ダンスのニュース 2014年 6月の記事 トップ5

Category :

DUP BANNER

1位 : [朗報] 警察庁 、クラブ翌朝まで可能…ダンス営業の規制緩和へ

ダンス営業の規制緩和へ
2014年 06月 13日 配信

2020年の東京五輪・パラリンピック開催に向け、クラブを観光資源として活用する狙いもあり、古屋国家公安委員長も同日の閣議後記者会見で、秋の臨時国会での法改正案の提出を目指すことを明らかにした。

ダンサーにとっては死活問題になってくる「風営法」。それが改善の方向に進みそうだという事で、多くのダンサーにfacebook、twitter共にシェアされたようだ。
twitterなどでは歓喜の声が多かったが、「クラブを観光資源」という理由に引っかかる声も多かった。

2位 : [悲報] ダンス営業緩和法案、提出見送り

ダンス営業緩和法案、提出見送り
2014年 06月 06日 配信

内閣部会では「子供に夜中まで騒ぐことを許すことになる」「行きすぎた緩和だ」などの批判が続出。自民党は5日、若者がダンス音楽を楽しむ「クラブ」の営業時間などの規制を緩和する風俗営業法改正案の今国会提出を見送る方針を固めた。

1位に続き「風営法」問題。NOON風営法裁判の勝訴が伝えられた後のニュースだっただけに、ダンサー、クラブ関係者には落胆の声が続出した。

3位 : 全仏オープンにてプロテニス選手同士がダンスバトル!?

全仏オープンにてプロテニス選手同士がダンスバトル
2014年 06月 05日 配信

BREAKIN風なガエル・モンフィス選手とPOPPING風なローラン・ロコリー選手のガチダンスに会場は大盛り上がり!ガエル・モンフィス選手に関しては、さすが黒人!と思わせるほどのダンスをみせ大きな話題をよんでいる。

このサービス精神!特にガエル・モンフィス選手は結構うまいってことで大きな話題を呼びました。

4位 : パワハラ!? セクハラ!? 全ダ連、風営法改正に反対

全ダ連、風営法改正に反対
2014年 06月 11日 配信

ダンスは健全だと主張している団体もあるが、ちっとも健全じゃない。家庭のある者同士がカップルになって気心を通じ合ったり、カップル解消を巡ってトラブルになってストーカー行為をする人が出たり。

「利権」「お金」がなんとなくチラついてしまう「全日本ダンス協会連合会」会長のかなりのインパクトがあったこの発言。「社交ダンス」を守る為なのか「利権」を守る為なのか?
ストリートダンスの世界にも4,5年前からいくつか「協会」が設立されてきました。日本のストリートダンスブームではなくしっかり文化とするには必要なのでしょう。
だからこそ、このシーンを揺るがす「風営法」問題には結局的に取り組んでほしいと思います。

4位 : 気になるドコモ新料金 CM 、振付師集団「Hidali」とは?

ドコモ新料金 CM
2014年 06月 25日 配信

「UFO」といえば斬新かつキャッチーな振付けでピンクレディーの代名詞とされる楽曲だが、
その「UFO」を更にコミカルに、そして現代版へとアレンジされ新たな「UFO」としてよみがえらせたのが振付師集団「Hidali」だ。

ダンスシーンの実力派ダンサーがメンバーにいる振付け集団という事で、シーンからの支持も厚い彼ら。作品も斬新なものばかりで見ていて本当に飽きない! 今後も要注目だ!