BOP CREW)、te2さん(Majestic-5)、MIHOさん(FULLAHEAD)に教えて頂いていて本当にBE BOP CREWの近くで、ダンス以外の事も教えて頂きました。みんなでお酒飲んでひたすら一晩中踊り狂ったり、朝4時過ぎたら、男女でペアで踊ったりと、クラブやパーティーでの遊び方というのを学べました。私が思うダンスのこだわりの根本はここにあります。

特にMIHOさん(FULLAHEAD)には人生を変えてもらったと思っています。一緒に県外のバトルに連れて行ってもらったり、人間として色々とお世話になりました。ダンスでない人としてどうあるべきかという部分も教えて頂き、大人になって叱ってくれる先輩が近くにいた事は本当ありがたいことだったと思っています。MIHOさんは恩師で、きっとMIHOさんがいなかったら今の自分はないと思います。

土地柄上、九州の人って情深い人がたくさんいます。ダンスよりまずは人としてというところをダンスを通して教えてもらいました。そこでも成長できたので地元福岡に本当に生まれてよかった、ダンスと出会えて先輩や仲間と出会えて本当によかったと思います。

BE BOP CREWの流れを色濃く残すフィメールLOCKダンサー「HANA」。 地元福岡に対する想い、そしてDANCE ALIVE HERO’S 2017への想いを語る!
BE BOP CREWの流れを色濃く残すフィメールLOCKダンサー「HANA」。 地元福岡に対する想い、そしてDANCE ALIVE HERO’S 2017への想いを語る!
 
 

地元をレペゼンして、他の地域や国に負けたくない気持ちはありますか?

その気持ちはもちろんありますよ。やっぱりBE BOP CREWというものを尊敬していますし、世界行ったら福岡みたいなSOUL DANCEが絶対あるわけではないじゃないですか。私の根底にあるSOULを創り出したBE BOP CREWの街として九州をレペゼンしたいとは思っています。

私は日本で開催している世界イベントは勝ったことはあるけれども、海外で開催されている世界大会での優勝はまだ無いです。やっぱり偉大な九州の女性の先輩で世界的にも活躍されているYOSHIEさん、AKANEさん、MIHOさん。日本から遠く離れた国の人が知っている様なダンサーが先輩にはいますので、私は同じ九州の女性ダンサーとして次に続けるような存在になりたいと思っています。ただその前にまずは自分に負けたくないです。私は「それはLOCKではない」と日本以外の国で言われたことがあります。

ただ私は自分のこのスタイルをカッコいいと思って拘って生きてきました。なのでこのHANAというスタイルを曲げずに確立するのがかっこいいじゃないですか。勝つ為に寄せて踊りたいとは思わないです。東京に来て海外に行く様にもなりLOCKというカルチャーに一層興味を持つことができたし、LOCKが一層楽しくなりましたね。

BE BOP CREWの流れを色濃く残すフィメールLOCKダンサー「HANA」。 地元福岡に対する想い、そしてDANCE ALIVE HERO’S 2017への想いを語る!
 
 

DANCE ALIVE HERO’S 2017では、1つ勝てばYOSHIEさんとバトルになる可能性もありますが心境はいかがでしょうか?

YOSHIEさんとは是非バトルをさせて頂きたいです。YOSHIEさんは九州の大先輩で福岡にいた時は挨拶をさせて頂く程度でした。1年前、海外でご一緒させて頂くタイミングがあり、こんな機会は2度とないって思って厚かましいくらいに質問攻めしました。それがYOSHIEさんとたくさんの時間を過ごさせて頂くきっかけになり、東京で舞台や私がしたかった経験をさせてもらえたのはYOSHIEさんのおかげでもあります。そういったことがきっかけでたくさんの人とも繋がることができました。

上京してから私の東京の活動の視野を広げて頂いた方と、そして九州の私のルーツであり目標もある方ともしかしたら当たれる可能性があるなんて私はすごく幸せ者です。私は感謝の気持ちは踊りでしか返せないんで1回戦は勝ち上がる為に気合いを入れています。そしてBEST4でもしも当たることができれば、そこが私にとってのDANCE ALIVE HERO’S 2017の決勝になりますね。ダンスをやってきた18年間の全てを込めたいと思います。そして天国で見ているYOSHIBOWさん(BE BOP CREW)にもダンスを届けられればと思います。

BE BOP CREWの流れを色濃く残すフィメールLOCKダンサー「HANA」。 地元福岡に対する想い、そしてDANCE ALIVE HERO’S 2017への想いを語る!
 
 

もしも九州から上京を迷っているダンサーがいればなんと声をかけますか?

今すでにある道でなく、自分の道作りをいろんな方面・種類で形にできる場所は東京だと私は思ってます。それと今すでに迷っているならばもう既に新しい道作りが始まってるではないかなとも思います。

ニューヨークやロサンゼルスに住む友達がこんなことを言ってくれました「東京と福岡は距離的な点と点だけだよ。HANAはLOCKしか見てないけど、世界にはダンスカテゴリーの中で何種類ものダンスがあって、その中でいろんな見せ方があるから距離的なことで迷うことなんて無い」と話してくれました。彼女は無理だろというくらい大きな夢をいつもまっすぐに私に語ります。だから私は東京に行くとチームも無くなる、環境も変わる、先輩や友達もいなくなる、そうやって悩んで年を重ねるより、上京して大きな夢を見ることを選びました。

そしては私は1年くらい東京にいてカメラマンやファッション業界の方とかも知り合え、YOSHIEさんとも出会え、DANCE ALIVEのような大きな舞台にも出場でき、世界のダンスバトルも挑戦できるようになり、私なりに1つ1つ階段を上らさせて頂いています。そうやって自分に負けず、大きな夢を描き続ければ新しい道を作れると私は思っています。

BE BOP CREWの流れを色濃く残すフィメールLOCKダンサー「HANA」。 地元福岡に対する想い、そしてDANCE ALIVE HERO’S 2017への想いを語る!

関連記事
COMMENT
みんなの声
  1. Dews (@Dews365) より:

    BE BOP CREWの流れを色濃く残すフィメールLOCKダンサー「HANA」。 地元福岡やDANCE ALIVE HERO’S 2017への想いを語る! | ダンスの情報サイトDews… https://t.co/IFZyAbaW0D