【第一弾】「HIPHOPとの出会い」ISH-ONE × akihic☆彡(Beat Buddy Boi)スペシャル対談

Category : 芸能 , 音楽 ,

新プロジェクトA.Mでは日本人MC初となるSNOOP DOGG(スヌープドッグ)との共演を果たし、国内のみならず、世界に活動の幅を広げる気鋭ラッパーISH-ONE。
12月2日には、アルバム『PURPLE NINJA』を発売しさらなる躍進をみせる彼と、今年メジャーデビューを果たし、12月16日にミニアルバム『JUICEBOX』をリリースするBeat Buddy Boiのakihic☆彡の二人によるスペシャル対談が実現。
第一弾では、「HIPHOPとの出会い」「自分とってのHIPHOP」など彼らが歩んできたカルチャーとのふれ合いについて投げかけてみた。
シーンの一線で活躍をみせる二人の濃密なトークは必見!

—–シーンは違えど同じHIPHOPカルチャーを歩んできた二人のHIPHOPカルチャーとの出会いは?—–

ISH-ONE
小学6年生の時にICE-T(アイスティー)のアルバムを借りたのがきっかけでHIPHOPにはまっていきました。
i3
『Home Invation(ホームインベーション)』というアルバムで、帯に「アメリカで発禁処分になりかけたアルバム」と書いてあって、そうゆうのって日本に今までなかったのでレンタルショップで見つけて借りてみようかなってなったのがきっかけで、その時が初めてHIPHOPに触れた瞬間ですね。

akihic☆彡
偶然に僕も小学6年生で、その当時某ガムのCMでブレイクダンスが起用されていて、もともと器械体操をやっていたので、それを見た時にかっこいい!これなんだろう。めっちゃかっこいい!となり、真似たのがきっかけです。
それと同時期にテレビ番組「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」で、ダンス甲子園がやっていて、兄と一緒にダンスをやりはじめ、初めてウィンドミルに挑戦してました。できませんでしたけど(笑)。

ISH-ONE
見てるとカッコいいってなりますよね。

akihic☆彡
DJもそうですね。DJも見ていてかっこいいな。自分で練習する為のミックステーもつくりたいな。と思ったのが、やり始めたきっかけです。

ISH-ONE
僕は、かっこいいなとは思ってたのですが、自分自身が実際にやるのは遅かったです。
海外の黒人がやっているものだから、面白いなとは思っていたけれど、まさか自分がラップ、HIPHOPをやるようになるとは思ってもいませんでした。
NYには18歳の時に行ったんですけど、行った後にラップをやろうと思ったので、行く前はそんなこと思ってませんでした。ダンスレッスンだったり、ボイストレーニングだったり、いろんなことをやりたくてNYに行ったんです。そしたらHIPHOPがドストライクでした。
英語は、映画とかで学んだ言葉とかを見よう見まねでしたね(笑)。たぶんお調子者だと思われてたと思いますね。

—–HIPHOPの文化に触れて怖かった経験ってありましたか?—–

ISH-ONE
日本人って格好からはいるじゃないですか?
なので、僕もダボダボのパンツ履いてティンバ履いて、エコーっていうグラフィティーがうわーっとある服着てチェーンもチャイナタウンで安いの買って、バンダナ巻いていったんですけど、そしたら、強面のラテン系のお兄さんに「お前ギャングなの?」って言われて否定したら、「黄色いのバンダナ巻いてるよね?なんで?」と言われて、日本人だから!黄色い肌をレペゼンして巻いてるんだと伝えたら、黄色のバンダナはラティーノキングっていうラテン系のギャング達の色だからやめた方がいいと言われました(笑)。
クラブもバンタナはだめで、つけていくとバンダナは外せって言われます。銃撃戦になったり、刺されたりするので、NYではバンダナは御法度。日本ではバンダナつけてるし、皆仲良くしてるけど、向こうでは殺し合いしてるので結構最初はビックリしましたね。

あとは、家に帰ってきて、ドアを開けようとしたら中からチェーンがかかっていて、隙間から中を見たら部屋がめっちゃ汚くなっているのが見えました。家が3階とかだったので、非常階段で降りて窓から入ると部屋が家捜しされてて、機材とかも盗られてました。
そのときに機材、買ったもの、お金、全てを失いました。自分も近所の人達とかに機材あるんだーとか自慢してたので、やはりそうゆうところなんだなー。と思いました。
日本とは常識が違うな。ってところは沢山ありましたけど、自分の軸がしっかりしてれば大丈夫だと思います。

akihic☆彡
僕はそんなもの凄いエピソードはないですね(笑)。
高校3年生のとき、先輩と練習してたんですけど、先輩が仕事に行くようになって、「1人だー。」って思ってたら、どんどん周りが連鎖していって、最終的に40人くらいで練習してました。

