「デザインもHIPHOPも逆転できるゲームのようなもの」XXX-LARGE・METHが語るデザインへのこだわりとは…?

Category : その他 ,

DUP BANNER

アーティストの振付はもちろん、ステージの演出や構成を手がけたり、会社や飲食店の経営、アパレルブランド設立など、ダンスと二足のわらじで活躍しているダンサーが増えてきています。

今回は、その中からデザイナー、レコード店経営をしているXXX-LARGEのMETHにインタビュー。

HIPHOP,デザイン ,meth,XXX-LARGE・

彼は、自他ともに認めるHIPHOP好きで“歩くHIPHOP辞典”と呼ばれるほどHIPHOPマニアであることをご存知の方も多いでしょう。HIPHOP要素のひとつであるグラフィティを描くことでもよく知られています。

年に1度開催されるビッグパーティーSTRADのフライヤーデザインを始め、チームメイトであるTAKESABUROらが運営するダンススクールYELLOW BLACK DANCE STUDIOのロゴのデザインを手掛けるなど、ダンサーならMETHが手掛けるアートワークを1度は目にしたことがあるはず。

HIPHOP,デザイン ,meth,XXX-LARGE・

―ダンサーとしての活動と並行してデザインやJUICE recordsというレコード店も経営されていますが、活動の割合はどのくらいですか?

METH:デザイン+レコード屋:1、ダンス:1ですね。

―グラフィティを描かれていますが、描くようになったきっかけは何だったんですか?

METH:親父がテレビを観ながら、チラシの裏とかに常に落書きをする人でした。何か説明をする時も絵を描いて説明してくれて、その時にサラッと描く立体の絵に惹かれましたね。その感覚が幼い頃からあって、真似して描こうと思うけど平面的にしか描けない自分がいて…。だから、工夫して描くようになるんですよね。当時、漫画「ドラゴンボール」をすごく観察していたんです。悟空はもちろん、ドラゴンとか他のキャラクターやマシンのディティールに注目していました。鳥山明先生が好きで、「アラレちゃん」なんかは文字がデコーレションされていて、アメコミぽいところが好きでした。

―そこからどういう流れでグラフィティを描くようになったんですか?

METH:中学の頃、HIPHOPを知ってハマっていく中で自然にグラフィティに出会いました。そこで、グラフィティのカラーリングと鳥山先生のレタリングが似ていると発見しました。アウトラインの取り方や字の太さ・シャドーの描き方…。
HIPHOPにハマっていくと自然にグラフィティにもハマっていったという感じです。中学の頃、当時、一緒にHIPHOPにハマっていた友人から「SPRAYCAN ART
という洋書をプレゼントされたのもキッカケかもしれない。映画「JUICE」の主人公Qの部屋に置いてある落書きだらけのスピーカーを真似していたし、今も残っているんですけど学習デスクも落書きだらけっす。当時、俺が好きなアーティストは、アメコミでやっていたレタリング、色の付け方、光が反射しているような描き方を取り入れていたんですよ。鳥山先生もアメコミファンで、「ドカーン」とか擬音にクラックという手法を使ったり、そういう風に描いているんです。