【第二弾】「ラッパー、ダンサーとしての今まで」ISH-ONE × akihic☆彡(Beat Buddy Boi)スペシャル対談

Category :

新プロジェクトA.Mでは日本人MC初となるSNOOP DOGG(スヌープドッグ)との共演を果たし、国内のみならず、世界に活動の幅を広げる気鋭ラッパーISH-ONE。
12月2日には、アルバム『PURPLE NINJA』を発売しさらなる躍進をみせる彼と、今年メジャーデビューを果たし、12月16日にミニアルバム『JUICEBOX』をリリースするBeat Buddy Boiのakihic☆彡の二人によるスペシャル対談が実現。
第二弾では、「ラッパー、ダンサーとしての今まで」それぞれのシーンで歩んできた様々な出来事に触れる。

—–日本人ラッパーとして活躍して、大変だったことと、嬉しかったことを教えて下さい。—–

ISH-ONE
NYに居るんだけれども、日本語でラップをしていたので、それを聞いてくれる人がいない。もちろん途中で英語を混ぜたりもするけど、日本語でやっているのに日本人には、伝わってないじゃないか。と思って、これを受け止めてくれる人が欲しいなと思ってこっちに戻ってきました。
嬉しかったことは、ゲトーな地域で、僕がラップをしていたら、ガキが集まってきて「フリースタイルラップやってー!」と言ってきて、やってあげると、何言ってる分かんないけど、「すげー!やべー!今日買った新しい靴にサインしてくれ!」と頼んできてくれたのが、すごく嬉しかったですね。無名だったけれど、現地の子供、しかもそんな靴なんか沢山買えないはずなのに、新品の靴に書いてと言われたのがとにかく嬉しかったです。

—–契約に至る経緯は?—–

ISH-ONE
NYに行って4年くらいで、Wyclef(ワイクリフ)がレーベルを作ることになって。そこの社長に契約しないか?と言われました。
その当時、ニューヨークのお水街みたいなところでキャッチをやっていたんですよ。日本人の働く場所って寿司職人かビデオ配達かキャッチとかそういうところしかなくて。
そのお店にバングラディシュ人の金持ちみたいなやつがはいってきて、「お前とサインしたい。」っていいはじめて、俺の音源どこで聞いたのって聞いたら、マネージャーがばらまいてたデモCDを聞いて、かなりの好待遇で契約しようときてくれたんです。最初は嘘くさいなと思いましたが、その時のお金の使い方とかももの凄くて。話をきいてると本当だということがわかり、実際にワイクリフに会ってから契約に至りました。
i2
それまで全然稼げていなかったんですが、いきなり月50万円とかくらいもらえて、家もニュージャージーの川沿いのいいとこに住ませてやるといわれて、プール付きの高級な家でした。これってアメリカンドリームなんじゃないかって思いました(笑)。
けど何も売ってもないのに、好待遇を受けるのは何かモヤモヤしましたね。
あと、自分がこれをやりたい!と言っても、ワイクリフにお前より俺のほうがHIPHOP分かってるから。と言われ続けたのは嫌でしたね。でも、だからこそ、こいつをいつか越えてやろう。と思って今の自分があるんだと思います。

—–ダンスシーンでの大変だったこと、嬉しかったことは?—–

akihic☆彡
aa1
大変だったって言うのは、殆どないんですけど、HIPHOPというカテゴリーのなかで生きてきたときに「黒くない。土臭くない。」と凄く言われて、自分のなかではそうゆうのはどうでも良くて、ただ純粋にダンスが好きでやってただけなので、言われたときは「悲しいな。」とは思いました。その後にもキャッチコピーにオトハメの4文字が出てきて、akihic☆彡のダンスはグルーブがないよね。と言われたときは、すごく悔しかったです。
けど自分は、もともとブレイクダンスからはじめていたし、old schoolも凄く好きなんです。old schoolって音に対して忠実にはめていくんですけど、それが残っている感覚でHIPHOPをやってきたので、それを自分は貫いてきて、今となってはみんながオトハメしようとしているし、その文化が当たり前になってきているので、意識をしていた訳ではないけど、貫いてきてよかったなと思っています。