ISH-ONE
逆にギャングを作ったみたいな感じですね(笑)。
tshot2.jpg 

akihic☆彡
ほんと怖い経験とかは全然なくて、ただ純粋にダンスが好きでHIPHOPという音楽が好きで、悪いことも一切せず楽しくピース(平和)にやってました。

ISH-ONE
暴力じゃなくて、ダンスをやろうと最初に考えた人って、本当にカッコいいですよね。

—–お2人にとってHIPHOPとは?—–

ISH-ONE
態度、アティチュードだと思ってて、HIPHOPって抑制されてきた所にあるものだったから。
“Walk This Way(ウォークディスウェイ)”が出てくる前のHIPHOPってアンダーグラウンドで、ブロンクスの危険地域で子供達がやってる1つの文化だったんですよね。今は世界的な音楽になったけど、それを実現させたのは、「俺たちは俺たち」っていうのが常にあったからなのかなと思って、今は商業的になっているけど、HIPHOPが美しく産まれた瞬間はそこだと思いました。

僕は、NYに行ったときに、なんでHIPHOPやるの?ギャングなの?って声があったんですけど、そこで態度を見せないと、相手にそう思ってもらえない。だから、強い信念からくる態度を見せることがすごく大切なんだと思いました。なので、HIPHOPで大切なのは態度だと思いますね。

akihic☆彡
ダンサーという視点から見た時に、自分は海外から学んだことがないけれど、HIPHOPという音楽が好きで、ダンスをやってきて、ありがたいことに海外でダンスをする機会が増えて気づいたのが、「海外の人と同じことをしても勝てない」ということで、SDKっていうチェコでやっているダンスバトルイベントで、Fabrice(ファブリス)という自分が凄い好きなダンサーと対戦することになって「勝ちたい!!!」と思った時に、真似しても勝てない。自分らしく踊ろう。って思って踊ったんです。バトルは延長までいきましたが、結果負けました。
aa2
そしたらその後、SNSでファブリスから連絡がきて、「あの時俺は負けた。でも、あそこで勝てたから俺は優勝できた。だから、おまえと一緒にバトルに出たい。」って言ってくれて、JUSTE DEBOUTで一緒に出ることが出来たんですよ。結果的に負けてしまったんですけど、自分らしく踊ることが凄く大事なんだな。ということに気づいた瞬間でした。
HIPHOPだから海外の真似をするのではなくて、自分が思うダンスを打ち出していった方が、認められるんだなと。その時から、自分らしくっていうことが大切なんだと思っています。
ELITE FORCE(エリートフォース)とかも、一人一人の個性がすごくて、自分らしくっていうのがあって、自由で、それを見た時に、自分らしく格好よくってレペゼンしてる人が勝ってるのかなと思って、それ以降は周りにどんなことを言われようとも自分らしさを大切にしてます。
HIPHOPを語るということは意識してなくて、ダンスを語っているつもりなんですけど、壁を無くして、好きなことはすべて取り入れて踊るっていうのが自分のなかでHIPHOPだなと思っています。

ISH-ONE
自分らしくって、難しいよね。

akihic☆彡
日本人ってヒーローを見て、あれになりたい!という感覚になってしまうじゃないですか。そうなってくると、真似事になってしまうから、常に自分らしくっていうのを意識してますね。

ISH-ONE
ダンスって言葉の壁を超えてるから、そうゆうことも出来るんだなーと思うね。


次回第二弾では「ラッパー、ダンサーとしての今まで」をテーマにトーク!
今までおきた大変だったことや嬉しかったことを掘り下げる!


【ISH-ONE】
ishone
Official Web Shop / Twitter / Ameblo
PURPLE NINJA
cover170x170

ISH-ONEプロデュースアーティスト『S7ICKCHICKs (スリックチックス)』


【Beat Buddy Boi】
BBB JUICEBOX Beat Buddy Boi ツアー
Official Web Site / Twitter / Facebook / Instagram / Amebro

1st album『JUICEBOX』
jb