KAZANE(LUCIFER)にとっての挑戦とは? 「DANCE ALIVE HERO’S」新シーズン特集。

Category :

全国青春ダンスカップ By GENERATIONS高校TV_シングル

先日、2017年4月に両国国技館で行われた決勝大会を機に名称を新たに再始動した「DANCE ALIVE HERO’S」。
イベント13年目となる2018シーズンからはルールを大幅に改正。新シーズンのキャッチコピー「栄光の勝ち、挑戦の価値」を掲げ、挑戦する人の背中を押し、次の扉を開いていきたいという想いを込めて予選がはじまっていく。
今回Dewsでは、4月に行われた決勝大会のファイナリストたちにそれぞれの「挑戦について」をテーマにインタビューを敢行。

しなやかで細部まで洗練されたステップと豊かな表現力でキッズ時代から活躍し続けるKAZANE(LUCIFER)。
数々の死闘を繰り広げてきた中で見出した、挑戦することの楽しさとは!?

——-DANCE ALIVE HERO’Sを終えて印象に残ったことは?——-
とにかく優勝しか見ていなかったので悔しかったですね。今回は舞台に立った時にたくさんの人が応援してくれたことを覚えていて、たくさんの人がパワーを送ってくれた感じがして、過去に感じたことのない感覚になりました。それが本当に嬉しかったし踊る時にパワーになりました。Best4でMaMSoNに負けてしまったのですが、数年前だったら「まあMaMSoNだから仕方ないか」と思っていたかもしれないけど、今年は彼とバトルできたという嬉しさに加えて、負けたことが悔しいと感じました。あと印象に残っていることといえば、MaMSoNに負けた時にKOJIさんだけ私に票を入れてくださったことです。

——-KAZANEさんがこれから挑戦しようと考えている事ってありますか?——-
自分の存在を知らない人たちに、自分を認めてもらえるようなダンサーになることです。1年間のサイクルの中で自分が踊る環境にはだいたい自分の存在を知っている人がいることがほとんどです。まだ自分でもわからない強みとかを引き出すには、自分のことを全く知らない環境で客観的な意見をもらうことが必要だと思っています。海外だったり、また違うシーンであったりと、誰も自分を知らない環境で踊って、認めてもらうことが私の挑戦したいことですね。

——-あなたにとって『挑戦とは?』——-
私にとって挑戦は「終わらないもの」です。私はこれからもずっと様々な事にきっと挑戦をし続けると思います。 「目標を作って成し遂げる」ということではなく、「やり遂げたことないことに挑む」ことが挑戦という感覚なので、自分がやったことがないものがある限りはずっと追い続けると思います。自分のやりたいことで失敗しても自分の責任だし、何に挑戦しても全く悪いことじゃないので、私は負けることも含めて、悔しいと感じることはあっても恐いと感じたことが無いです。緊張があった方が楽しいですし、大きな舞台の方が楽しめるタイプだと思うので、挑戦すること自体が好きなんだと思います。

——-初めてDANCE ALIVEに挑戦したのはいつですか? ——-
確か初めてKIDSに出て準優勝だったかな? ちょっとあやふやで覚えていないです。DANCE ALIVE のJAPAN FINALが新木場STUDIO COASTでやっていた時1番前で見ていて、あの舞台で踊りたいっていう目標が出来ました。そしたらちょうどその頃KIDSができて、この予選で勝ち抜けばあの舞台に立てると聞いたので、今まで出てたバトルより大事な時間だったのを覚えています。子供の頃、DANCE ALIVEに出たときにだるまを買いました。買った時にそのだるまの片目を塗って両国で優勝したらもう1つの片目も黒く塗ると決めていましたが、その時のファイナルは負けてしまったし、その1つは今だに塗れずに私の家に置いてあります。いつもこれを見て「いつかこの片目を塗ってやる」と思っているので、そういう意味でも私って小さい頃と変わっていないなと思います。

——-今と昔で変わったことはありますか?——-
気持ち的な面で言えば昔にKIDSに出てた時も今も変わっていないです。バトルに対する姿勢やバトルへの考えた方や向き合い方、芯の部分の私は私のままだと思っています。ただダンスに対する価値観は、12歳の時に初めてJUSTE DEBOUTに行って大きく変わりました。そこは私にとってもダンス人生の節目になりました。そこで感じたことは「もっとダンスは自由でいいんだ」ということです。それまではジャンルだったり、音楽だったり、色々なことに囚われていたと思うので、その枠が広がったと思います。

関連記事