嬉しかったことは、akihic☆彡さんみたいになりたい。と言ってくれたり、Beat Buddy Boiみたいにライブがしたいって言ってくれたり、ワークショップで写真を撮った時に凄い笑顔な子をみたり、“come again”のDJダンスを小さい子から大人の方までやってくれるところをみると、やってきてよかったな。と思いますね。
子供って希望に満ちあふれてる中で、自分が1つの目標になれているということは凄く嬉しいですね。
その他にも嬉しいことはいっぱいあります。

—–10年前以上前から最前線で活躍し続けているお二人ですが、10年前と今とでどのように環境が変わりましたか?—–

ISH-ONE
10年前と今とでは意識が全然違いますね。
この10年でたくさんのことをやってきたからって言うのもあります。10年前より確実に環境がよくなったし、信頼する仲間と一緒にやれています。ただ、まだまだだな。と自分では思っています。
もっと日本人の活躍の場を世界に広げていきたいなと思うし、認めさせたいという思いは変わってない。メンタリティーは10年前と変わってないかもしれないです(笑)。技術力とか、仲間とか、失敗によって学んだことも沢山あって、betterにはなっていると思うけど、常にこっからだな。と思っています。

akihic☆彡
自分は結構変わりましたね。
ありがたいことに今年メジャーデビューをさせてもらったんですけど、今までアンダーグラウンドでやってきた自分と今の自分って本当に違くて、礼儀とか時間の使い方とか、当たり前のことなんですけど、意識の持っていき方が全然違くなりました。
昔だったら、時間にルーズでもごめんで済まされていたものが、今はそれ一つで信頼を失ってしまったりすることがあって、自分の中での意識がすごく変わったなと思います。それでもまだまだ未熟な部分もあって、成長段階なのですが、10年間で自分の意識が良い意味で変わったなと思います。
10年前は、ただがむしゃらにダンスをやっていて、それをお金にすることは考えていなかったけれど、今は今後ダンスをやって行きたい人が、ダンスをビジネスに出来る環境を作るということまで考えられるようになったので、自分だけじゃなくて周り全てを考えられるようになったなと思います。
あ、あと優しくなれました(笑)。人に対しての接し方とかもゆとりをもてるようになりました。

ISH-ONE
若い頃は尖ってることがかなりあったけど、今はそれも上手にいえるようになりましたね。

—–社会的な環境として、昔は、雑誌とTVしかなかったですが、ここ5,6年でSNSが普及され始めましたね。それについてはどう思いますか?—–

ISH-ONE
自分に関してはTwitterがなかったら今の自分がないといっても過言ではなくてTwitterをやり始めて、フリーダウンロードで配信をしてから、ツアーが出来るようになって、CDを発売していなくても、ツアーって出来るんだ。って思いました。
インターネットがあることによって、世界と知らない人と繋がれるし、聞いたことない人間が、よくも悪くも発信するものがすぐ届く環境だなと思いました。このツールがあったおかげで、自分は色んな人に聞いてもらえたなと思います。

逆に、弊害もありますよね、面と向かって言えないことも、言ってしまったりするじゃないですか。でも、直接あって話すとみんな良い奴なんですよ。実際言えるだけのことやってるかっていうとみんな言えないし、それのはけ口としても、良い意見も含め自由に言える場所ですよね。でも、その時の心の状況とかもあるけど、Twitterの内容なんて僕らのやっていることに対しての何百、何千分の1だと思うし気にしませんね。
なので上手く使えればとてもいいものではあるな。と思います。

akihic☆彡
SNSやYouTubeで世界のダンサーと繫がっているので、助かっていることもありますね。YouTubeで自分の名前を検索すれば動画が出てきて、皆が見てくれて、そこからSNSでイベントのオファーをもらったりもするし、すごくありがたいです。
やっぱり弊害もあるし、嫌なこともありますが、助かることの方が多いので僕はありがたいなと思います。
個人で使うものなので、ポジティブな使いかたが出来ると良いですね。


ラストとなる第三弾では、「大物アーティストとのコラボ秘話から今後の野望まで」ファン必見の内容!


【ISH-ONE】
ishone
Official Web Shop / Twitter / Ameblo
PURPLE NINJA
cover170x170

ISH-ONEプロデュースアーティスト『S7ICKCHICKs (スリックチックス)』


【Beat Buddy Boi】
BBB JUICEBOX Beat Buddy Boi ツアー
Official Web Site / Twitter / Facebook / Instagram / Amebro

1st album『JUICEBOX』
jb